低温調理器を使った温泉卵のレシピ【アレンジレシピつき】

「低温調理器を買ったら、自分好みのカンペキな温泉卵を作りたい!」

そんな方は、0.5度単位で火入れを細かくコントロールできる低温調理が最適で、ひとたび自分好みの食感の温度・時間さえ知ってしまえば失敗なく一定のものを作りことができます。

ただ、一つ問題があって「自分好みの設定に行き着くまでが大変」ということです。

そこで、本記事では自分好みの温度設定・時間を探す際の「アタリ」をつけるお手伝いもできればと思っています。

本記事の内容

  • 低温調理器を使った温泉卵レシピ【基本】
  • 温度・時間ごとの卵の仕上がり【実験】
  • 温泉卵で何作ろう?【アレンジレシピの紹介】

まずは温泉卵の基本レシピをご紹介し、【温度/時間】別の温泉卵の仕上がりをご紹介し、最後にアレンジレシピをご紹介していく流れでいきます。

低温調理器を使った温泉卵レシピ【基本】

低温調理器を使った温泉卵の材料

  • 卵・・・好きなだけ

卵だけあればOKです。

低温調理器を使った温泉卵の作り方の流れ

低温調理器の温度を設定

低温調理器を、目標の温度に設定します。

卵を静かに水槽に沈める

卵はもともと殻で覆われていますから、ジップロックは不要。

割れないように注意しながら、おたまなどを使って静かに沈めていきましょう。

時間が経ったら水槽から取り出し、水で冷やす

これ以上の加熱が進まないよう、水槽から取り出した卵は冷水で冷やします。

温度・時間ごとの卵の仕上がり【実験】

温度・時間ごとの卵の仕上がりを紹介します。

…とその前に、卵がどんな温度で固まるかを知っておくと、どれくらいの温度帯を狙って調理すればいいかの参考になります。

結論は、「60度〜80度の温度帯を攻めろ!」です

  • 卵白が固まり始めるのは60度〜
  • 卵黄が固まり始めるのは65度〜
  • 卵全体が固まる温度は80度

理由は簡単で、この60度〜80度の間で卵のタンパク質が変性して食感が変化するからですね。
では、温度帯ごとにどの程度仕上がりが違うのかを確認していきましょう。

60度

【準備中】

63度

殻を割ってすぐのもの(上段)、箸で一箇所切れ目を入れたもの(下段)
  • 0:30・・・卵黄、卵白ともにトロトロ
  • 1:00・・・黄身の存在感が少しあり、ザ・温泉卵という感じ
  • 1:30・・・黄身、白身のバランス良く、ご飯にのせても
  • 2:00・・・黄身は硬めで粘りのあり、丼などに良さそう

1時間のものと、1時間30分のものはそこまで違いがありませんでした。

逆に、【30分〜1時間】と【1時間30分〜2時間】の間の変化が大きく、2時間のものは黄身が弾力のある固さに仕上がり「全く別物」という感じになります。

緩めの卵がお好きなら、30分のものは良さそうです。

66度

【準備中】

68度

【準備中】

70度

【準備中】

補足:卵に温度と時間を書き込むと分かりやすい

自分で好みの卵の固さを探っていくときには、卵の殻にマッキーで直接書き込むと分かりやすいです。

温泉卵で何作ろう?【アレンジレシピの紹介】

出きあがった温泉卵の使い方に迷ったら、こちらも参考にしてみてください。温泉卵以外のレシピについても一部紹介します。

魯肉飯(ルーローファン)

台湾料理の大定番、魯肉飯は低温調理の卵があればさらに美味しくなります。

味の決め手である五香粉はAmazonでも買えるので、台湾の味が恋しくなったら作ってみてください。

» 参考:GABAN五香粉

材料

  • 豚肉ばらブロック・・・300g
  • 干し椎茸・・・4枚
  • 玉ねぎ・・・1個
  • ニンニク・・・2片
  • ごま油・・・大さじ1
  • パクチー
  • 醤油、酒、砂糖・・・それぞれ大さじ2
  • 五香粉・・・大さじ1
  • 卵(低温調理)・・・1個
卵を低温調理にかける

あなた好みの固さになるように、温度・時間を設定してください。

魯肉飯の具を作る①

鍋にごま油とニンニクを熱して、香りを立てる。

玉ねぎ、豚肉、干し椎茸を加えて、しばらく炒める。

魯肉飯の具を作る

醤油、酒、砂糖、五香粉と椎茸のもどし汁(150ml)を加えて、弱火で20分煮る。

盛り付けて完成

最後にパクチーを添えて、盛り付ければOKです。

スクランブルエッグ

フライパンでは難しいスクランブルエッグも、低温調理器なら簡単です。

材料

  • 卵・・・3個
  • 生クリーム・・・大さじ2
  • 塩・・・1g
  • 胡椒・・・少々
ジップロックに、全ての食材を入れて潰す

材料を全て入れて、手で揉みながら潰します。

77度で15分間、低温調理にかける

77度で15分間、低温調理にかけます。

かなり高温なので、火傷には十分注意してください。

水槽を取り出し、食材を潰して再度5分間低温調理にかける

最後に5分間、低温調理にかけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です