低温調理で使うポリ袋はどれがいい?【ジップロックフリーザーバッグ一択】

  • ポリ袋の選び方を教えて!
  • おすすめのポリ袋ってある?

このような疑問にお答えします。

低温調理で使うポリ袋は、耐熱性が高くて使いやすいものを選ぶべきです。

本記事ではポリ袋の選び方と、具体的にどのポリ袋がおすすめかをご紹介します。

かろちょあ

先におすすめのポリ袋が知りたい方は、こちらからどうぞ。

目次

低温調理で使うポリ袋の選び方

低温調理で使うポリ袋の選び方

ポリ袋選びのポイントは以下の3点です。

ポリ袋選びのポイント
  • 耐熱・耐冷温度
  • ジッパーつき
  • ポリ袋の厚み

それぞれ、理由とともに解説します。

耐熱・耐冷温度

耐熱耐冷温度の目安は以下の通りです。

耐冷/耐熱温度の目安
  • 耐熱温度:100度以上
  • 耐冷温度:-20度以下

耐熱温度が100度以上の理由は、ポリ袋が触れる水の最高温度(沸点)が100度のためです。商品によっては耐熱温度の表記がなかったり、極端に低い温度だったりするので注意が必要。

また、低温調理したものを保存したい方だけ耐冷温度にも気をつけてください。一般的な調理方法と違って、低温調理したものを保存するときは【急冷→冷凍】するのが大原則。

標準的な冷凍庫は-20度前後なので、-20度以下の温度に耐えられると安心です。

» 参考:低温調理したものを保存(ストック)する方法(準備中)

ジッパーつき

ポリ袋はジッパー付きが便利です。

というのも、ジッパーがついていると空気を抜くのが楽になるからです。ジッパーがついていないと、袋から空気を抜いた直後に口をしばったりクリップで止める必要があります。これが大変。

特に低温調理に慣れないうちは、スムーズに調理ができるジッパー付きをおすすめします。

» 参考:低温調理|ポリ袋の空気を逃して真空状態にする方法(準備中)

かろちょあ

真空パック器があれば解決なんですが、僕は予算の関係で導入してません。

ポリ袋の厚み:できるだけ厚いものを

ポリ袋はできるだけ厚みのあるものものを選びましょう。厚みがあるほど、耐ピンホイール性が高いためです。

耐ピンホイール性とはポリ袋の穴の開きづらさのことで、キズや衝撃があったときにポリ袋が破れるかどうかを左右する重要な指標。

多くのポリ袋には厚みが表記されているので、簡単に比較できます。

おすすめのポリ袋は「ジップロックフリーザーバッグ」

おすすめのポリ袋は「ジップロックフリーザーバッグ」

おすすめのポリ袋は「ジップロックフリーザーバッグ」です
表示をまとめると以下の通り。

ジップロックの表示
  • 耐熱/耐冷:100度/-70度
  • ジッパー :あり
  • 厚  み :0.06mm

ここまで説明してきた条件をすべて満たしており、低温調理用として安心して使えます。

僕としても3年間使ってきてトラブルもなく、使い心地も大満足なので自信を持っておすすめできるポリ袋です。

ポリ袋の性能を比較

Amazonで買えるポリ袋は以下の通りです。ここでは性能を比較してみましょう。

スクロールできます
商品名厚み耐熱(度)耐冷(度)ジッパー
ジップロック0.06mm100-70
お料理パック0.025mm110-30×
U-150.015mm不明-30×
アイラップ0.01mm不明-30×
Amazonで手に入るポリ袋

この中で選択肢に上がってくるのが、「ジップロック」と「お料理パック」の二つです。

たしかに「お料理パック」も低温調理用に使えそうです。実際のところ価格が安く性能も十分なので、低温調理用として使っている方もかなりいらっしゃいます

ところがジッパーがないので、空気を抜くのに手間がかかりました。慣れれば上手くできるのかもしれませんが、僕はちょっとパスかなという感じ。

「U-15」と「アイラップ」はそもそも耐熱温度が不明のため、低温調理用としては不安が残りますね…。

以上より、僕としては「ジップロック」一択だと考えています。

サイズの選び方

ジップロックには二種類のサイズがあります。

サイズ選びの基準
  • Mサイズ:鶏むね肉が1枚程度
  • Lサイズ:ブロック肉などの大ぶりな食材

よく調理するレシピに合わせて試してみてください。

僕の場合はMサイズ多め・Lサイズ少なめにストックしています。サラダチキンやカオマンガイなどを作ることが多いので、圧倒的にMサイズの消費量が多いです。

ちなみにジップロックは結構な枚数が入っていますが、意外とすぐになくなります。低温調理では食材をしっかりと加熱するため、ポリ袋にギチギチに詰めてはいけないためです。

このことは食中毒予防の話にもつながっていきますので、次の記事も合わせて参考にしてみてください。

» 参考:食中毒を防ぐためにやっておくべきこと(準備中)

まとめ:ポリ袋選びに迷ったらジップロックフリーザーバッグでOK

まとめ:ポリ袋選びに迷ったらジップロックフリーザーバッグでOK

最後に、本記事の内容をまとめます。

ポリ袋を選ぶポイントは、次の3点でした。

ポリ袋を選ぶポイント
  • 耐熱・耐冷温度:-20度~100度
  • ジッパーつき
  • ポリ袋に厚みがある

ご自身でポリ袋を選ぶ際には、これらのポイントを睨みつつ選んでみてください。

そんな中、ぼくがおすすめなポリ袋は「ジップロックフリーザーバッグ」です。特徴は以下の通り。

ジップロックがおすすめの理由
  • 耐熱/耐冷温度:-70度~100度
  • 厚みがあって破れづらい
  • ジッパーつきで空気が抜きやすい

3年間使い続けてきてトラブルもなく、とても使いやすいと感じています。ジップロックは定番ですが、本当におすすめ。

なお、ポリ袋以外に必要な道具については別記事をどうぞ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる