ANOVAを使って低温調理を始めるために必要な、調理器具・グッズ−12選

オススメの低温調理を紹介しています。

https://www.karochoa.com/wp-content/uploads/2020/02/komatta.png
あなた

低温調理をはじめたいけど、どんな道具を揃えたらいいんだろう?
身の回りにやっている人がいないから、できれば実践者からアドバイスがほしいなぁ。

こんな方に向けて書きました。

低温調理は、まだまだメジャーになりきっていないので何を揃えていいのかはっきり分からないですよね。

僕は2年ほど前に低温調理をはじめてました。
道具も一通り揃えて、いろいろ試行錯誤してムダなものも買って寄り道してきた結果、使う道具もだいたい固まってきました。

そんな僕が、低温調理の必需品・あったら便利な道具を12個、ご紹介します。

低温調理の必需品3選【最低限そろえよう】

低温調理にかならず必要なものは、次の3つです。

  • 低温調理器本体
  • 水槽(ナベ)
  • 耐熱性のあるフリーザーバッグ

予算がない、とりあえずお試しで…という方は、この3つがあれば最低限、低温調理を始められます。

低温調理器【ANOVAなど】

f:id:karochoa1:20190606061020j:plain

いちばんの必需品、低温調理器です。

僕は次の理由から、ANOVAをオススメしています。

  • 温度の正確さ
  • 老舗メーカー
  • サポートの体制

ANOVAなら、温度が正確です。

僕は実際、TANITAの温度計でチェックしますが、購入から2年以上経った今でもカッチリと正確な温度をキープしています。

低温調理器によっては、狙った温度を出せないものもあると聞きます。
そうなると、食中毒リスクも気になるところなので、温度の正確性はかなり重要なポイント。

また、老舗メーカーであることも安心ポイントなのではないかと思います。

もしダメな商品なら、すでに淘汰されているはずで、長いこと売れ続けている商品なので信頼性は高いのではと考えています。

そして、サポート体制も安心。

何かトラブルがあったときの連絡先がパッケージ表示されています。
まだ、ANOVAを使っていてトラブルに巻き込まれたことがないのでサポートを利用したことはありませんが、このような細かい心配りがあると安心。

僕が使っているモデルは、ANOVA Bluetoothモデル

僕が使っているのは、ANOVA Bluetoothモデルです。

なお、プラグの形状がアメリカ仕様なので、日本のものに差し込むために変換アダプタも必要になります。
こちらも、僕が使っているものをリンクしておきます。

深さが15cm以上ある水槽(ナベ)

キッチンに深さ15cm程度の鍋があれば、それで大丈夫です。
(パスタ鍋があれば、それで大体イケます)

鍋を新調するなら、「アスベル キッチンボックス」がオススメ

これから買う方へのオススメは、アスベル キッチンボックスです。

僕も使っていますが、低温調理用に作られているのでは!?と思ってしまうほどサイズがちょうど良く、金額も安い。

実は、低温調理界隈では結構有名な商品だったりします。

なお、ナベの選び方は別記事で詳しく解説しています。

» 参考:低温調理器anovaの鍋(水槽)の選び方、オススメの鍋【サイズ、深さ、特徴を解説します】

耐熱性のあるフリーザーバッグ【ジップロックなど】

f:id:karochoa1:20190915063223j:plain

フリーザーバッグは、100度に耐える【ジップロック】なら間違いありません。

フリーザーバッグはお湯につけることになるので、ジップロック以外を使う場合にも「100度に耐えるか?」を基準に選ぶと良いです。

サイズは、Mサイズを多め、Lサイズは少なめに用意するといいと思います。

Mサイズは、鶏むね肉1枚がちょうど入る大きさで、とても扱いやすい。
たいていの調理にはMサイズがあれば、こと足ります。

ただし、ブロック肉などの「大物」を調理するときはLサイズがないと厳しくなってきます。

低温調理にあると便利なもの【できれば揃えたほうがいい】

低温調理にあると便利なものをご紹介します。

  • なべ敷き
  • デジタル式はかり
  • デジタル式の温度計
  • トング
  • イワタニのクッキングバーナー

ナベ敷き

f:id:karochoa1:20190915075954j:plain

テーブルなどの低温焼けを防ぐためにも、なべ敷きをおすすめします。

低温調理、といえども、60度近い温度で長時間かけることになります。
フローリングやテーブルに直に置いてしまうと痛んでしまいます。

やはり保護のために簡単なものでもいいので、何かしら敷いた方がいいかなと思います。

デジタル式はかり タニタKD-320

f:id:karochoa1:20190606060526j:plain

0.1g単位で測れる、デジタル式のはかりです。

ロジカルクッキングによると、食材の重さの0.008倍した重さの塩を加えると、塩加減が絶妙になるといわれています。

微妙な重量の差ではありますが、きちんと測ってやると確かに美味しくなるので僕は塩の重さを図るためだけに0.1g単位で測れるはかりを使っています。

このキッチンスケール、ちょっと大きいので場所は取りますが、重量3kgまで測れて、水や牛乳をml単位で計測することもできます。
結構、重宝しているアイテムだったりします。

デジタル式の温度計

f:id:karochoa1:20190915080428j:plain

低温調理器の温度設定が正しいかのチェック用です。

低温調理器が故障、という事態にも気がつくように温度チェック用として使っています。

トング 

f:id:karochoa1:20190915064420j:plain

先がプラスチック加工されているトングです。

低温調理したお肉は柔らかく、先が金属製のものではお肉がくずれてしまうことも。
このトングで押さえると、お肉も簡単に切れます。

ご家庭にトングがなければ、特にオススメな商品。

イワタニのクッキングバーナー

表面に焼き色をつけるためのバーナーです。

焼き色をつけることをメイラード反応などと呼びますが、歯応えが均一になってしまいがちの低温調理にメリハリを与えてくれるのがこのバーナーだったりします。

もちろんフライパンで焼き色をつけてもいいんですが、余計な洗い物を減らせることと、何となくプロっぽい、という不純な動機で使っております。

料理の味を格段にあげる、プジョーのペッパーミル、”ナンシー”

香りの良い、削りたてのブラックペッパーで仕上げるためのペッパーミルです。

ホールから削りたてのペッパーは、やっぱり香りが最高。
ちょっと贅沢ではありましたが、プロも使うプジョー製のミルは重さも手に持った時の質感も最高です。

揃えておくと便利なスパイス、調味料

手頃な金額で買えるスパイスや調味料は、いつもと違うものを使うだけで料理の味をガラッと変えてくれるスグレモノ。

例えば塩のような常用している調味料でも、いつもと違ったものや少しだけ高いものを使うだけでも「アレっ??」と思うほど違いを感じられるものです。

アルペンザルツ

とにかくサラサラで使いやすいのが、このアルペンザルツ。味も悪くありません。僕のように塩の量を測ったりする人で、ちょっとずつ塩を出して計量したいという方にはうってつけ。

クレイジーソルト

クレイジーソルトとは、岩塩と6種類のハーブ(ペッパー、オニオン、ガーリック、タイム、セロリー、 オレガノ)をブレンドした無添加の調味料です。

これを使うのは少し反則かな?と思うほど手軽に料理の味を変えてくれる不思議な調味料。
特にトマトとの相性が抜群で、僕が低温調理でトマトを使うときには必ずといって良いほどクレイジーソルトを使っています。

ガラムマサラ(スパイス)

鶏むね肉の低温調理の仕上げにふりかけると味が一気に変わります。その上からバーナーで軽く炙ってもいい感じです。(炙りすぎには注意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です