低温調理で使うポリ袋はどれがいい?【ジップロックフリーザーバッグ一択】

  • 低温調理に使うポリ袋の選び方が知りたい
  • おすすめのポリ袋を教えて!

このような疑問にお答えします。

低温調理で使うポリ袋は40~80度ほどのお湯に直接触れるため、あまりに貧弱なものを使ってしまうと破れてしまうことがあります。そのため、ある程度の性能は必要になってくるんですね。

そこで、本記事では次の内容を解説します。

  • 低温調理用ポリ袋の選び方
  • おすすめのポリ袋を紹介

結論からお伝えすると、低温調理用のポリ袋を選ぶポイントは「余裕を持った耐熱温度があるか?」です。より具体的には、100度に耐えられると安心。

もっと細かいポイントについては本文中でご紹介していきますが、とりあえずおすすめのポリ袋が知りたい方はジップロックフリーザーバッグを選べば間違いなしです(耐熱温度は100度と十分 / 便利なジッパー付き)

鶏むね肉1枚程度が入る大きさならMサイズを、ブロック肉などの大きめの食材が多いならLサイズにしましょう。

目次

低温調理で使うポリ袋の選び方

低温調理で使うポリ袋の選び方

ポリ袋選びのポイントは次の3点です。

  • 耐熱・耐冷温度
  • ポリ袋の厚み
  • ジッパーつき

冒頭で説明した通り、最重要なのは耐熱温度です。

とはいえ、もっと楽に低温調理をしたいならその他の条件も割と重要です。参考にしてみてください。

耐熱・耐冷温度

耐熱・耐冷温度は、次のものを満たしていると安心です。

耐冷/耐熱温度の目安
  • 耐熱温度:100度以上
  • 耐冷温度:-20度以下

低温調理で使うポリ袋はお湯に直接触れますので、温度のマックスは水の沸点である100度です。そのため、耐熱温度が100度以上なら安心といえます。

また、低温調理したものを保存しておく予定がある方は耐冷温度にも気をつけておくと良いです。低温調理したものを保存するには氷水で急冷した上で冷凍庫に入れる方法が一般的です。

家庭用の冷凍庫の多くは-20度程度なので、これに耐えられるポリ袋だと安心して冷凍保存もできます。

なお、低温調理したものの保存方法は『家庭料理の大革命 低温真空調理のレシピ −ストック編−』が詳しいです。保存に興味がある方はぜひ。

ポリ袋の厚み

ポリ袋は適度な厚みがあるのが理想です。次のような理由から、厚すぎても薄すぎても良くないです。

耐冷/耐熱温度の目安
  • 厚すぎる:水槽に沈めたときに空気を逃すのが大変
  • 薄すぎる:やぶれやすい

ではどれくらいの厚みが良いかというと、僕の今のところの結論としては0.05mm前後がバランスが良い気がしています。色々試して見て感じた経験則ですが、多くの方も同じ感想を抱くはず。

まずは本記事でおすすめしているポリ袋をお試しいただき、あなた好みの厚みを見つけて行っていただければよろしいかと思います。(おすすめのポリ袋はこちら

ジッパーつき

僕の好みですが、ジッパーが付いている方が低温調理が捗ります。

低温調理界隈ではコスパの高さからワタナベ工業のお料理パックを好んでお使いの方もいらっしゃいますが、僕にとっては空気を逃しにくくて少し面倒に感じてしまいました。

低温調理をはじめたての方はジッパー付きがストレスなく調理できるというのが僕の意見です。

ただし性能的にはお料理パックも十分なので、少しでも節約したい方はチャレンジするのも全然アリです。ウェーロックのクリップとの組み合わせが鉄板。

おすすめのポリ袋は「ジップロックフリーザーバッグ」

おすすめのポリ袋は「ジップロックフリーザーバッグ」

いろいろ試してみて僕が最終的に行き着いたポリ袋は、ジップロックフリーザーバッグです。激推し。

ジップロックの表示
  • 耐熱/耐冷:100度/-70度
  • ジッパー :あり
  • 厚  み :0.06mm

性能的にもまったく問題なしですし、どのポリ袋と比べてもとにかく使いやすいんですよね。

3年ほど使い続けていますが、破れたりといったトラブルは皆無。空気を抜くときもまったくストレスを感じません。

他のポリ袋と比べてしまうとやや高価ではあるものの、使いやすさと安心感を考えれば妥当な価格かなと思って愛用しています。

サイズの選び方

ジップロックには二種類のサイズがあります。

サイズ選びの基準
  • Mサイズ:鶏むね肉が1枚程度
  • Lサイズ:ブロック肉などの大ぶりな食材

よく調理するレシピに合わせて試してみてください。

僕はMサイズ多めLサイズ少なめでストックしています。サラダチキンやカオマンガイなどを作ることが多いので、圧倒的にMサイズの消費量が多いです。

ちなみに業務用Mサイズだと120枚も入っていて全部使い切れるか不安に思う方もいるかもしれませんが、問題なし(?)です。低温調理では食中毒を避けるためポリ袋の再利用は御法度なので、意外とすぐになくなります。

ポリ袋の性能を比較

ジップロック以外のポリ袋も比べてみたい!と思った方向けに、Amazonで手に入るポリ袋をまとめました。

スクロールできます
商品名厚み耐熱(度)耐冷(度)ジッパー
ジップロック0.06mm100-70
お料理パック0.025mm110-30×
U-150.015mm不明-30×
アイラップ0.01mm不明-30×
Amazonで手に入るポリ袋

意外にも耐熱温度が書いているのは「ジップロック」と「お料理パック」の二つだけでした。

先にも触れたワタナベ工業のお料理パックはジッパーがないので、空気を抜くのにやや苦労しました。慣れれば問題ないのかもしれませんが、僕はちょっとパスかなという印象。

…とはいえ、お料理パックを使われている方もいらっしゃるので、ランニングコストを抑える意味で一度試してみても良いと思います。ジップロックに比べると、かなり安く上がります。

まとめ:ポリ袋選びに迷ったらジップロックフリーザーバッグでOK

まとめ:ポリ袋選びに迷ったらジップロックフリーザーバッグでOK

結論として、低温調理用のポリ袋には「耐熱温度100度以上」で選べば大きな問題は起こりません。

より扱いやすさを求める方は次の3点を意識してポリ袋を選ばれると、より快適な低温調理ができることと思います。

ポリ袋を選ぶポイント
  • 耐熱・耐冷温度:-20度~100度
  • ジッパーつき
  • ポリ袋に厚みがある

選ぶのが面倒な方や、使いやすいポリ袋をお探しなら「ジップロックフリーザーバッグ」がおすすめです。

-70~100度に耐えられ、他のポリ袋に比べて厚めの0.06mm。性能的になんの問題もないですし、ジッパー付きで空気を逃しやすいです。

何より、僕が3年以上使い続けているものなので自信を持っておすすめできます

どれにしようか迷ってしまった方は、まずジップロックフリーザーバッグをお試しいただきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる