低温調理のレシピまとめ【横断的に解説】

他の調理法に比べて迷うことが多い、低温調理のレシピをまとめました。

お肉は厚みによって調理時間が異なりますので、レシピの最後にある詳細リンクをクリックして詳しい加熱時間をお調べください。

食中毒防止の観点から、お肉の中心温度を一定時間加熱する必要があるからです。

それでは、みてきましょう。

注意
レシピ内容については万全を期していますが、免疫の弱っている方は低温調理を控えていただくことをオススメします。

低温調理器を使った基本レシピ

まずご紹介するのは、僕自身も普段から作ることの多い定番レシピです。

そのほとんどが簡単なものですから、低温調理器を買ったらまず試してみて欲しいものばかりです。

リンク先の詳細ページには、マンネリ解消のためのアレンジレシピも用意しています

鶏肉の低温調理

定番の、鶏肉の低温調理メニューをご紹介します。

材料

  • 鶏胸肉(厚み55mm以下)・・1枚
  • 塩・・鶏胸肉の重量の0.8%
  • ブラックペッパー・・適量
  • オリーブオイル・・15ml

手順

  1. すべての材料をジップロックに入れる
  2. 63度で3時間低温調理にかける
  3. クッキングペーパーで水分を拭き、バーナーで炙る

温度・時間は厚さ55mmの場合です。

鶏肉の厚みがもっとある場合や、アレンジレシピが知りたいときには次の記事も参考にしてみてください。

» 参考:鶏胸肉を低温調理するレシピや温度・時間設定のまとめ

牛肉の低温調理

【準備中】

豚肉の低温調理

【準備中】

R-1ヨーグルトを低温調理で増やす

R-1ヨーグルトも、低温調理を使えば簡単に増やせます。

材料

  • R-1ヨーグルト(固形、加糖タイプ)・・1個
  • オリゴ糖・・大さじ2
  • 牛乳・・1リットル
  • ヨーグルトを入れる大きめのビン

手順

  1. ビンやヨーグルトをかき混ぜる器具を煮沸消毒
  2. ビンにすべての材料を入れて、ふり混ぜる
  3. 43度で10時間低温調理にかける
  4. 流水で冷やした後、冷蔵庫で冷やす

以上の方法で100回以上増やし続けており、失敗なしです

もっと詳しく知りたい方は、次の記事をご覧になってください。

» 参考:低温調理器AnovaでR1ヨーグルトを10倍に増やすレシピ【失敗なし】

たまには作ってみたい低温調理の変わり種レシピ

基本レシピに慣れてきたら、少し変わったレシピにも挑戦してみましょう。

「一定の温度を正確に保てる」という低温調理器の特性をうまく使えば、作れるレシピの幅も広がっていくはず。

納豆を低温調理で増やす

納豆も低温調理で増やすことができます。

少し手間がかかるのですが、その手間を上回るほどの美味しい納豆ができるので是非試してみて欲しいところ。

材料

  • 納豆・・1パック
  • 大豆・・400g

手順

  1. 大豆を洗い、水に一晩漬ける
  2. 圧力鍋、または普通の鍋で大豆を茹で、お湯をきる
  3. 納豆に80度程度の熱湯を注ぐ
  4. 納豆を汁ごと大豆に混ぜる
  5. 低温調理器に40度で10時間かける

納豆菌は好気性なので、低温調理にかけるときに真空状態にしません。
ジップロックが使えず、容器が水圧で浮いてきてしまうので大変ですが工夫しながらやりましょう。

重めのビンを使ったり、お皿で沈めたり工夫(苦戦?)している様子は、以下の詳細ページからご覧いただけます。

» 参考:納豆を低温調理器で作る方法を解説【ANOVAレシピ】

低温調理でアホエンオイル を作る方法

ニンニクの抗酸化作用を高める方法です。

材料

  • ニンニク・・・・・1片
  • 植物油 ・・・・・300ccほど

手順

  1. ニンニクをできるだけ細かく刻む
  2. 2時間放置する
  3. 植物油とニンニクをビンに移し、55度3時間低温調理にかける

文献ごとに主張が違うので迷うところですが、消去法で良さそうな方法を選びました。

» 参考:アホエンオイルのレシピ【低温調理でニンニクの抗酸化作用を高める】

低温調理で甘酒を作る方法

甘酒も低温調理で簡単に作れます。

材料

  • コメ・・1合
  • コメを焚く水・・・360ml
  • コメを冷ますための水・・・560ml
  • 乾燥米麹・・・200g

手順

  1. 炊飯器でコメを1合炊く
  2. コメをさますようの水と、麹を加えて混ぜる
  3. でき上がったものをミキサーにかける
  4. 57度で10時間、低温調理にかける/li>

砂糖を使ったかのように甘くできます。

» 参考:低温調理器を使った甘酒のレシピ【簡単に作れる】

低温調理でジンジャーシロップのレシピ

炭酸水に足してジンジャーエールにしたり、ヨーグルトやデザートに加えてアレンジのできるジンジャーシロップのレシピです。

材料

  • 生姜・・・30gスライス
  • きび砂糖・・・0.25カップ
  • 水・・・0.25カップ

手順

  1. しょうがはスライスにして、すべての食材をジップロックに
  2. 80度で30分、低温調理器にかける
  3. でき上がったものをミキサーにかける
  4. ザルでこして完成

応用範囲も広いので、冷蔵庫にストックしておけば役に立つこと間違いなしです。

» 参考:真空低温調理で作るジンジャーシロップのレシピ【活用例もご紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です