低温調理コンテナ(容器・ナベ・水槽)選びのポイントとおすすめの容器【代用品も紹介】

  • 低温調理のコンテナ選びのポイントは?
  • 深いナベを代用できるものってある?
  • コンテナに乗せるフタって必要なのかな。

低温調理歴2年ほどの僕が、このような疑問にお答えします。

湯煎状態にして食材を加熱する低温調理では、水を張るコンテナが必要です。
(コンテナは「なべ」「水槽」「容器」などとも呼ばれます)

コンテナは、台所にある深めのナベでOK!」とよくいわれますが、もっと具体的にどんなものにしたらいいか教えて欲しいところですよね。

結論からお伝えすると、「耐熱温度」「深さ」「容量」の基準で選べば、低温調理用のコンテナを探すことができます。

本記事では以下の内容を解説します。

  • 低温調理のコンテナ選びのポイント
  • 深いナベの代わりに使えるもの
  • コンテナに乗せるフタの必要性

それでは、ひとつづつ確認していきましょう。

検証済みの低温調理器

記事の内容は、僕が使ったことのあるAnova、BONIQ、BONIQ Pro、BONIQ 2.0に適合したものとなっています。

低温調理コンテナ(容器・ナベ・水槽)選びのポイント

低温調理コンテナ(容器・ナベ・水槽)選びのポイント

低温調理に使うコンテナ選びのポイントは、以下の3つです。

  • 100度に耐えられる
  • 最低でも15cm以上の深さ
  • 5〜8リットルが入る大きさ

なぜこれらの条件が必要か、ひとつづつ解説していきます。

100度に耐えられる

水の沸点に耐えられれば良いので、コンテナの耐熱温度は100度以上が必要です。

ほとんどの低温調理レシピは60度台なので、100度も必要ないのでは?」とも思えますが、万が一低温調理器が熱暴走した時を考えて余裕を持ったものにしておくべき。

そのため僕は「最低でも100度に耐えられる」ということを、条件の一つにしています。

最低でも15cm以上の深さ

低温調理器はタテに長いので、コンテナはある程度の深さが必要です。

僕が使ったことのある「Anova」や「BONIQ」では、最低でも15cmほどはあったほうが良いと感じました。

例えばAnovaの仕様は、以下です。

  • 最高水位(MAX):低温調理器の先端から16cmほどの位置
  • 最低水位(MIN) :低温調理器の先端から7cmほどの位置

この条件からすると、15cmほどの深さは欲しいところ。

でも、最低水位ライン(MIN)の深さがあれば調理できるのでは?」と思われるかもですが、それだとキビシイです。

多くの低温調理器は、最低水位ラインを下回ると動作が止まってしまうんです。

低温調理では、調理中に温度が下がってしまうと食中毒リスクが高まります。そのため、水位は最低ラインぎりぎりではなくて、余裕を持った深さが必要というわけです。

このちょうど良い深さが、15cmほどだと考えています。

5〜8リットルが入る大きさ

コンテナに入る水量は、多すぎても少なすぎても良くありません。

  • 水が多すぎ = 温度上昇に時間がかかる
  • 水が少なすぎ = 水温が安定しない

これは僕の経験則ですが、水の容量が5リットルもあれば水温は安定します。

ということで、5〜8リットルが無理なく入る大きさがベストだと考えています。

おすすめのコンテナ:アスベルキッチンボックス

おすすめのコンテナは、アスベルキッチンボックスです。

僕も実際に1年半以上使っており、次のような特徴があります。

  • 耐熱温度:110度
  • 深  さ:17cm
  • 水  量:9.8リットル

本来は水を張るようなものではありませんが、コンテナの条件をすべて満たしていて値段が安いのが良いところ。

コンテナはキッチンにある深めのナベでも代用できますが、低温調理用としてナベがひとつ取られてしまうのは不便なものです

「低温調理用に買い足したい!」という方は、こちらがおすすめです。

2021年4月3日追記:コンテナ替えました

無印良品の「ステンレスアルミ両手鍋」に替えました。

機能的にはアスベルキッチンボックスでも満足でしたが、次のような不満が出てきました。

  • 少し大きい
  • デザイン性

まず、サイズが少し大きくてキッチンのスペースをだいぶ占領していたんですよね。

またプラスチックケースという見た目がキッチンに馴染まない気がしており、よりキッチンに溶け込むデザインを探していたところ、無印の両手鍋に行きつきました。

水量はMAXで5リットル程度とアスベルキッチンボックスに比べるとやや少なめですが、深さもあるのでまったく問題ありません。

スペース節約ができ、キッチン周りがスッキリするのでこちらもおすすめです。

深い鍋がないときに代用できるもの

深い鍋がないときに代用できるもの

ここで低温調理を実践されている方を見渡したところ、次のようなものを使っている方がいらっしゃいました。

  • 寸胴鍋
  • クーラーボックス
  • バケツ
  • ゴミ箱
  • 発泡スチロール

「耐熱温度」「高さ」「容量」の視点で選べば、どんなものでも構いません。

コンテナの断熱性って気にするべき?

