\ 楽天スーパーセール開催中! /

【実機レビュー】低温調理器BONIQ 2.0|おしゃれな低温調理器ならこれ!

  • URLをコピーしました!
  • BONIQ 2.0の特徴が知りたい!
  • 操作感ってどうかな?
  • BONIQ Proと迷っている…

国産の低温調理器メーカーといえばBONIQが有名ですよね。
これの最新機種であるBONIQ2.0をお借りできましたので、本記事では実機レビューをしていきます。

僕は普段Anovaを使っており、過去4種類ほどの低温調理器を使ったことがあります。それらの経験も踏まえてお伝えできればと思います。

BONIQ2.0の特徴をざっとまとめると次の通り。

BONIQ 2.0の特徴
  • おしゃれ:スリム / コンパクト / 高級感あり。キッチンになじむ。
  • ハイパワー:コンパクトなのに水量15リットルまで対応。
  • 1年間保証:公式ショップからの購入で1年間保証

BONIQ関連の記事を見渡すと大絶賛の記事がよく見つかりますが、僕はBONIQが完全無欠の低温調理器だとは思っていません。

というのも、Wi-Fiや基本仕様で使いづらい部分があるからです。この点も本記事ではできるだけ詳しく解説します。

なお、BONIQ Proとの比較でどちらにしようか迷っているならBONIQ 2.0を強くおすすめします。

たしかにBONIQ Proのスペックは素晴らしいのですが、どう考えても家庭用としてはオーバースペック。(もともとプロ用なので当然なのですが)
家庭で使うならBONIQ2.0で十分すぎるスペックがあるので、後悔はないはずです。

BONIQ2.0の概要と実機レビュー

BONIQ2.0は次のような方におすすめです。

BONIQ 2.0がおすすめな人
  • デザインにはこだわりたい!
  • 遠隔操作(Wi-Fi)を使う予定がない
  • 日本の低温調理器メーカーから選びたい

ここに当てはまらない方は、BONIQ2.0にこだわらずに別の低温調理器も検討してみるのもアリです。

冒頭でも説明した通り、BONIQ2.0は決して完璧な低温調理器ではありません。条件が合わなければ、他から探すという手もあります。

ここからはBONIQ 2.0を触って感じたことを一つずつ解説していきます。

高いデザイン性

BONIQ 2.0を語る上で外せないのが、やっぱり高いデザイン性です。

  • スリムでコンパクト
  • キッチンに置いても圧迫感がない
  • 省スペースで収納できる

本体はとてもコンパクトで、キッチンに設置しても圧迫感を感じにくくなっています。

いまだに格安の低温調理器の中には大きすぎたりメカニカルなデザインでキッチンで浮いてしまうものもありますが、BONIQ 2.0ならおしゃれに決まりました。

スティック状なので収納も困りません。

お湯の加熱スピードも満足できるレベル

出力はスタンダードな1000Wを採用しています。

一般家庭で使う分には何不自由ないレベルで、旧式の低温調理器と比べるとかなり加熱スピードは早くなっています。

以下は、25度から65度の加熱にかかった時間を旧型Anova(800W)と比較したものです。

項目BONIQ 2.0Anova
加熱スピード8分26秒20分19秒
かろちょあ実測

なんと加熱時間は半分以下!正直ここまで差が出るとは思っていなかった…。

旧型Anovaは僕が普段から使っているものですが、加熱時間に不満はありませんでした。一度このスピードを体験してしまうと、買い替えも考えてしまいます(笑)

塗装も高級感あり

ボディの塗装が少し心配だったのですが、ちゃんと高級感がありました。

というのも、前作のアルミ製からBONIQ 2.0では樹脂製に変更になったんですね。
金属製から樹脂製への変更と聞いたときには「安っぽくなるのでは?」と不安もありましたが、むしろ高級感を感じるほどの仕上がり。

僕が使ってみたのはホワイトでしたが、塗装がしっかりしているせいか安っぽさは一切感じませんでした。

Wi-Fi目当てならやめておいた方が無難

Wi-Fiで低温調理器を遠隔操作ををしたい方は、BONIQ以外から選んだ方が良いです。

理由は以下の通り。

Wi-Fiが使えない理由
  • 本体の電源を抜くと設定がリセットされる
  • アプリの操作性が悪い

致命的なのが、本体の電源を抜くとWi-Fiの設定がリセットされる点です。

遠隔操作のためには、Wi-Fiのパスワードを入れる必要があります。ところが、BONIQ 2.0本体の電源プラグを抜いてしまうと、苦労して設定したWi-Fiパスワードがリセットされてしまいます。これは結構ストレス。

また、アプリの操作画面は操作しにくく、「遠隔操作をガンガンしていこう!」という方にはかなりキツい仕様だと感じました。

タイマー時間が経過すると止まる

少し残念に感じたのが、このタイマー時間を経過すると加熱が止まることです。

低温調理では、食中毒防止の観点から食べる直前まで加熱しておくのがセオリー。そう考えると、次のような場合に不都合があります。

  1. 外出前に低温調理器をセット
  2. 帰宅時間が予定より遅れる
  3. 低温調理器が止まり、食材がダメに

というわけで、個人的にはタイマー時間が過ぎても加熱を続けてくれる仕様だといいなぁと思っています。この点、Anovaはタイマーに関係なく動作を続けます。

なお、これを回避するにはBONIQ 2.0のタイマー設定を「99時間00分」にする方法があります。僕のように帰宅時間がぶれる方は、この方法が使えると思いました。

【比較】BONIQ 2.0とProってどちらを選ぶべき?

