失敗したくない人のためのBONIQ Proレビュー【デメリットも解説】

  • BONIQ Proの購入を考えている
  • 実際の使用感、メリット・デメリットを知りたい
  • 普通のBONIQとProの違いは?
  • Proはどんな人におすすめ?

このような疑問にお答えしていきます。

低温調理器は、実際に使ってみないと使用感などわからないことも多いです。

そのため買おうとしている低温調理器のレビューを、可能な限り見ておくべき。

僕はAnova使用歴2年ほどで、BONIQとBONIQ Proを数週間使った経験があります。

そこで、この記事では以下の内容をお伝えしていきます。

  • BONIQとの比較
  • BONIQ Proを使ってわかったメリット・デメリット
  • BONIQ Proのよくある疑問
  • BONIQ Proの購入方法

BONIQ Proは外観が良く、業務用途への保証などのメリットがあります。

ですが、家庭用途で使うのであれば、普通のBONIQの方がおすすめです。
Proだと、操作性やタイマーの仕様にややクセがあるからです。

» 参考:低温調理器BONIQレビュー【BONIQ Proと比較】

普通のBONIQについては、上の解説記事も合わせてご覧ください。

失敗したくない人のためのBONIQ Proレビュー【デメリットも解説】

BONIQ Proの低温調理器としてのスペック

普通の「BONIQ」と「BONIQ Pro」のカタログスペックを比較します。

品名BONIQ ProBONIQ
価格29,800円19,800円
製品サイズH315mm / W53mm / D103mm
(ホルダー含む)
H370mm / W60~100mm / W110mm
(ホルダー含む)
【温度範囲】5℃~95℃
(温度誤差:+/- 0.1℃)
5℃~95℃
(温度誤差:+/−1%)
鍋対応容量5〜20L5〜15L
定格電力1200W800W
電源コードの長さ1.5m1.5m
重さ1kg1.2kg
生産国中国中国
保証期間
(保証対象)
購入から1年間
飲食店/一般ユーザー)
購入から1年間
(飲食店不可)
スペックは、BONIQ Proの方がだいぶ上

カタログ値でいうと、BONIQ Proの圧勝。

  • 定格電力の高さ
  • コンパクトなサイズ感
  • 保証範囲を飲食店までカバー

鍋の対応容量の大きさが大きいため、大量の食材を調理する飲食店向けでしょう。

また、”Pro”というだけあって保証対象も飲食店をカバーしています。

BONIQ Proのメリットとデメリット【Anovaと比較しつつ検討】

続いて、BONIQ Proのメリット・デメリットを確認していきましょう。

メリット

  • スリムでスライリッシュなデザイン
  • 2口コンセント直結ができる
  • クリップ式のクランプ、2口の電源アダプタ

メリット①:スリムでスタイリッシュなデザイン【高級感あり】

Anovaと比較すると、デザインの良さが引き立ちますね。

キッチンに置いておくだけでサマになる、洗練されたデザインだと思います。

低温調理器といえばボテっとしたものが多いですが、アルミ素材でスリム・スタイリッシュ。
とにかく、カッコいいです。

来客があったときの注目度は、かなり高いはず。

メリット②:クリップ式のクランプ、2口の電源アダプタ

ナベとBONIQ Proの接点は、クリップ式です。

BONIQなどのねじ式に比べて格段に外しやすくなっています。

また、電源アダプタは安心の日本式の2口タイプ。

BONIQのロゴマークが入っており、こういう細かいギミックは日本向け製品ならではといった感じ。
海外製品では、こういった細工がされていることは少ないです。

デメリット

  • アプリの使い勝手が悪い
  • タイマー時間が経過すると、加熱が止まる

デメリット①:アプリの使い勝手が悪い

アプリの使い勝手が、あまりよくありませんでした。

  • BONIQ Proの電源を抜くと、同期設定が切れる
  • 動作がもっさりしている(環境:iPhone8)