「電気代節約」を考えるとコンテナの断熱性が気になるところですが、僕はそこまで気にしなくて良いと考えています。

というのも、断熱性能がほぼゼロのアスベルキッチンボックスで電気代を測ったところ、60度設定で1時間あたり5円ほどだったからです。

断熱なしでこの安さなので、節約できる電気代はたかが知れているかな……と思います。

【実測値を公開】低温調理器の電気代はどれくらい?【ANOVA・BONIQ】

断熱よりも気をつけるべきは、水漏れです

特に発泡スチロールなどを使う場合は、劣化により壊れてしまうこともあります。
電気代よりも、漏水を防ぐ方が先決です。

というわけで、大前提として作りはしっかりとしたものを選ぶべきだと思います。

絶対に失敗しない純正コンテナ

コンテナ選びで絶対に失敗したくないなら、メーカー純正のものを選ぶのがおすすめです。

Anova純正コンテナ

出典:Anova公式ページより

ANOVA純正のコンテナは、「12リットル」と「16リットル」の2種類があります。

楽天市場からも買うことができますが、お値段は高め。

海外からの輸入に抵抗がなければ、断然ANOVA公式サイトからの購入がおすすめです。

» Anova Precision 12L Container

深型キャセロール鍋 直径22cm

深型キャセロール鍋 直径22cm

BONIQ純正のホーロー鍋です。

キッチンに馴染むようなおしゃれなデザインで、プラスチックケースに抵抗があるという方にはおすすめ。

» 深型キャセロール鍋 直径22cm

BONIQ純正コンテナ

出典:BONIQ公式ページより

こちらもBONIQの純正コンテナです。

ぱっと見味気ないデザインですが、別売りの「保温ジャケット」や「保温ルーフ」を組み合わせればいい感じにセッティングできます。

» 参考:「BONIQバルクアップコンテナー」販売ページへ

コンテナにかぶせるフタは不要

コンテナにかぶせるフタは不要

結論からお伝えすると、コンテナにかぶせるフタは不要だと考えています。

フタを使う理由は、次の二つだと思います。

  • コンテナの水の蒸発を防ぐため
  • 電気代節約のため

この両面から、理由を説明します。

コンテナの水は、そこまで蒸発しない

実は、コンテナの水はそこまで蒸発しません。

低温調理で多い60度設定では、たとえ6時間ほど動かしても、「水がどんどん減っていく……」ということはありません。

たしかに野菜などは80度近い高温で調理することはあります。ところが、このような高温で調理する場合は30分などの短時間で調理が終わることがほとんどです。

数日がかりの低温調理など、特殊なシチュエーションでなければフタが必要なほど蒸発することはないと思います。

低温調理器はもともと電気代が安い

低温調理器の電気代は、1時間あたり10円以下です。

たしかに理屈では、フタがある方が温度を保ちやすいというのは分かります。

ですが、1時間あたり数円の節約のためにフタをつけるのは、ちょっと不合理な気がします。

フタについた水滴の処理が面倒

フタをつけてみると気付くのが、「蒸発した水滴がフタにつく」ということです。

フタを外すたびに、いちいち拭き取らないと水滴が床に垂れてしまうのがストレスでした。

また、食材を出し入れするときにフタを開け閉めするのが手間だったり、ポリ袋がクリップで止めにくくなったりと、意外と面倒な思いをします。

結論:フタは不要

手間の割にメリットがあまりないので、僕はフタ不要だと思ってます。

何十時間も加熱し続ける場合はサランラップなどで覆えば良いですし、普段の調理ではフタなしでも不便はありません。

無理してフタを取り付けなくて良いと思います。

低温調理の条件にあったコンテナを使おう

低温調理の条件にあったコンテナを使おう

低温調理で使うコンテナは、次の条件に当てはまっていればなんでもOKです。

  • 耐熱温度が100度以上
  • 最低15cm以上の深さ
  • 5〜8リットルが入る大きさ

ご自宅にある容器で代用してもOKですし、もし新しく低温調理用に用意するなら次のものがおすすめです。

なお、フタはメリットが少ない割に水滴の処理などが面倒なので、不要というのが僕の結論でした。

以上、コンテナ選びの参考にしてみてください。