低温調理とは?の疑問にお答えします

  • 「低温調理」と聞いてまったくイメージがわかない
  • なんとなくハードルが高い印象がある

低温調理のイメージがまったく湧かない方向けの記事です。

最近では家庭でも低温調理が普及してきましたが、「なんとなくハードルが高い……」と感じている方も多いのではないでしょうか?

実は、低温調理でやっていることは「ただの湯煎」です。手順を理解してしまえば、そこまで難しいものでもありません。

本記事では、低温調理歴2年ほどの僕が、調理手順の写真で交えて「低温調理とはどんな調理方法なのか?」「低温調理でできる料理」を解説します。

目次

【保存版】低温調理とは?【代表的なできることも解説】

出典:Anova公式

まずは、実際の調理風景を見てみましょう。

ここでは「低温調理はどんな調理方法なのか?」というイメージを掴んでみてください。

低温調理の手順を実演

実際の調理の流れは以下の通りです。

低温調理の手順
  1. 低温調理器をコンテナにセット
  2. コンテナに水をはる
  3. 予熱する
  4. ポリ袋に入れた食材を湯煎

それぞれの手順を一つずつ解説します。

STEP
コンテナに低温調理器をセット

まず、低温調理器をコンテナにセットします。

写真のようにネジでとめるものもあれば、クリップで挟むタイプもあります。

STEP
コンテナに水をはる

低温調理器に刻まれた「Max」と「Min」マークの間まで水をはりましょう。

「Min」マークを下回ると低温調理器が止まってしまうので、「Max」のちょっと下まで水を張るのがポイントです。

STEP
低温調理器で温度設定をしてスタート

低温調理器で温度を設定した後、スタートボタンを押します。

すると、低温調理器が水をかき混ぜながら加熱してくれます。

設定温度に達するまで待ちましょう。

STEP
食材をポリ袋に入れる

加熱したい食材をポリ袋に入れます。

この際に、できるだけ空気を抜いておくのがポイントです。

真空パック機を使わずに空気を抜く方法は、次の記事をどうぞ。

» 参考:真空パック機なしでポリ袋の空気を抜く方法(準備中)

STEP
ポリ袋をコンテナにしずめる

食材をつめたジップロックをコンテナにしずめましょう。

洗濯バサミなどで固定しておくと、ポリ袋が動かなくて便利です。

手順としては、たったこれだけです。

つまり、水の温度を間接的に食材に伝えて加熱する調理方法ということができます。

低温調理の特徴

ここからは、あえて低温調理をする理由を説明します。

つまり、低温調理の特徴ですね。少し変わった調理方法なので扱いが難しかったりしますが、使い所がわかれば応用範囲が広いです。

火を使わないので安全

手順でご覧いただいた通り熱源は「加熱コイル」なので、火を使わないのが特徴です。

そのため、低温調理をしながら外出できますし、火事の心配もありません

この特徴があるので、例えば朝の出勤前に低温調理器をセットしておけば、帰宅したときには夕食が一品完成しています。

夜の帰宅途中に「今晩のご飯はどうしよう…」と心に残しながら帰ることもなくなります。

1度単位で加熱温度を選べる

他の調理法ではあり得ないことですが、1度単位で加熱温度が決められます。

このような細かい温度設定ができると、次のようなメリットがあります。

細かい加熱温度が設定できるメリット
  • お肉料理がおいしくなる
  • 発酵食品作りがカンタン

ここでは詳しい解説を省きますが、安いお肉であっても柔らかく・ジューシーに調理できます。

例えば、ちょっと焼いただけでパサついてしまう鶏むね肉も、低温調理にかかれば水分を飛ばさずにうま味をとじこめながら調理できます。

来客の時に低温調理した鶏むね肉をお出ししたときは、「本当にムネ肉!?」とよく驚かれます。

» 参考:低温調理でお肉が柔らかくなる仕組み(準備中)

また、デリケートな温度設定が必要な発酵食品作りも簡単にできるのも大きな特徴です。

調理手間がかからない

実は、低温調理だと手間がほとんどかかりません。

低温調理で必要な手順
  • コンテナに水をはる
  • ポリ袋に食材を入れる
  • 低温調理器をONにする

やあることはこれくらいのもので、朝の忙しい時間帯でもササっと夕飯の支度ができます。

【低温調理=大変】というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、誤解です。

食材を真空状態にする

ポリ袋に食材を入れるときには、できるだけ空気を抜いて真空状態にします。

真空にする理由は、次の通りです。

真空にする理由
  • ポリ袋が浮くのを防ぐ
  • 加熱ムラを防ぐ
  • 食材の水分や栄養素の流出を防ぐ
  • 食材に味を染み込みやすくする

低温調理ならではの「味や水分を逃さない」という特徴は、真空にすることによって得られるものです。

「真空」といっても真空パック機などの大掛かりなものは必要なく、簡単な方法で真空状態にできます。

» 参考:真空パック機なしで真空にする方法(準備中)

ややシビアな衛生管理が要求される

「低温で加熱する」という特徴があるので、衛生管理などの面でしっかりやる必要があります。

基本的な注意点をあげると、次の通りです。

衛生面のチェックポイント
  1. 手や調理器具を清潔に保つ
  2. 新鮮な食材を使う
  3. ポリ袋をケチらない
  4. 加熱温度・時間は信頼できるデータを
  5. 保存する場合は急冷

特に気をつけたいのが「④ 加熱温度・時間」です。

食中毒菌を殺菌するためにも、低温調理器メーカーなどが公表している加熱時間表を確認しましょう。

» 参考:BONIQ低温調理 加熱時間基準表

食中毒にならないための知識は、低温調理器メーカーBONIQのサイトが詳しいです。

» 低温調理のルール 〜6つのポイント〜BONIQ(ボニーク)公式低温調理レシピサイト

まとめ:【低温調理=湯煎】やっていることは難しくありません

まとめ:低温調理=湯煎

これまでみてきた通り、低温調理でやっていることは「湯煎」です。

温度を一定にするのは低温調理器がすべて引き受けてくれるので、あなたがやることはほとんどありません。

加熱温度や時間についても、BONIQなどから「加熱時間表」が公表されているので、調理で迷うことはほとんどないはず。

「よし、低温調理を始めてみよう!」と感じた方は、次のページを参考に道具を揃えてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる