【実機レビュー】低温調理器BONIQ 2.0|おしゃれな低温調理器ならこれ!

  • BONIQ 2.0の特徴が知りたい!
  • 操作感ってどうかな?
  • BONIQ Proとどっちを選ぶべき?

このような疑問にお答えします。

いまや日本の低温調理器メーカーの代表格とも言えるBONIQ。今回はその最新モデル「BONIQ 2.0」をご紹介します。

先にBONIQ 2.0の特徴からお伝えすると、次の通りです。

BONIQ 2.0の特徴
  • 高いデザイン性:スリムでコンパクト。高級感もあり、キッチンにスッとなじみます。
  • 十分なパワー:このコンパクトさにも関わらず15リットルの水量まで対応。
  • 1年間保証:公式サイトからの購入で1年間の保証が受けられます。

正直なところ、Wi-Fiが使いにくかったり、タイマー機能にやや癖があります

とはいえ高いデザイン性としっかりとした保証がある低温調理器は少なく、デザイン重視で選ぶならおすすめの低温調理器です。

また、家庭用で使うなら今回紹介するBONIQ 2.0で十分です。BONIQ Proはオーバースペックだと感じました。

\ 公式サイトだけ!1年間の製品保証 /

送料無料!

目次

BONIQ 2.0をおすすめするのはこんな人

BONIQ 2.0は、次のような方におすすめです。

BONIQ 2.0がおすすめな人
  • デザインにはこだわりたい!
  • 遠隔操作(Wi-Fi)を使う予定がない
  • 日本の低温調理器メーカーから選びたい

詳しくは後述しますが、これらにピンとこないなら別の低温調理器を考えても良いかもです。

純粋に「低温調理器の性能や使い勝手」で見るなら、他にもよい低温調理器はあります。

BONIQ 2.0|実機レビュー

ここからは、BONIQ 2.0の実機レビューをお伝えします。

マイナスに感じたポイントもしっかりとお伝えするので、購入の際の参考にしてみてください。

高いデザイン性

BONIQ 2.0のいちばんのポイントは、高いデザイン性です。

  • スリムでコンパクト
  • キッチンに置いても圧迫感がない
  • 省スペースで収納できる

他の低温調理器と比べて本体がとてもスリムです。そのため、キッチンに置いた時の圧迫感がありません

特に安い低温調理器はデザイン性無視で作られていることも多く、キッチンで圧迫感を感じてしまうことも。僕も初代Anovaをキッチンに置いていたときは、キッチンがごちゃっとしてしまって不満を感じていました。

かろちょあ

デザイン性はトップクラスです。

お湯の加熱スピードも満足できるレベル

最近では一般的になってきた1000Wの出力で、温度の上昇速度も満足できる水準でした。

以下は、25度から65度の加熱にかかった時間です。

項目BONIQ 2.0:1000WAnova:800W
加熱スピード8分26秒20分19秒
かろちょあ実測値

旧型では主流だった800Wと比べると、2倍近くの差が出ました。

BONIQ 2.0より高速なものを求めるならBONIQ Proという選択肢もあります。とはいえ、BONIQ 2.0でも十分な早さです。

塗装も高級感あり

BONIQ 2.0の外装

BONIQ 2.0は、塗装も高級感があります

前作のBONIQ Proから素材の変更があり、BONIQ 2.0になって安っぽくなっていないか心配していました。(アルミ製→樹脂製に変更)

結論として塗装がとても綺麗なので、安っぽさはまったく感じませんでした

BONIQ Proと並べれば違いはあるものの、BONIQ 2.0だけをみて安っぽいと感じる方はほとんどいないのでは?と感じます。

かろちょあ

実際の写真はこちらから確認いただけます。

遠隔操作をしたい方には不向き

外出先から低温調理器を遠隔操作したいなら、Anovaなどの他の低温調理器をおすすめします。

» 参考:【商品レビュー】Anova Precision Cooker【現行モデル】

というのも、BONIQのアプリが使いづらかったためです。具体的には、以下の2点。

公式アプリの残念な点
  1. 本体の電源を抜くと設定がリセットされる
  2. アプリの操作性が悪い

致命的なのが「①電源を抜くと設定がリセットされること」です。

遠隔操作のためには、Wi-Fiのパスワードを入れる必要があります。ところが、BONIQ 2.0本体の電源プラグを抜いてしまうと、苦労して設定したWi-Fiパスワードがリセットされてしまいます。これは結構ストレスです。

また、アプリの操作画面は操作しにくく、「遠隔操作をガンガンしていこう!」という方にはかなりキツい仕様なのでは?と感じました。

かろちょあ

Wi-Fiを使う予定なら、購入前にアプリを入れてみましょう。

タイマー時間が経過すると止まる

タイマー時間を経過すると、BONIQ 2.0の動作が止まります。

低温調理では、食中毒防止の観点から食べる直前まで加熱しておくのがセオリー。そう考えると、次のような場合に不都合があります。

  1. 外出前に低温調理器をセット
  2. 帰宅時間が予定より遅れる
  3. 低温調理器が止まり、食材がダメに

というわけで、個人的には「タイマー時間が経過しても止まらない仕様」にしてほしかったです。Anovaなどはタイマーに関係なく動作を続けるんですよね。

なお、BONIQ 2.0のタイマー時間を「99時間00分」にセットしておくことで回避できます。僕のように外出前に低温調理をセットする方は、この方法でいきましょう。

