失敗なし!低温調理器具「ANOVA」を使って、R-1ヨーグルトを1,000mlに増やす方法

R-1ヨーグルトを増やす

R-1ヨーグルトは明治から発売されているヨーグルトです。
OLL1073R-1乳酸菌が含まれており、これがインフルエンザ、花粉症に効くといわれて大人気になっています。

一個150円くらいするので、毎日買っていると結構な負担です。
そこで便利なのが、低温調理器を使ってR-1を増やす方法。
ヨーグルトメーカーと比べて、失敗なく、簡単に増やせます。
低温調理器をお持ちの方、これから購入予定の方は参考にしてみてください。

注意
今回設定する43℃という温度は、雑菌が繁殖しやすく、栄養素の多い牛乳を使うので衛生管理を徹底してください。
具体的には調理器具は煮沸消毒をすること、食材には手を触れないことです。
そして、R-1ヨーグルトを増やす過程で、OLL1073R-1乳酸菌がもとの平凡な乳酸菌に戻ってしまう可能性もあります。
以上をご理解いただいた上でお試しください。

低温調理器ANOVAを使った、R-1ヨーグルを1,000mlに増やすレシピ

失敗なしで、R-1ヨーグルトを1,000mlに増やす方法をご紹介します。

なぜ失敗なく、R-1ヨーグルトを増やせるのでしょうか?
理由は簡単。
低温調理器なら発酵に最適な温度をキープし続けることができるからです。
これまでの調理器具(フライパンやホットプレート、炊飯器やヨーグルトメーカー)は、温度を一定に保つことはできませんでした。
熱源や、外気の影響を受けて、温度がブレてしまうからです。
その点、低温調理器は温度をほぼ一定に保てます。そのせいか、これまで低温調理器を使って失敗したことがありません。
R-1を作っていてつくづく思いますが、低温調理器は、ヨーグルト作りに最適であるということ。

肉料理もいいですが、まずはR-1ヨーグルトを作ってみてください。
きっと仕上がりに満足して、「低温調理器、買ってよかった…!」と思うこと、間違いなしです。

R-1ヨーグルトを増やすために必要なもの

R-1ヨーグルトを増やすために必要なものは、次の5つです。

必要なもの

低温調理器

ビン

成分無調整牛乳

R-1ヨーグルト

砂糖

低温調理器

R-1ヨーグルトを増やすために必要な道具をまとめると、実はたった2つだけ。

  • 低温調理器ANOVA
  • アスベル キッチンボックス(または、深めのナベ)

その他、低温調理を始めるにあたって必要な道具は、以下の過去記事にまとめてあります。
参考にしてみてください。

ANOVAを使って低温調理を始めるために必要な、調理器具・グッズ・食材のすべて

ビン

ビンは、1リットルくらいの容量がオススメです。
基本的にはなんでもよく、100円ショップのものでも大丈夫です。
ビンも色々試してみましたが、Bormioli Roccoの商品は、口が広くて使いやすかった。

成分無調整牛乳

牛乳は、成分無調整牛乳を用意します。
1,000mlパックだと、大量に作れてオススメです。
牛乳のメーカーによって、ヨーグルトの仕上がりに違いが出ます。いろいろ試してみて、お好みの牛乳を探してみてください。
(僕のオススメは、メグミルクです。)

R-1ヨーグルト

固形タイプなら1個、液体タイプなら1本用意しましょう。
固形・液体、どちらを使っても、仕上がりに大きな違いはありませんので、お好きな方をどうぞ。
僕は、固形タイプを愛用しています。理由は単純、添加物が少ないからです。

砂糖

一般的な砂糖でも大丈夫ですが、北海道てんさいオリゴがオススメです。液状なので混ぜやすく、失敗なくヨーグルトが増やせます。
砂糖の種類によっても、ヨーグルトの仕上がり(かたさ・味など)が変化しますので、こちらもお好みを見つけてみてください。

手順

全ての材料をビンに入れ、低温調理(43℃、10時間)にかけます。
これにより、1,000ml近くのR-1ヨーグルトを作ることができます。

ANOVAの準備と、煮沸消毒

あらかじめ、ビンはを煮沸消毒しておきます。
(消毒により、ヨーグルトの失敗率が下がります。)

そして、低温調理器をセット。
水槽に水を入れ、ANOVAを43 ℃で動かします。

ビンに材料を全部入れて、よく振る

水気がなくなったビンに、「ヨーグルト」「オリゴ糖」「牛乳」を入れて、ビンをよく振ります。

※牛乳は2〜3回に分けて入れると、混ざりやすいです。

43℃で10時間、低温調理する

水槽の温度が43℃に達したことを確認したら、ビンをクビのところまで浸します。

この状態で、10時間キープ。

冷水で冷やし、冷蔵庫で保存する

10時間たったら、冷水で冷やした後、冷蔵庫に保存します。

完成!

しっかりと固まっていることを確認し、完成です!

ANOVAを使ったヨーグルト作りの、Q&A

R-1ヨーグルトの種類(タイプ)は、どれが良い?

R-1ヨーグルトには、大きく「液体タイプ」と「固形タイプ」があります。
さらに、その中に「通常タイプ」「低脂肪タイプ」「砂糖ゼロタイプ」と細分されます。
迷ったら、「通常タイプ」を選べば失敗なく増やすことができます。液体・固体で、大きな違いはありません。

「発酵時間」と「発酵温度」は、どうしたら良い?

発酵温度は、特許に書かれている「43℃」が、オススメです。
発酵時間は、メイトーさんのよくいただくご質問を参考に、「10時間」に設定するとうまくいきました。

「ヨーグルト種菌」の発酵温度は、40℃~45℃、発酵時間は8~10時間程度

メイトー「よくいただくご質問」

R-1ヨーグルトの「植え継ぎ」はできる?

植え継ぎをする中で、雑菌が入ることがあります。そのため、無限に増やし続けることはできないと考えた方がよさそうです。と、いうのも、植え継ぎの回数を重ねると、だんだんヨーグルトが「ゆるく」なってきます。
衛生上から考えても、植え継ぎはしない、またはやっても数回くらいに考えた方がよいと思います。
ちなみに我が家では、植え継ぎはしていません。

低温調理器ANOVAを使うと、どれくらいで元が取れる?

損益分岐点のグラフを作成したところ、20回ほど作ることで元が取れることがわかりました。
ヨーグルトを毎日食べるようなご家庭で、お子さんがいらっしゃる場合などでは、すぐに費用が回収できそうです。

家計の節約にもなりますし、多めに作っておすそ分けにしても喜ばれます。

特許を読み解く

準備中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です