【実測値を公開】低温調理器の電気代はどれくらい?【ANOVA・BONIQ】

  • 低温調理って電気代が高そう…
  • 電気代の実測値が知りたい

このような疑問にお答えします。

低温調理器は長時間つけっぱなしです。そこで気になるのが、「どれくらい電気代がかかるのか?」ということですよね。

本記事では、手元にある低温調理器を使って電気代を実測。

結論からお伝えすると、どの低温調理器も1時間あたり10円を超えることはありませんでした

かろちょあ

代表的な低温調理器、AnovaとBONIQを使って実測しました。

目次

【低温調理器の電気代】計測環境と計測結果

【激安】低温調理器の電気代はどれくらい?【実測値を公開】

まず、今回の計測環境からご紹介します。

計測環境

いつも調理するのと同じような環境です。


計測にあたっては、実際に低温調理器を使う場面を想定。次の2パターンで計測を行いました。

  • 30度→設定温度に加熱:予熱の電気代を想定
  • 設定温度を1時間保温:調理中を想定

それぞれ、計測結果を確認していきましょう。

予熱時の電気代【30度→設定温度】

30度から設定温度まで加熱した場合は以下の通りです。(縦軸は設定温度)

機種名40度60度80度
ANOVA
(800W)
1.26円4.62円9.24円
ANOVA
(1000W)
1.26円4.20円8.61円
BONIQ 2.0
(1000W)
1.05円4.20円7.35円
BONIQ Pro
(1200W)
1.26円4.41円6.30円
30度から設定温度まで加熱した時の電気代

80度というやや高めの温度設定では、10円近い電気代がかかりました

とはいえ、ここまでの高温で調理する場合には短い時間で加熱する場合がほとんど。調理1回あたりの電気代は、そこまで高額になりません。

かろちょあ

予熱で約10円と考えていれば間違いなし。

保温時の電気代【設定温度60分キープ】

設定温度を60分キープした場合の電気代が以下となります。

機種名40度60度80度
ANOVA
(800W)
0.63円2.73円6.72円
ANOVA
(1000W)
0.63円2.73円6.72円
BONIQ 2.0
(1000W)
0.63円1.89円5.67円
BONIQ Pro
(1200W)
0.63円1.89円4.41円
設定温度を保った場合を計測(1時間あたり)

予熱よりも保温の方が少ないパワーで済むため、電気代は安くおさえられました。

かろちょあ

予熱の50%~70%ほどのパワーで済みます。

まとめ:低温調理の電気代は安い

実験の結果、低温調理器の電気代は安いことがわかりました。

  • 予熱は高くても10円ほど
  • 保温時は高くとも1時間あたり7円ほど

中でも「BONIQ Pro」などの出力の高い低温調理器ほど、電気代は安くなる傾向にあります。

これから低温調理器を選ぶ方は、次の記事も参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる