低温調理を始めるために必要な、調理器具・グッズ−12選

低温調理は、まだまだメジャーになりきっていないので何を揃えていいのか分かりませんよね。

そこで、低温調理を2年ほど続けてわかった、「必需品」と「あったら便利なグッズ」を12個ご紹介します。

低温調理の必需品3選【最低限そろえよう】

次の3つは、低温調理にあたって必需品です。

  • 低温調理器本体
  • 鍋(水槽)
  • 耐熱性のあるフリーザーバッグ

低温調理器本体

f:id:karochoa1:20190606061020j:plain

必需品の低温調理器ですが、選ぶときのポイントは次の3点です。

  • 温度の正確さ
  • メーカーの信頼性
  • サポートの体制

低温調理器の役割は、「水温を上げること」と「温度を一定に保つこと」だけですが、うまく働かないと食中毒の危険性もあります。

そこで、この3つの条件を満たす低温調理器の一つがANOVAだと考えていまして、僕が使っているのもこちらのBluetoothモデルです。

低温調理器Anova Precision Cooker Bluetoothモデルのレビュー

ただし、現在AnovaはAmazonなどで手に入らなくなってしまったので、輸入などに頼らずに低温調理器が欲しい方はBONIQがかなりいい感じでした。

» 参考:53,000台売れているBONIQ(ボニーク)徹底レビュー【BONIQ Proと比較】

深さが15cm以上ある鍋(水槽)

ある程度の深さのある鍋であれば何でもOKで、詳細は別記事にまとめました。

低温調理器ANOVAの鍋(水槽)の選び方【サイズ、深さ、特徴を解説】

僕が鍋として使っているのがこちらのアスベルキッチンボックスで、大きさや耐熱温度がちょうどよく、ずっとこれを愛用しています。

耐熱性のあるフリーザーバッグ(ジップロックなど)

f:id:karochoa1:20190915063223j:plain

フリーザーバッグ(ポリ袋)は、迷ったらジップロックを買っておけば間違いありません。

理由はこちらの記事に書きました。

低温調理のポリ袋を比較【迷ったらジップロック一択です】

なお、ジップロックのサイズにはMとLがありますが、選ぶ目安はこちら。

  • Mサイズ=鶏胸肉1枚程度
  • Lサイズ=ブロック肉1個程度

我が家は鶏胸肉を低温調理することが多いので、Mサイズを多め・Lサイズを少なめに買ってます。

あとは、どんな食材を調理するかによって変えればOK。

低温調理にあると便利なもの【できれば揃えたほうがいい】

ここからは、低温調理にあると便利なものをご紹介します。

  • なべ敷き
  • デジタル式はかり
  • デジタル式の温度計
  • トング
  • イワタニのクッキングバーナー

ナベ敷き

f:id:karochoa1:20190915075954j:plain

なべ敷きは必須です。

「低温」といえども、60度近い温度で長時間かけることになるので、フローリングやテーブルに直に置いてしまうとちょっとコワイ。

家具を傷ませないためにも、用意しておいた方が無難でしょう。

デジタル式はかり タニタKD-320

f:id:karochoa1:20190606060526j:plain

1g単位で計量できるデジタル式のはかりも便利です。

食材に塩を加えるとき、[食材の重さの0.8%分]の塩を加えるとちょうどいい味付けにおさまります。

1g単位だと、味がかなりブレてしまうので細かく測れるデジタル式のはかりはぜひ用意しておきたいところ。

デジタル式の温度計

f:id:karochoa1:20190915080428j:plain

鍋の水温が正しいかのチェック用です。

万が一の低温調理器の故障にも気がつけるよう、用意しています。

トング 

f:id:karochoa1:20190915064420j:plain

トングの中でも、先にプラスチック加工がされているものが便利です。

  • 食材をポリ袋から取り出すとき
  • 食材を包丁で切るとき
  • 盛り付けのとき

低温調理をした肉は柔らかいので、このような滑り止め付きのトングがあると肉を崩さずに扱えます。

イワタニのクッキングバーナー

低温調理の弱点は、食感にメリハリがないことですが、これをカバーするのにバーナーが大活躍します。

また、食材の表面を軽く炙ることでメイラード反応(アミノ・カルボニル反応)が起こることによって、風味も一気によくなります。

低温調理で「あまり美味しくならない」場合には、このメイラード反応を起こせてないことが原因のことも多いです。

バーナーの方が炙りの微調整ができるのでオススメですが、予算がなければフライパンでも良いので、褐色になる程度に焼き色をつけましょう。

ペッパーミル【プジョーのナンシー】

ペッパーミルもあると、味がワンランクアップします。

削りたての胡椒はやっぱり風味が良いです。

12cmのものは、食卓においておいても邪魔になりません。

揃えておくと便利なスパイス、調味料

調味料は少し変えるだけで味がガラッと変わるので色々試したいところですよね。

ここでは、僕が使ってみてよかった調味料をピックアップしました。

  • アルペンザルツ
  • クレイジーソルト
  • ガラムマサラ(スパイス)

アルペンザルツ

サラサラの、塩です。

なんといっても量の調節がしやすいので、0.1g単位で塩を測るときに便利なんですよね。

Amazon定期便を組めるので、定期便にあと一品足りないというときによかったらお試しください。

クレイジーソルト

岩塩+6種類のハーブが入った無添加調味料。

  • ペッパー
  • オニオン
  • ガーリック
  • タイム
  • セロリー
  • オレガノ

この六種類が入っており、加えるだけで雰囲気をガラッと買えてくれます。

トマトと相性抜群で、鶏胸肉とトマトソースにクレイジーソルトを足したら、なかなかいい感じに仕上がりました。

ガラムマサラ(スパイス)

カレーのような風味を加えたいときに、ジップロックに一緒に振っておきます。

味に変化が欲しいかな?と思ったときには、よく使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です