失敗したくない人のためのBONIQ Proレビュー【デメリットも解説】

この記事では、次のような方に向けてBONIQ Proのレビューをお届けします。

  • BONIQ Proの購入を考えている
  • 実際の使用感、メリット・デメリットを知りたい
  • 他の低温調理器との比較を知りたい
  • 実際、どんな人にオススメ?

今回、幸運にもBONIQ Proの実機をお借りすることができました。

そこでAnova歴2年の僕が、BONIQ Proを使ってた率直な感想をレビューしていきたいと思います。

先に結論を書いてしまうと、家庭用で低温調理器を探しているのであればBONIQ Proではなく普通のBONIQの方がおすすめです。

» 参考:低温調理器BONIQレビュー【BONIQ Proと比較】

その理由などは、本記事で詳しく解説していきます。

失敗したくない人のためのBONIQ Proレビュー【デメリットも解説】

BONIQ Proの低温調理器としてのスペック

ここでは比較対象になりそうなBONIQと、カタログスペックを比較します。

品名BONIQ ProBONIQ
価格29,800円19,800円
製品サイズH315mm / W53mm / D103mm
(ホルダー含む)
H370mm / W60~100mm / W110mm
(ホルダー含む)
【温度範囲】5℃~95℃
(温度誤差:+/- 0.1℃)
5℃~95℃
(温度誤差:+/−1%)
鍋対応容量5〜20L5〜15L
定格電力1200W800W
電源コードの長さ1.5m1.5m
重さ1kg1.2kg
生産国中国中国
保証期間
(保証対象)
購入から1年間
飲食店/一般ユーザー)
購入から1年間
(飲食店不可)
スペックは、BONIQ Proの方がだいぶ上

カタログ値でいうと、BONIQ Proの圧勝ですね。

  • 定格電力の高さ
  • コンパクトなサイズ感
  • 保証範囲を飲食店までカバー

鍋の対応容量の大きさが大きいため、大量の食材を調理する飲食店向けでしょう。

また、”Pro”というだけあって保証対象も飲食店をカバーしています。

BONIQ Proのメリットとデメリット【Anovaと比較しつつ検討】

続いて、BONIQ Proのメリット・デメリットをご紹介していきます。

メリット

  • 水温は正確、そして水温の上昇速度もはやい
  • スリムでスライリッシュなデザイン
  • 2口コンセント直結ができる
  • クリップ式のクランプ、2口の電源アダプタ

メリット①:水温は正確、そして水温の上昇速度もはやい

温度上昇速度を測りましたが、Anovaよりだいぶ早い印象でした。

データ計測が終わりましたら、こちらにまとめたいと思います。

MEMO
水温も測りましたが、設定温度と一致していました。

メリット②:スリムでスタイリッシュなデザイン【高級感あり】

Anovaと比較すると、デザインの良さが引き立ちますね。

キッチンに置いておくだけでサマになる、洗練されたデザインだと思います。

低温調理器といえば、前作のBONIQやAnovaのようにボテっとしたものが多い中、アルミ素材を使い、スリム・スタイリッシュです。

とにかく、カッコいいです。
来客があったときの注目度は、かなり高いはず。

メリット③:クリップ式のクランプ、2口の電源アダプタ

ナベとBONIQ Proの接点に当たる部分は、クリップ式になっています。

BONIQなどのねじ式に比べて格段に外しやすくなっています。

ただし、クリップと低温調理器はスライドで外すことができるので、クリップを外す機会ってあまりないと思います。つまり、クリップをつけたまま、低温調理器を上方向に引っ張ることでBONIQ Proを取り外すことができます。

