「低温調理でできることとは?」にお答えます。【随時更新】

  • 「低温調理」って何ができるの?

という疑問にお応えします。

僕も、低温調理をはじめて2年ほどになりますが、いちばん多くいただく質問が「結局のところ、何ができるの?」だったりします。

早速、見ていきましょう。

低温調理器でできることをダイジェストでまとめてみました

低温調理では、何を作れるの?という疑問に真正面からお答えします。

レシピは別記事に譲りますので、気になったら見てみてください。

ヨーグルト:R-1ヨーグルトも増やせる!

▲R-1も増やせる

低温調理でヨーグルトが増やせます。

原理はヨーグルトメーカーと同じですが、温度がブレないので失敗しません。

我が家でいちばん出番の多いレシピで、いつもR-1ヨーグルトを培養しています。

» レシピ:低温調理器「ANOVA」で、R-1ヨーグルトを1,000mlに増やす方法【現在成功率100%】

鶏ムネ肉の低温調理:絶妙なしっとり感

「めちゃくちゃしっとり」な、鶏ムネ肉が作れます。

簡単すぎて、こちらも我が家では定番メニュー。

» レシピ:準備中

チャーシュー:豚肉のブロック肉で。

ハンパでなく美味しいチャーシューが作れます。

オーブンを使うので少し手間はかかりますが、もう外であえてチャーシューを頼むことがなくなります。

» レシピ:準備中

ローストビーフ:低温調理なら、手間なし

難しいイメージのあるローストビーフも、手間なしで作れます。

基本的には、材料をフリーザーバッグに放り込んで低温調理にかけるだけ。

» レシピ:準備中

温泉たまご

自分好みの固さの、温泉たまごが簡単にできます。

お好みの温度・時間さえ分かれば、100%失敗なく温泉たまごが作れます。

» レシピ:準備中

アホエンオイル

ニンニクの抗酸化作用をさらに高めた、アホエンオイルが作れます。

パンにサッとかけたり、温泉たまごにたらしたり、お好みの使い方で、どうぞ。

2種類の文献をあたってレシピを作ってみました。

» レシピ:低温調理器ANOVAとニンニクでアホエンオイルを作る方法【抗酸化作用をグッとあげる】

あとがき:使い方の可能性は無限大

以上、僕が実践した低温調理を使ったバリエーションを紹介しました。

低温調理はシンプルな構造ゆえに、その使い方は無限に広がっていくと思っています。
僕も、新しく実践してみた使い方をこのページにアップデートしていきたいと思っています。

なお、「これから低温調理をやってみたいなぁ」という方には、揃えるべき道具を集めたページが役に立つかもしれません。

人気記事ANOVAを使って低温調理を始めるために必要な、調理器具・グッズ・食材のすべて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です