低温調理器ANOVAで、R1ヨーグルトを1,000mlに増やすレシピ【失敗ゼロ】

この記事では、低温調理を使ったR-1ヨーグルトの増やし方を解説します。

この記事の内容

  • R-1を1,000mlに増やす方法
  • おすすめの食材
  • どれくらい作ったら低温調理器のもとがとれる?
  • ヨーグルトの植え継ぎはできる?

このようなテーマでお届けします。

この記事の信頼性について

  • 50回以上は増やし続けてきました
  • これまでの成功率は100%です

低温調理器は、温度を正確にコントロールできるので失敗がありません。

この方法ならR-1ヨーグルトをカンタンに、一度にたくさん作ることができます。
ヨーグルトが好きな方やR-1ヨーグルトをたくさん食べたい方は、ぜひ一度お試しください。

注意
R-1ヨーグルトを増やす過程で、OLL1073R-1乳酸菌がもとの平凡な乳酸菌に戻ってしまう可能性もあります。
この点、ご注意ください。

低温調理器で失敗なく、R-1ヨーグルトを1,000mlに増やすためのレシピ

R-1ヨーグルトを増やすための「3ステップ」をご紹介します。

低温調理でR-1を増やす手順

  • 手順①:低温調理器のセッティング・煮沸消毒
  • 手順②:ビンに材料を全部入れて、よく振る
  • 手順③:43℃で10時間→ビンごと冷やす

手順①:低温調理器のセッティング・煮沸消毒

低温調理器を43度にセット

まずは、低温調理器を43度にセットします。

先にセッティングしておけば、器具の煮沸などをしている間にいい感じに温度が上がり、段取りよくヨーグルト作りを進めることができます。

ビンなどの煮沸消毒します。

大きめの鍋にお湯を沸騰させ、ヨーグルト作りに使う道具を沈めます。
ヤケドには十分、注意してくださいね。

しばらく経ったら、トングなどで取り出して乾かしておきましょう。

煮沸消毒により、ヨーグルトの失敗を減らせるといわれています。

注意
今回設定する温度、43℃は、雑菌が繁殖しやすく、栄養素の多い牛乳を使うので、調理器具の煮沸消毒、食材には手を触れないことなど、衛生管理は徹底しましょう。

手順②:ビンに材料を全部入れて、よく振る

ヨーグルトに使う食材は、たった3種類だけです。

これらすべての食材を、煮沸消毒したビンに入れてふり混ぜましょう。

ヨーグルト作りに使う食材

  • R-1ヨーグルト・・1個
  • オリゴ糖・・大さじ2程度
  • 牛乳・・1リットル弱
MEMO
R-1ヨーグルトは、液体・固形どちらでも大丈夫です。
液体の方が溶けやすいので、初めての方は液体がオススメ。

手順③:43℃で10時間→ビンごと冷やす

水温が43℃に達したことを確認したら、ビンを水槽に浸して10時間おきます。

10時間後、ビンを取り出して流水で冷やしましょう。

これで、R-1ヨーグルトを増やすことができました。

設定温度43℃の根拠は?→特許です

特許情報の「43℃で発酵を行った」が根拠です。

生乳、脱脂粉乳、砂糖を使用し、SNF9.7%、FAT3.05%、砂糖3.0%に調製した溶液(以下発酵乳Mix)にL. bulgaricus OLL1073R-1、S. thermophilus OLS3059(FERM P-15487)をスターター菌として加え、43℃で発酵を行った
酸度0.7で発酵を終了し、4℃で1日保存することで最終酸度0.78となった。

出典:特許5744462NK細胞活性化剤

これまで、ちゃんとヨーグルトとして固まって失敗がないところを見ると、間違いはないように思えます。

補足:低温調理に必要な道具、温度設定、R-1の種類、植え継ぎなど

ヨーグルトの低温調理に必要最低限グッズ

最低限の道具だけを揃えたいときは、次の3つをゲットしましょう。

そのほかに便利な低温調理グッズがないかを知りたい方は、次の記事が参考になります。

» 参考:ANOVAを使って低温調理を始めるために必要な、調理器具・グッズ・食材のすべて

ヨーグルト作りにオススメの砂糖は?

砂糖のおすすめは、これです。

液体タイプなので牛乳に溶かしやすく、「フラクトオリゴ糖」などと比べて少し硬めのヨーグルトができあがることからよく使っています。

ヨーグルト作りにオススメの牛乳は?

牛乳は「成分無調整」ならなんでもOKです。

使う牛乳によって、ヨーグルトの仕上がりは変わります。

はじめは「できるだけ美味しいヨーグルトを!」と思っていろいろ試しましたが、ヨーグルトを作る頻度が爆発的に上がったためにチリツモに(笑)
結果として、その辺で買えるいちばん安い牛乳に落ち着いています

ヨーグルト作りにおすすめのビンは?

ボルミオリ・ロッコのビンがオススメ。

口が広くヨーグルトを作るとき・食べるときに出し入れがしやすいので、とても扱いやすいです。

R-1ヨーグルトの種類(タイプ)は、どれが良い?→どれでもOK

結論からいうと、お好きなものをチョイスしてしまって構いません。

僕の場合には、なるべく添加物が入っていないと言う理由で「R-1固形タイプ」(つまり普通のタイプ)を使っています。

参考までに、それぞれの種類の成分を比較してみました。

商品名成分
R-1固形タイプ生乳、乳製品、砂糖/
甘味料(ステビア)
R-1固形タイプ
(低脂肪)
生乳、乳製品、砂糖、乳たんぱく質
R-1固形タイプ
(砂糖ゼロ)
生乳、乳製品、
ポリデキストロース、
エリスリトール/甘味料
(スクラロース)
R-1ドリンクタイプ乳製品、ぶどう糖果糖液糖、砂糖
/安定剤(ペクチン)、甘味料
(ステビア)、香料、酸味料
R-1ドリンクタイプ
(低糖・低カロリー)
乳製品、ぶどう糖果糖液糖、砂糖
/安定剤(ペクチン)、甘味料(アスパル
テーム・L—フェニルアラニン化合物、
ステビア)、酸味料、香料

R-1ヨーグルトの「植え継ぎ」はできる?→できます

実際にやって確認してみたところ、「植え継ぎ」は一応できました

ところが、やはり植え継ぎの過程で雑菌が混入するせいか、ヨーグルトは緩くなってしまいます。

「植え継ぎ」をすれば、さらにおトクに増やすこともできるものの、衛生的な面が気になるので我が家では植え継ぎはしなくなりました。
(植え継ぎしなくても十分安いので、安全面をとっているというスタンスです)

これからanovaを買ったら、どれくらいで元が取れる?→約20回目以降

20回ほどR-1ヨーグルトを作れば元が取れる計算です。

簡単な損益分岐のグラフを作成したので、載せておきます。

あとがき:「低温調理器✖︎ヨーグルト」の組み合わせはメリットが大きい

低温調理器とヨーグルトの組み合わせって最強だと思います。

低温調理といえば肉料理ばかりに目が行ってしまいがちですが、こんなにカンタンに増やせることを考えると、ヨーグルト用途だけを考えても、低温調理を導入するメリットは大きい。

実は、我が家でいちばんの低温調理器の出番は今回の「ヨーグルト」です。

日常的に使えるものになっていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

» 人気記事:ANOVAを使って低温調理を始めるために必要な、調理器具・グッズ・食材のすべて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です