低温調理器本体の電源プラグを抜くと、アプリとの同期が切れます。

これがかなり面倒で、再設定にはWi-Fiのパスワードを入れねばなりません。

アプリのアップデートで解消されれば良いのですが・・・。

確かに業務用途では、あまり電源の抜き差しをすることはないかもしれません。

でも、家庭用途で使っていると電源を抜き差しすることって、ままあるんですよね。

低温調理器は水槽でスペースをとるので、ずっと出しっぱなしにするご家庭も少ないはず。

タッチパネルの温度設定がやや面倒なのでアプリで…となりそうですが、こうなるとアプリも使いづらい。

そして、アプリがややもっさりです。

僕の端末が原因かもしれませんので、一度ご自身の端末でのテストをオススメします。

操作感も、ちょっと古風なアプリっぽいUIであまり好きになれませんでした。

BONIQ remote

BONIQ remote

HAYAMA SHACHU, K.K.無料posted withアプリーチ

デメリット②:タイマー時間が経過すると、加熱が止まる

タイマーで設定した時間を過ぎると、低温調理器がストップします。

他のANOVAや普通のBONIQではタイマーの設定時間を過ぎても動き続けます。

「何が問題なの?」と思う方も多いかもしれません。

低温調理では、調理後、なるべく早く食卓に出すのがセオリーです。

食材の温度が下がってしまうと、菌が再繁殖してしまうことがあるためです。

そうすると、仮に出勤前に低温調理器をセットし、残業などでタイマーで設定した時刻に間に合わなかったら・・・ちょっと不安を感じました。

ちなみに、説明書は「仕様である」と表記されていました。

対策としては、本体の設定画面から加熱時間をマックスの99時間に設定しておくなどが考えられますが、ちょっと面倒な気がします。

(Proでない方の)BONIQなら、そのようなこともなかったので、非常に惜しい仕様だなと思いました。

MEMO
業務用途で使うことを考えると、厨房から離れることもないでしょうから、仕様として問題ないのかもしれません。

BONIQ Proのよくある疑問

ちゃんと調理できるかわからない。レシピが不安。

BONIQ Proには「プチレシピ本」が入っています。

さらに「BONIQ公式レシピサイト」では、膨大な数のレシピが紹介されています。

このほかにも、「低温調理に役立つレシピ本」で紹介した書籍を参考にする手も。

MEMO
低温調理本に迷ったら、川上文代さんの『低温真空調理のレシピ』は代表的な低温調理のレシピがシンプルな構成で紹介されており、オススメです。

どんな鍋を使ったらいい?

BONIQ専用の鍋は「BONIQ Pro公式サイト」で販売されています。

たしかにBONIQで揃えるとオシャレになりそうです。

ただ、「これでないといけない」というわけではありません。

僕はBONIQ Pro用に「低温調理器ANOVAの鍋(水槽)の選び方」で紹介した「アスベルキッチンボックス」を使いましたが、まったく問題なしでした。

まとめ+申し込み方法【わかりやすく解説】

BONIQ Proはハイパワーで外観も洗練されていますが、飲食店向けの印象です。

スペックに余裕がある方がいいのは間違いありませんが、「操作性」や「タイマーの仕様」でクセもあります。

そのため、個人的な意見としては一般家庭なら普通のBONIQがおすすめです。

» 参考:低温調理器BONIQレビュー【BONIQ Proと比較】

普通のBONIQについては、上の記事で解説しました。

BONIQ Proは飲食店向けの保証もついていることから考えると、その名の通りプロ向けを意識して作られた製品かもしれません。

最後に、BONIQ Proの購入方法を解説します。

BONIQ Pro公式サイト」にアクセスします。

ページの半分くらい下にいくと、BONIQ Proがあります。

「コスモブラック/ノーブルシルバー」のいずれかをの色を選択して、「今すぐ購入」をクリック。
その後は、配送先住所などを入力していけばOKです。

なお、AmazonなどでもBONIQ Proが売られていることもありますが、やや価格が高かったり、保証を受けられない場合があるようなので、公式サイトからの購入が無難かなぁと思います。

みなさんの商品選びの一助になれば、幸いです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です