【最新版】不動産鑑定士試験対策に使っている教材と、使うのをやめた教材

book

https://www.karochoa.com/wp-content/uploads/2020/02/komatta.png
あなた

現役の不動産鑑定士受験生は、どんな教材を使ってるんだろう?
勉強の参考したいので、教えてください。

そんな方に向けて、現役受験生の僕が使っている教材を大公開します。

不動産鑑定士試験対策で使っている教材

まずは、今現在使っている不動産鑑定士試験対策の教材をご紹介します。

ポケット版不動産鑑定評価基準【鑑定理論】

reapocket

コンパクトで、いつでもどこでも基準の暗記ができる。

  • コンパクトサイズで持ち運びに便利
  • 基準・留意事項がバランス良く一冊に
  • 暗記マーカーとの相性抜群

TAC不動産鑑定士講座を受講するともらえる小冊子です。

去年までは、「よく出るポイントだけ暗記する」という生温い方針をとってしまっていたので、手をつけてきませんでした。

合格者の方々のお話を聞くと、「直前期は、基準全体を8日で一周回していた」など、基準・留意事項の全てを網羅するような学習をされていたと聞き、この小冊子に取り掛かることにしました。

小さく、軽いので持ち運ぶのに便利。

暗記用のマーカーとの相性も抜群で、これと組み合わせて使っています。

» 参考:消え過ぎて売り切れ続出の暗記ペン|ゼブラのチェックペン・アルファ青【裏写りほぼナシ】

不動産に関する行政法規 過去問題集【行政法規】

gyosei

行政法規の学習は、これだけです。

  • 過去の問題の出題傾向が丸わかり
  • 他の受験生も、皆これをやっている
  • 最新の過去問なら改正論点対策も

行政法規は出題される法令の範囲が膨大ですが、出題範囲がかなり限られています。
そうすると、テキストから学習すると「試験に出ない余計な部分」までやってしまうことになり、非効率です。

改正論点にも対応できる、最新の過去問題集を何度も解いて本番で同じような問題が出題されたときにほぼ正解にすることだけを目標にやりました。

» 参考:不動産鑑定士 不動産に関する行政法規 過去問題集 (上) 2020年度 (もうだいじょうぶ!! シリーズ)

» 参考:不動産鑑定士 不動産に関する行政法規 過去問題集 (下) 2020年度 (もうだいじょうぶ!! シリーズ)

基本論点問題集【民法】

たった30問に、不動産鑑定士試験で頻出の論点を詰め込んだ問題集。

  • やる問題は、たった30問だけ
  • 他の受験生が解ける論点はこの一冊でカバー

TAC基本テキストの論証例の多さに圧倒され、合格者の方に相談したところ「これをやるといいよ」と勧められたのが、『基本論点問題集』です。

とにかく民法の得点が全然伸びなくて、これだけ集中してやったら、全国公開模試では「合格圏内」と判定され、本試験でも合格ラインでした。

30問だけやっていけばいいので、精神的にかなりラクです。
PDF化して持ち歩いているのですが、断裁した元の本が行方不明に。
一応、Amazonで買った証拠に購入履歴を貼っておきます。

ただし、絶版で今から新品は買えません。
これから買う方は、定価よりだいぶ高い中古しかありませんが、内容の充実度からいって数万円出して買ってもいいレベルだと思います。

» 参考:不動産鑑定士 民法 基本論点問題集 第4版 (もうだいじょうぶ!!シリーズ)

会計学 基本問題集 第8版

会計学の論文対策用、問題集です。

会計学は、前回の試験で足を引っ張ってしまった関係で少し力を入れてやりたいと思っています。

こちらも、合格者の方で使っている人が多かった教材だったのでチョイスしました。

用語の定義がバラバラだったりして使いづらい面もありますが、意味をしっかり追うという意味ではそれもいいかと思っています。

使うのをやめた不動産鑑定士の教材

使うのをやめた教材と、その理由をご紹介します。

基本テキスト【民法、経済学、会計学】

教養科目の基本テキストは、全て使うのをやめました。

  • 試験対策として、過剰な内容
  • 鑑定理論の学習の妨げになる

他の受験生が、教養科目の基本テキスト全てをマスターしているとは思えなかったからです。

合格者の方々の意見を聞くと、教養科目に関して言えば基本テキストを完璧に仕上げている人はほとんどいない。
競争試験である不動産鑑定士試験で、他の人が全く手をつけていない範囲をやる意味を感じませんでした。

講義のインプットとしては確かに必須ではありますが、自習用としてはオーバースペックなのかな、と。

よって、教養科目の基本テキストは使うのをやめました。

過去問題集【民法、経済学、会計学】

受験生のほとんどが解けないようなボツ問も含まれている、過去問題集は使うのをやめました。

実践感を養うためには有用かもしれませんが、教養科目は「落ちない程度に得点する」という目標なので、その他の基本的な教材に注力することにしました。

直前期の総仕上げとして、もしかしたらやるかもしれません。
が、多分やらないんだろうな〜、という雰囲気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です