水圧法(浸水法)と、テーブルエッジ法【低温調理ポリ袋を真空にする方法】

低温調理で必須の、ポリ袋を真空にする方法をご紹介します。

  • 真空パック器なしで、ポリ袋を真空化したい!
  • 食材ごとに最適な真空化テクニックってある?

ポリ袋を真空にするためのテクニックは大きく、「水圧法」と「テーブルエッジ法」の二つがあります。

低温調理ポリ袋を真空化するための水圧法(浸水法)と、テーブルエッジ法

言葉は難しそうですが、やることはいたってカンタン。

一つずつ解説していきますね。

水圧法(浸水法、アルキメデスの原理)

まずは、もっともポピュラーな水圧法から紹介していきましょう。

僕が低温調理をするときは、ほぼこの方法を使います。

浸水法、アルキメデスの原理などの別名も。

フリーザーバッグに食材を入れる

ジップロックなどのフリーザーバッグに、食材を入れます。

この時のポイントは、ソースなどの液体も一緒に入れることです。

食材のみ入れた場合と比べて、空気を抜くのがカンタンになります。

ジッパーを開けたまま、水に沈める

ジッパーの口に水がかからないよう注意しながら、水にフリーザーバッグを沈めます。

コツは、ジッパーのギリギリの部分まで水に浸すことです。

こうすることにより、水圧によって空気がフリーザーバッグから押し出されます。

ジッパーを閉じる

空気や水が入らないように注意しながら、ジッパーを閉じましょう。

以上で完了です。

テーブルエッジ法

液体を真空にしたいときに便利なのが、テーブルエッジ法です。

水圧法でも一応できますが、液体だと軽くて浮いてきてしまい、空気を追い出すのに一苦労です。

フリーザーバッグに食材を入れる

まずは、材料をすべてポリ袋に入れます。

テーブルのフチに当てながら空気を抜く

フリーザーバッグをテーブルのフチにあてて、空気を抜いていきます。

(この時、食材はテーブルのフチを支点に垂れ下がっている状態)

ジッパーを閉じる

最後にジッパーを閉じます。

番外編:ストローを使った方法

ストローをさして、空気を吸い出す方法もあります。

液体が入っている場合には、吸い上げてしまわないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です