【合格者が解説】行政法規の勉強方法【不動産鑑定士試験】

行政法規の勉強が進まない……」と焦りを感じている受験生の方に向けた記事です。

行政法規は意外とクセのある科目です。

  • 問題文は読むだけで疲れる
  • 選択肢から細かい間違いを探す必要がある
  • 1問解く労力は大きい

僕も行政法規がイヤでイヤで仕方ありませんでした。とはいえ、合格しないことには勉強は終わらないので、あれやこれやと工夫を重ねて無事に2020年度短答式に合格。

本記事では、僕が短答式試験に合格するまでの勉強方法と、工夫したことをご紹介します。

目次

【合格者が解説】行政法規の勉強方法【不動産鑑定士試験】

rea_gyosei2
【合格者が解説】行政法規の勉強方法【不動産鑑定士試験】

次のような流れで解説します。

  1. 行政法規の勉強のゴールとは?
  2. インプット学習の方法
  3. アウトプット学習の方法

行政法規学習のゴールとは?

行政法規学習のゴールは、次の2つだと考えています。

行政法規学習のゴール
  • 過去問のA、Bランク問題を完璧にする
  • 選択肢が「×」の理由も説明できる

ランクとは、TACの過去問題集で問題ごとに振られている難易度のことです。
※【Aは簡単、Bは普通、Cは難問】

とにもかくにも「A、Bランク問題をどれだけ仕上げられるか?」が合否を分けます。

ちなみに難易度の高いCランク問題は無視しました。理由は簡単でコスパが悪いからです。

そもそもCランク問題は出題可能性が低く、正答率も低い問題。Cランクが解けても合格率はたいして上がらないと判断しました。

かろちょあ

実際、僕が1次試験を突破したときは例外なくCランクを捨てたときでした。

インプット学習の方法

インプット教材は次の2つを使いました。

TAC行政法規基本講義

TAC基本講義(音声)を通勤中に聞きました。

初回受験(2016年)の音声だったので法改正は反映されていないものです。

目的は、あくまで法律の大まかな流れと全体像を思い出すためです。法律の幹となる考え方は変わらないはずなので、あくまで確認用ですね。

山口先生の行政法規講座

続いて、山口先生の行政法規講座を受講しました

山口先生は以前TACの不動産鑑定士講座で教鞭を撮られていた方で、講義のクオリティは間違いありません。

この講義の特徴は次の通り。

  • 予備校よりムダなく短い講義時間
  • 格安で改正対応の講義が受けられる

講義の講義ではどうしてもムダな時間が発生してしまうところ、山口先生の講義は本試験で問われる場所をピンポイントでインプットできます。つまり、時間効率がとても高いです。

最速で合格に必要な知識がインプットできる教材だと感じました。

また、予備校で受講するよりも格安で法改正対応の講義が受けられます。

特に、過去に予備校で行政法規を受講したことがある方は、この講義が最適だと思います。

» 山口先生:2021行政法規総まとめ

アウトプット学習の方法

アウトプット教材は過去問題集だけやりました。

再受験の方は、最新版を購入しておきましょう。というのも、古い年度の問題集の場合は改正点が反映されておらず、正解・不正解が真逆になることもあるからです。

※ 例えば建築基準法の改正で準防火地域に建蔽率が10%加算(2019年6月改正)になったことなどは、試験問題にかなり大きなインパクトがありました。

僕が過去問を解く際に気をつけたことは次の通りです。

  • Cランク問題はスキップ
  • 完璧に解けた問題はやらない
  • 間違えた問題を徹底的に理解する
  • 全ての選択肢にマル・バツを判定

順番に解説していきます。

Cランク問題はスキップ

過去問ではA、Bランク問題だけを解きました。Cランク問題はスキップ。

理由は前述のとおりで、Cランク問題を解くのはコスパが悪いと考えたからです。

苦労してCランク問題を頑張るくらいなら、解ける自信のないA、Bランク問題を1問でも多く理解する方が合格に近づきます。

完璧に解ける問題はやらない

問題をサッと読んだだけで答えが思い浮かぶような問題は、スキップしました。

というのもそのような問題は、緊張感がマックスに高まった本試験でも正解できるからです。

例えば、過去問の「都市計画法第1問」などは、一瞬見ただけで答えが浮かびますよね。

すでに解ける問題をズバズバと斬っていくのは快感です。しかし、「これをやって本当に合格に近づいているの?」と自問自答したとき、ちょっと疑問ですよね。

合格に不要な時間は、どんどん削るべきです。

かろちょあ

受験勉強の本質は「昨日できなかった問題が解けること」だと思います。

間違えた問題を徹底的に理解する

間違えた問題は、早めにしっかりと理解するようにしました。

大量の問題を解いていると、ついつい「理解は後で…」と甘えてしまいがちです。とはいえ、それでは問題集を何周回しても大きなレベルアップは見込めません。

僕が問題を間違える原因のほとんどは、次の通りでした。

  1. 論点への理解が足りなかった
  2. 疲れで問題文の精読ができていなかった
  3. 焦って問題文を読み飛ばしてしまった

①の場合は、講義やテキストなどで理解不足の部分を穴埋めするべき。ちょっと面倒なだけで、時間をかければ対策可能です。

一方で、扱いが厄介なのが②と③です。

理解していても正解が出せなかった場合には、勉強以外の対策が必要になってきます。ここで必要なのが、体調やモチベーションの管理ですね。試験日までは時間があるので、徐々に自分に合ったものを探し出せばOKです。

僕の場合は、疲労感を軽くするために睡眠対策を多めに取り入れました。

例えば、「マニフレックスの枕」に変えたり、夕方になると「オレンジのサングラス」をかけてみたりですね。

モチベーション管理法についてもたくさん試したので、後日記事にしてまとめてみたいと思います。

» 参考:体調管理とモチベーション管理のためにやったこと(準備中)

すべての選択肢にマル・バツを判定

すべての選択肢に対してマル・バツを判定

これもなかなか面倒ですが、すべての選択肢に「マル・バツ」をつけていくと実践力がつきます

理解が浅いうちは「正しいものは?」と問われても「あれ?マルが4個になっちゃった(笑)」ということもよくあります。それでも気にせずに1問1問向き合っていきましょう。

理解不足の論点が浮き彫りになるだけでなく、今後やるべき勉強も見えてきます。

面倒な行政法規の勉強を乗り切るために工夫したこと【iPadを活用】

面倒な行政法規の勉強を乗り切るために工夫したこと【iPadを活用】

行政法規は嫌いだったので、楽に乗り切るために本当に色々と工夫をしました。

ほとんどの工夫はムダに終わりましたが、数少ないやってよかった!と思える方法がiPadを使った学習です

過去問題集をPDF化して持ち歩く

過去問をPDF化して、iPadで持ち歩きました。

過去問は本当に重くて、持ち歩くのが億劫です。そして、問題を解いている最中に冊子が閉じてきてしまう。これを解決するのは「電子化」だけだと確信しました。

PDF化は次の手順で行いました。

  1. キンコーズで過去問題集を断裁
  2. ScanSnapでPDF化
  3. iPadのGoodNote5で読み込み

分厚い過去問題集も、キンコーズに持ち込めば1,000円前後でカットしてくれます。本の厚みでカット料金は決まるので、下巻の方が若干高かった気がします。

問題集がバラバラになったら、家庭用スキャナーでデータ化します。僕はスキャンに定評のあるScanSnapを使いました。キンコーズで依頼しても良かったんですが、スキャンまで頼むと高額になってしまうので自分でやります。

最後にiPadアプリの「GoodNotes 5」に取り込みます。画面分割を使い、左に問題集・右にノートを配置すると快適ですよ。

なお、iPadは11インチくらいが使いやすいです。これより小さいと2画面表示にした時に文字が読みにくかったり、書き込みがしにくかったりします。逆に13インチだと、重かったり持ち運びが不便です。

過去問題集のPDF化で起きた変化

PDF化することで、苦痛だった行政法規の勉強が少し楽になりました。

  • 電車で立ったまま問題が解ける
  • 荷物が軽くなり、ノートが不要に
  • 冊子が勝手に閉じてきてイラッとすることがなくなった

電車で立っていても問題を解けるようになったので、かなり時間を有効に使えるようになりました。

iPad導入前は机に向かわないと学習スタートできなかったので、この差は大きいかったです。せっかく机に向かうなら、鑑定理論や経済学などをやりたかったので。

かろちょあ

気合を入れれば、満員電車で過去問を解くことも可能。直前期は、人に潰されながら必死に問題を解いていました。

合格に必要な知識はGoodNotes5で一元化

法規ごとに1ページに要約

iPad化の副産物として「サブノート作りがはかどった」というものがあります。

iPad導入前はサブノートを作ったことはなかったのですが、情報を一元化することでたくさんのメリットを感じました。

例えば、合格までに必要な知識量がパッとみてわかるようになったのは大きかった。膨大なボリュームがある行政法規では、知識の整理をしないと「終わりのないレース感」を感じてしまって、やる気が削がれることが多かったです。

サブノートを作れば、「あぁ、これだけ覚えれば合格できるんだね!」という感覚が掴めて精神的な負担がずいぶん軽くなりました。

なお、僕のサブノート作りの手順は次の通りです。

  1. 山口先生の講義をノートにまとめる
  2. 過去問で間違えた箇所を、ノートに赤字でチェックする
  3. 講義でやってない知識が過去問に出てきたらノートに書き足す

要は試験に出る知識をまとめることが目的なので、この方法がもっとも合理的かなと思います。

かろちょあ

みっちり書き込んでありますが、そこまで時間はかかっていません。

まとめ:過去問のA, Bランク問題をマスターすべし

rea_gyosei2
まとめ:過去問のA, Bランク問題をマスターすべし

ここまでの内容をまとめると、次の通りです。

  • 過去問のA、Bランクを完璧にする
  • インプットはTAC基本講義と山口先生の行政法規講座を活用
  • 学習の負担軽減のため、iPadを活用

合格のためには、「過去問のA, Bランク問題を完璧にする」ことに尽きると思います。

A、Bランク問題は、多くの合格者が解けるように準備してきますので。これを完璧にせずして、ハイレベルなCランク問題を頑張るということだけは避けてほしいなと思います。

加えて、過去問題集は余計な失点をしないためにも、法改正点が反映された最新版を使うことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる