低温調理に必要なもの11選【必需品と便利なグッズ・調味料をご紹介】

「低温調理を初めてみようかな……」と思ったときに疑問に思うのが、どんなものが必要になるかですよね。

実は、ほとんどのご家庭では「低温調理器」さえ買い足せばすぐにスタートできます。

本記事では低温調理歴2年ほどの僕が、低温調理の「必需品」と「あったら便利な道具」を解説します。

低温調理に必要なもの3選【必需品編】

低温調理に必要なもの3選【必需品編】

低温調理で必ず必要になるのが、次の3点です。

  1. 低温調理器
  2. コンテナ
  3. ジップロック

低温調理は食材を「湯煎状態」にするので、これら3つが必要になるわけですね。

【注意点あり】低温調理とは?できることって?【代表的なレシピまで徹底解説】

① 低温調理器

湯煎するお湯の温度をコントロールするために、低温調理器が必要です。

低温調理器の役割は、次の2点になります。

  1. お湯を加熱し、設定した温度に保つ
  2. お湯を攪拌する(かきまぜる)

機能としてはたったこれだけです。
そのため、基本的にはどの低温調理器を選んでも調理結果は変わりません。

つまり、価格・デザイン・操作性・保証内容などを基準に選ぶこととなります。

② コンテナ(水槽、鍋)

湯煎用の水をはっておくコンテナ(水槽、鍋)も必要になります。

選び方の目安は以下の通りで、ほとんどの場合はご家庭にある深めの鍋で代用可能です。

  • 100度に耐えられる
  • 最低でも15cm程度の高さ
  • 5〜8リットルが入る大きさ

低温調理専用としてコンテナを買い足したいという方には、「アスベルキッチンボックス」がおすすめです。

僕も使っていますが、今のところ全く問題なく使えています。

【オススメも公開】低温調理のコンテナ(鍋・容器)を選ぶ3つのポイント

③ ポリ袋

ポリ袋選びのポイントは次の通りです。

  • 水の沸点(100度)に耐えられるもの:耐熱性がないと、ポリ袋が溶けてしまう
  • できるだけ厚みがあるもの:厚みがないと破けてしまう恐れがある

おすすめは「ジップロックフリーザーバッグ」です。

耐熱温度が明記されており、他のポリ袋に比べても厚みがあるので安心して調理できます。

サイズは使い勝手の良い「Mサイズ」を多めに用意しておくと便利です。

その他、詳しくは別記事で解説しました。

【低温調理】ポリ袋の選び方とおすすめ【真空にする理由と方法も解説】

低温調理に必要なもの6選【あると便利なグッズ編】

ここからは、低温調理にあると便利なグッズをご紹介します。

  1. デジタル式の温度計
  2. なべ敷
  3. キッチンスケール
  4. トング
  5. ボルミオリ・ロッコのビン
  6. ガスバーナー

デジタル式の温度計

デジタル式の温度計

コンテナ内の水温が、設定温度通りになっているか」の確認用に使ってます。

まれに低温調理器の故障で「実際に水温を測ったら、全然温度が出ていなかった」ということも聞きます。

狙った温度が出ていないと食中毒の危険性が高まるため、保険の意味でも水温を測っておくと安心です。

なべ敷き

なべ敷き

コンテナから伝わる熱の保護として、なべ敷を使っています。

「低温」とはいえ60度以上の温度です。床が長時間にわたってこの温度にさらされると、少なからずダメージあるはず。

僕のように気になる方は、適当なものでも良いので何かしら敷いておくと良いかもしれません。

0.1g単位で測れるスケール

0.1g単位で測れるスケール

お肉の塩加減を計算するため、0.1g単位で測れるスケールが便利です。

参考:塩加減の決め方

  1. お肉の重量を測る
  2. お肉の重量 × 0.8%を計算する
  3. ジップロックに塩とお肉を入れる

これだけで塩味がバシッと決まり、味のブレがなくなります。

味の濃さは②でかける数字を変更して、お好みの味付けにアレンジしてみてください。

トング 

トング 

トングは、先がプラスチック加工されているものが便利です。

  • 低温調理後の柔らかいお肉も崩れない
  • 食材が滑らずにつかめる

低温調理したお肉はとても柔らかいので、お肉を崩さずにつかめるのが大きなメリット。

包丁でお肉を切るときや、盛り付けのときに重宝します。

※ 写真のトングが壊れてしまったので、自立するサーモスのトングに買い替えました。こちらも大満足です。

ボルミオリ・ロッコのビン

ボルミオリ・ロッコのビン

ヨーグルト作りで材料を混ぜるとき、ビンがあると便利です。

牛乳パックに食材を入れて混ぜる方法もありますが、これだと中身が飛び散ってしまうことがあるからです。

【失敗なし】低温調理器を使ってR-1ヨーグルトを1000mlに増やすレシピ

以前は100円ショップで買ったビンを使っていましたが、形状や口の広さが最適な「ボルミオリ・ロッコ」のビンに変えてからはヨーグルト作りが楽になりました。

ガスバーナー

ガスバーナー

お肉料理の仕上げとして、ガスバーナーを使うことが多いです。

低温調理では中心から外側まで均一に加熱するので、食感が単調になりがち。

さらに、お肉が美味しくなると言われているメイラード反応は、100度を越えないと発生しません。

低温調理とメイラード反応【詳しく解説します】

そこで、表面だけをパリッと褐色に仕上げるときにガスバーナーが必要になります。

「ガスバーナーはちょっと抵抗が……」と感じる方は、フライパンで表面に焼き色をつけてみてください。

とはいえ、ガスバーナーなら「鶏肉の皮だけを炙る……」という細かい作業もできるので、余裕があれば導入を検討してみて欲しいところではあります。

低温調理に使っている調味料2選

僕が普段、低温調理をするときに使っている調味料をご紹介します。

アルペンザルツ

アルペンザルツ|サラサラで使いやすい

サラサラで量の調整がしやすい「アルペンザルツ」はオススメです。

味はもちろん、この塩の良いところは塩を出す口が2種類に分かれているところ。

分量を図りたいときには「三角の出口」を、全体にふりたいときは「6個の穴が空いている出口」を使うと良いです。

Amazonの定期便にも対応しています。

クレイジーソルト

クレイジーソルト

岩塩と6種類のハーブがブレンドされた調味料です。

トマトとの相性が抜群に良く、ポリ袋に「お肉」と「ホールトマト」、「クレイジーソルト」を入れて低温調理器にかけるだけで美味しい鶏肉料理が一品でき上がります。