まぁ、外しやすいに越したことはないので、嬉しいポイントではあります。

また、電源アダプタは安心の日本式の2口タイプ。

BONIQのロゴマークが入っていて、こういう細かい点は日本向け製品ならではといった感じですね。

デメリット

  • アプリの使い勝手が悪い
  • タイマー時間が経過すると、加熱が止まる

デメリット①:アプリの使い勝手が悪い

温度設定などができる、BONIQ Proアプリの使い勝手がイマイチでした

僕はiPhone8にインストールしましたが、基本的な操作ではアプリの動作がややもっさり感じられことに加えて、もう一つ不満点がありました。

それが、BONIQ Proの電源を抜くと、Wi-Fiの同期が切れるという仕様。

「そんなに電源プラグを抜き差ししない」という方には不要かもしれませんが、僕はちょいちょいプラグを抜くことがあるので、これには困りました。

電源プラグを抜いた後にアプリを使おうとすると、再度Wi-Fiのパスワードを要求されます。これが結構長い文字列なので、入れるのが大変なんですよね…

動きがもっさりしているのは、僕のiPhoneが原因の可能性もありますので、アプリの動作が気になる方は「App Store」や「Google Play」などでダウンロードして確認してみましょう。

BONIQ remote

BONIQ remote

HAYAMA SHACHU, K.K.無料posted withアプリーチ

デメリット②:タイマー時間が経過すると、加熱が止まる

タイマーの設定時間になると低温調理器がストップします。

この点が一番気になった点で、調理時間経過後にすぐ食べられない場合に問題があるかなと思いました。

つまり、低温調理器が止まってしまうと水温が下がり、それから食べるまでの間に食中毒リスクが上がってしまうと考えられるからです。
例えば、低温調理器をセットして外出した場合、思いがけず帰りが遅くなってしまうと…ちょっと不安を感じる仕様です。

ちなみに説明書にもその旨明記されていたので、仕様のようです。

対策としては、本体の設定画面から加熱時間をマックスの99時間に設定しておくなどが考えられますが、ちょっと面倒な気がします。

(Proでない方の)BONIQなら、そのようなこともなかったので、非常に惜しい仕様だなと思いました。

» 参考:低温調理器BONIQレビュー【BONIQ Proと比較】

BONIQ Proのよくある疑問

ちゃんと調理できるかわからない。レシピが不安。

BONIQ Proのパッケージの中にはプチレシピ本が入っていますのでこちらを使って調理しても良さそうです。

ただし、付属のレシピ本はレシピ数が少ないのでより本格的に調理するならばBONIQ公式レシピサイトなどを参照すると良いと思います。
動画などでも解説されているので、わかりやすいのではないかと思います。

このほかにも、市販のレシピ本なども参考にすればレシピの幅は広がります。
例えば川上文代さんの低温調理本は、サクッと代表的なレシピを掴むには最適です。

» 参考:低温真空調理のレシピ

どんな鍋を使ったらいい?

ナベもBONIQで揃えたい、という方はBONIQ Pro公式サイトに販売されています。

ただ、あまりナベにこだわらないという方は家にあるパスタ鍋などの深めのものならば問題ないと思います。

僕は、いつもAnovaで使っているアスベルキッチンボックスを使いましたが、深さなど全く問題なく使うことができました。

» 参考:低温調理器ANOVAの鍋(水槽)の選び方【サイズ、深さ、特徴を解説】

まとめ+申し込み方法【わかりやすく解説】

BONIQ Proはパワーあり、外観も洗練されていますが、飲食店向けの印象でした。
確かにスペックは高い方がいい、という面もあるのですが操作性やタイマーなどでややクセもあるため、一般家庭で使うのならBONIQがおすすめです。

» 参考:低温調理器BONIQレビュー【BONIQ Proと比較】

BONIQ Proは飲食店向けの保証もついていることから考えると、その名の通りプロ向けを意識して作られた製品かもしれません。

最後に、BONIQ Proの購入方法を解説します。

公式サイトにアクセスします。

» 参考:BONIQ Pro公式サイト
  / 送料無料 \

ページの半分くらい下にいくと、BONIQ Proがあります。

「コスモブラック/ノーブルシルバー」のいずれかをの色を選択して、「今すぐ購入」をクリック。
その後は、配送先住所などを入力していけばOKです。

なお、AmazonなどでもBONIQ Proが売られていることもありますが、やや価格が高かったり、偽物が届く可能性もないとは言いきれないので、公式サイトからの購入が無難かなぁと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です