左がPro | 右が2.0

BONIQ Proと2.0は見た目は同じでスペック違いなので、どちらを選ぶべきかで迷っている方は多くいらっしゃるのではと思います。

まずはどの程度スペックが違うのかを表にまとめました。

項目BONIQ 2.0BONIQ Pro
湯煎容量5L〜15L5L〜20L
消費電力1000W1200W
外装素材樹脂成形フルアルミ
価格22,000円(税込)32,780円(税込)
保証1年保証(家庭のみ)1年保証(飲食店可)
出典:BONIQ公式サイト

どちらを選ぶかは、BONIQ Proに、追加で1万円を支払う価値があるかどうか?というのがポイントになります。

つまり、以下の機能に1万円の価値があるかどうかということですね。

  • 大量調理をするか
  • 飲食店向けの保証は必要か
  • アルミ製ボディにこだわるか

大量調理をするか

まずBONIQ Proが対応している20リットルという容量は、かなりの水量です。

参考までに、僕が使っている9.8リットルのコンテナがこちら。

アスベルキッチンボックスに設置

これでもかなりの大きさで、4人分くらいなら余裕で調理できる容量です。

20リットルといえばこの2倍の容量なので、家庭用としては明らかにオーバースペックだと思います。

大人数のパーティーをよくやる方などはBONIQ Proにする意味があると思いますが、僕のように家族の分だけを調理するだけの用途ならBONIQ 2.0で十分です。

一方で九局まで加熱時間を減らしたいならBONIQ Proを選ぶのもありだと思います。
事実としてBONIQ Proの加熱速度は爆速です

比較項目BONIQ 2.0BONIQ Pro
加熱速度8分26秒6分28秒
かろちょあ実測

とはいえ、これだけの加熱性能が家庭用低温調理器に必要かといえば疑問かなと思います。

飲食店向けの保証は必要か

BONIQ Proと2.0は製品保証の範囲が異なります。

機種名保証範囲
BONIQ Pro飲食店・家庭
BONIQ 2.0家庭

飲食店での利用ならProを使うのも一つの手だと思います。

一方で家庭用で使うなら、飲食店向けの保証分も価格に上乗せされていることは頭に入れておいた方がよさそうです。

アルミ製ボディにこだわるか

BONIQ Proはアルミ製だけあって、鈍い輝きと触った時のヒヤッとした高級感を感じました。

ただし、BONIQ Proは調理後にカルキのような白いものが付着してしまいました。

BONIQ 2.0の方は樹脂製だからかカルキのようなものが付着することもありませんでした。先にもお伝えした通り、塗装がとても綺麗なのでチープさはまったく感じませんでした。

結論として、家庭用として使うならBONIQ 2.0で十分です。
業務用で大量調理する方はBONIQ Proも視野に入れてみて良いと良いと思います。

【簡単】BONIQ 2.0の操作方法

BONIQ 2.0の操作方法はとても簡単です。

STEP
コンテナにBONIQ 2.0をセット

まずは、BONIQ 2.0をコンテナにセットしましょう。

クリップ式なので簡単に脱着できます。

STEP
温度設定する

「+/ー」ボタンを押して設定温度を決めたら、赤く光っている「スタート」ボタンを押します。

すると、BONIQ 2.0がコンテナ内の水をかき混ぜながら加熱してくれます。

STEP
ポリ袋を入れる

食材を入れたポリ袋を沈めて、洗濯バサミなどで固定しましょう。

あとは加熱時間を待てば完成です。

普段の調理でやることはこれだけです。手順は簡単なので、誰でもすぐにスタートできますよ。

まとめ:ブランドとデザインで選ぶならやっぱりBONIQ

【日本の代表的な低温調理器=BONIQ】というイメージがあるように、かなり売れている低温調理器だけあって魅力の多い低温調理器だと感じました。

BONIQ 2.0のおすすめポイント
  • キッチンに溶け込むデザイン
  • 樹脂製にもかかわらず高級感もあり
  • 加熱速度なども十分

一方でWi-Fi機能やタイマー機能で残念な点もありましたので、購入する際にはこれらを差し引いて考えてみることをおすすめします。

購入の際には、Amazonで出品者が「BONIQ Online Shop」であることを確認して購入してください。

なお、Amazonなどから購入する際には、出品者が「BONIQ Online Shop」であることを確認しましょう。

確実に保証を受けるためにも確認してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると喜びます!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Pythonを使った開発が得意なプログラマー。
過去には物販業界、士業業界、医療業界、飲食業界の業務効率化ツールを多数制作してまいりました。
趣味は低温調理とロシア武術のシステマ。

コメント

コメントする