BONIQ 2.0とBONIQ Proの商品情報を比較

BONIQ 2.0とBONIQ Proを比較したものが、次の表です。

項目BONIQ 2.0BONIQ Pro
湯煎容量5L〜15L5L〜20L
消費電力1000W1200W
外装素材樹脂成形フルアルミ
価格22,000円(税込)32,780円(税込)
保証1年保証(家庭のみ)1年保証(飲食店可)
出典:BONIQ公式サイト

どちらを選ぶかは、「BONIQ Proに、追加で1万円を支払う価値があるかどうか?」というのが論点になります。つまり、以下のスペックに価値を感じるかどうかということですね。

  • 大量調理が必要か
  • 飲食店向けの保証は必要か
  • アルミ製ボディにこだわるか

まずBONIQ Proが対応している20リットルという容量は、かなりの水量です。

参考までに、僕が使っている9.8リットルのコンテナがこちら。

9.8Lのコンテナ(アスベルキッチンボックス)

これでもかなりの大きさで、4人分くらいなら余裕で調理できる容量。20リットルといえばこの2倍の容量なので、家庭用としては明らかにオーバースペックです。

ただ、BONIQ Proでは加熱速度がとても早いのは間違いありません

比較項目BONIQ 2.0BONIQ Pro
電気代2.31円2.10円
加熱速度8分26秒6分28秒
当ブログ実測値

明らかにBONIQ Proの方が加熱速度は優秀です。
とはいえ、これだけの加熱性能が家庭用低温調理器に必要かといえば疑問かなと思います。

質感については、次をご覧ください。

BONIQ Pro

BONIQ Proはアルミ製だけあって、鈍い輝きと触った時のヒヤッとした高級感を感じました。

ただし、BONIQ Proは調理後にカルキのような白いものが付着しました。金属製のためかもしれません。

BONIQ 2.0

BONIQ 2.0の方は樹脂製です。先にもお伝えした通り、塗装がとても綺麗なのでチープさはまったく感じませんでした。カルキのようなものが付着することもありません。

結論として、家庭用として使うならBONIQ 2.0で十分です。業務用で大量調理する方はBONIQ Proも視野に入れてみて良いと思います。

【簡単】BONIQ 2.0の操作方法

ここからは、簡単にBONIQ 2.0の操作方法をご紹介します。

STEP
コンテナにBONIQ 2.0をセット
クリップでコンテナに固定

まずは、BONIQ 2.0をコンテナにセットしましょう。

クリップ式なので簡単に脱着できます。

STEP
温度設定する
温度を決めてスタートボタンを押す

「+/ー」ボタンを押して設定温度を決めたら、赤く光っている「スタート」ボタンを押します。

すると、BONIQ 2.0がコンテナ内の水をかき混ぜながら加熱してくれます。

STEP
ポリ袋を入れる
ポリ袋を固定

食材を入れたポリ袋を沈めて、洗濯バサミなどで固定しましょう。

あとは加熱時間を待てば完成です。

普段の調理でやることはこれだけです。手順は簡単なので、誰でもすぐにスタートできますよ。

BONIQ 2.0に関するQ&A

製品保証の内容を教えて!

BONIQ公式サイトからの購入で、1年間の製品保証がつきます。

家庭用の使用に限るので、飲食店使用で保証を受けたい方はBONIQ Proを選んでください。

公式サイト以外(Amazonなど)は転売業者の出品なので、メーカー保証が受けられません。

BONIQ 2.0は、どんな人が購入してるの?

購入者の割合は、男性が60%、女性が40%です。

本体のデザインが洗練されて低温調理の認知度が高まってきたため、女性ユーザーが増加傾向です。

女性比率は、初代BONIQ20%、BONIQ Proは30%でした。
(出典:PRTIMES

【注意】BONIQ2.0は公式ページ以外から買ってはいけない理由

出典:BONIQ公式HP

BONIQ 2.0は、必ず公式サイトから購入しましょう。

というのも、Amazonや楽天などで出品されているBONIQはメーカー保証がつかないからです。公式サイト以外は、転売業者からの出品になります。(メーカー確認済み)

そのため、正規のメーカー保証を受けるためにも公式サイトから購入すべきです。

2021年4月23日追記:注文殺到のため、次回は5月下旬入荷です。

2021年5月2日追記:次回の入荷予定は9月上旬。

2021年9月28日追記:半導体枯渇の影響により、「ヘイズブラック(11月上旬入荷予定)」「ミスティホワイト(10月上旬入荷予定)」でした。

注文日が遅くなると、BONIQ2.0が手に入るタイミングもずれ込んでしまいます。

気になっている方は、早めの予約がおすすめです。

\ 公式サイトだけ!1年間の製品保証 /

送料無料!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる