元商社マンYouTuberのおさとさん有料講義「おさとエクセルPro」の受講を終えて

少し前になりますが、おさとエクセルProゴールドコースの受講を終えました。

ひとことで言うと、「近所のお兄さんが少し難しいエクセルテクニックを、をわかりやすく教えてくれる」ようなスタイルの学習サービス。

扱っている内容は結構ハイレベルなもので、コンサル会社の方が使うんじゃないかという内容まで教えてくれてかなり良かったです。

「最低限のレベルで大丈夫だよ」という方は、YouTubeで無料公開されている動画を見るだけでも格段にレベルアップできます。

結論:仕事の生産性が上がった

結論として、受けてよかったですね。

たしか5万円ほど出して受講しましたが、投資額は回収したと思います。

  • 仕事の生産性が上がった
  • 仕事のミスが減った
  • 仕事外の学習に体力を回せるようになった

一つ一つわからないことをググっていくという方法もアリ(というかすべき)だと思いますが、「こんなこともできるのか!」と、あらかじめ知っておくことで後々のググりやすさも変わってくると思います。

「この程度の作業はもっと効率化できるはず」というアタリをつけるために、予備知識があった方が良いと思います。

仕事の生産性が上がった

仕事が早くなりました。

これまで定時ギリギリまでかかっていた仕事が、2時間から3時間早く終わるように。

講義で紹介される細かいテクニックも役に立ちますが、それ以上に「ショートカットの有用性」に気づけたことが大きかった。

今までの、僕のショートカットキーに対する考え方の甘さを思い知らされましたね。

そして、講義を受け終わったらひたすら【実践→ググる】の繰り返すことで、エクセルの作業レベルが等比級数的に跳ね上がっていくということを学びました。

仕事のミスが減った

仕事のミスが、ほぼゼロになるほど減りました。

いろいろなショートカットキーやテクニックを使うことで、仕事中に脳にかかる負荷が軽くなったのが、その原因だと思います。

ミスをするとリカバーに余計な労力を使うので、体力的にもかなりラクになりました。

仕事外の学習に体力を回せるようになった

仕事外での勉強に体力を回せるようになりました。

仕事後に不動産鑑定士試験の勉強をしていたのですが、正直、仕事が終わると疲れてしまって頭が回転しているとは言えない状態でした。

エクセルProを受け終わってからは、体力温存できたおかげで、勉強に体力を回せるようになりました。

これもかなり助かったポイント。

受講してためになった回

ここでは、受講してためになった回をサクッと紹介します。

  • グラフ作成
  • ショートカット集
  • 後半のマクロの回

この他にもかなりのボリュームになっているので、今されているお仕事の内容によって感じ方は様々だと思います。

グラフ作成

グラフの作り方は、ためになりました。

意外と本でグラフの作り方を読むと、どうやって作っていいのか迷ってしまうことが多いのではないでしょうか。

この講義を聞いて、かなりすっきりとふに落ちました。

ショートカット集

複数回に分けてショートカットキーの紹介があるのですが、マニアックなものまで紹介されておりいい感じでした。

「教えてもらったことを覚える」というだけでなく、自分でどんどん調べればスピードアップできるということを学べたので、意義があった。

後半のマクロの回

マクロを動画で学習できる機会はなかなかなく、ためになりました。

内容自体は、ExcelVBAの資格試験テキストから引っ張ってきたのかな?という内容でしたが、これがなかなかにわかりやすかった。

というか、この動画を通じてエクセルVBAの資格試験テキスト自体がわかりやすいことに気づくという…(笑)

よかったポイント

この講座の良かったポイントをまとめます。

  • 毎日1講座をこなしていくスタイル
  • なんとか頑張ればついていけるレベル

毎日1講座をこなしていくスタイル

毎日朝の決まった時間に、講座の動画へのリンクメールが届きます。

一気にドバッときてしまうと量が多すぎて「ウッ…」となってしまうところ、エクセルProでは毎日分けて送ってきてくれるので、いい感じにペースメーカーになってくれます。

学習を焦りすぎたり、逆にもたってしまったりがなく、非常に効率的。

なんとか頑張ればついていけるレベル

簡単すぎないということも良いポイントでした。

たまに難しすぎる論点も出てきますが、まずはサラッとでも触れておくと後々の学習に良い影響を及ぼします。

なんとか頑張ればついていけるレベルで、この辺の設計もよくできていると思いました。

簡単すぎる・難しすぎるとやる気でないですからね。

様子見なら、YouTubeがオススメ

まずは様子見、ならYouTubeから入るのがオススメです。

ほとんどの人は無料版を見ておけば十分すぎるスキルがつくはず。

本が手元にないとムリ…という方は書籍もあります。

ちなみに、僕はテキストなしでYouTubeのみで受講しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です