低温調理に使えるコンテナ(容器・鍋・水槽)の条件【深さ、特徴を解説】

  • 低温調理のコンテナってどんなものがいい?
  • 深い鍋がないんだけど、代用できるものってある?
  • コンテナにかぶせるフタって必要?

このような疑問にお答えします。

「コンテナ」は、水を張っておく水槽のようなものです。
「容器」や「鍋」などと呼ばれたりもします。

はじめはコンテナ選びを難しく考えてしまいがちですが、雑に言ってしまうと「なんでもOK」です。とはいえ、いくつか気をつけるポイントもあるので丁寧に解説していきます。

なお、僕の低温調理歴は2年ほどで3種類ほどの低温調理器を使った経験があります。

これから低温調理を始める際の参考になれば嬉しいです。

注意
本記事のコンテナの条件(特に「深さ」)はAnova Bluetoothモデルの場合のもので解説しました。
大体の低温調理器は本記事の条件で大丈夫かと思いますが、買おうと思っている低温調理器のスペックは一度目を通していただけると安心かと思います。

低温調理に使えるコンテナ(容器・鍋)の条件【深さ、特徴を解説】

低温調理のコンテナで気をつけるべきポイントは、以下です。

  • 耐熱温度
  • 深  さ
  • 水  量

耐熱温度:100度以上

耐熱温度としては「100度に耐えられるか」を基準に選びましょう。

コンテナには水を張ることになりますが、水の沸点は100度。つまり、水の沸点以上に温度が上がることはないので、100度に耐えられればコンテナとしては合格です。

深さ:少なくとも15cmは欲しい

コンテナの深さは、少なくとも15cmは欲しいところです。

僕が使っている低温調理器のAnovaでは、本体の先端から水量MAXのラインまで15cmほどです。最低ラインのMINまでは●●cmほどですが、低温調理ではコンテナの水が蒸発して水の量が減ってしまうので余裕を見ておいたほうがいいです。

低温調理器は、水の量がMINのライン以下になると動作が止まるものが多いです。
その場合は食材の温度が下がり、食材をダメにしてしまう恐れもあります。

欲を言えば、15cmよりも少し深めのものがいいかもしれません。

水量:10リットルくらいが良い

経験則ですが、水量は10リットルくらいがいいと思います。

低温調理器の処理能力によって上限が違いますが、例えばAnovaは4-5ガロン(約19リットル)とされています。
商品説明に、「最大〇〇リットルまで」と書かれていますので、そこをチェックしてみましょう。

ちなみに、水量が少ないと早く温度が上がりますが、水温の安定性は落ちます。
そのため、ある程度の水量はあったほうが良いです。

水が多すぎても、温度が上がりにくくなってしまいますので、10リットルくらいがちょうどいいのではないかと思ってます。

MEMO
急いで温度を上げたいときは、ヤカンでお湯を沸騰させてコンテナに加えると良いです。

深い鍋がない時に代用できるもの

深い鍋がない時に代用できるもの

「耐熱温度」「深さ」「水量」の3つに気をつければ、何を選んでもOKです。

  • 寸胴鍋
  • プラスチックケース
  • クーラーボックス
  • バケツ
  • ゴミ箱
  • 発泡スチロール
  • フードコンテナ

このあたりが、よく低温調理でコンテナとして代用されるものです。

よくコンテナの断熱性能が高いほうが電気代が節約できると言われますが、あまり気にしなくてもいいと思います。
というのも、ただのプラスチックケースで電気代を測定してみたところ60度設定で、だいたい5円ほど。

断熱性能のあるコンテナなら、もう少し節約できるのかもしれませんが、5円程度ならあまり神経質にならなくてもいいかと思います。

それよりも、劣化した発泡スチロールによる水漏れの方が気をつけたほうがいい気がしてます。

低温調理では、かなりの量の水を使うので、これが床に漏れると一大事。
作りがしっかりものを選びましょう。

補足!:コンテナのフタは、基本不要

コンテナにするフタは、基本的には不要だと思います。

  • お湯の温度をできるだけ保つため
  • コンテナの水の蒸発を防ぐため

フタをする理由は、このあたりです。

ところが、これってお湯の量が極端に少なくなければ、問題にならないと思います。
実際、僕も長いこと低温調理をしてきてフタの必要性を感じたことはありません。

「でも、野菜とかシロップとかの80度を超えるときはどんどん蒸発しちゃうんじゃ?」という疑問もあると思います。
でも、そのような高温の調理では、そこまで長い時間低温調理にかけることは珍しいので、これも問題なしです。

電気代も、1時間あたり5円程度のものなので「フタをつけて電気代節約!」と意気込む必要もないと思ってます。

また、フタにはデメリットもあります。

  • 食材の取り出しのたびにフタを外さないけない
  • フタについた水滴の処理が面倒

というわけで、僕はフタは不要だと考えてます。

おすすめはアスベルキッチンボックス

おすすめはアスベルキッチンボックス

僕が今のところ行き着いたコンテナは、「アスベルキッチンボックス」です。

パスタ鍋や圧力鍋、バケツなどと、色々試してみましたが、これが一番よかった。

  • 深さは17cm
  • 水量は9.8リットル
  • 耐熱温度は110度

余裕のスペックですね。

ついでに言うと、低温調理器とコンテナをつなぐクランプの設置も簡単です。

水量も9.8リットルあるので、水温のブレもありません。四角いので、置き場所を選ばないのもポイント。

「身の回りにちょうどいいコンテナがない」という方は、候補として考えてみても良いかもしれません。

まとめ:耐熱温度・深さ・水量の条件に合うものを選ぼう

まとめ:耐熱温度・深さ・水量の条件に合うものを選ぼう

低温調理のコンテナの条件をおさらいしましょう。

  • 耐熱温度:100度以上
  • 深  さ:最低でも15cm以上
  • 水  量:10リットル程度のもの

ご家庭にあるもので探せば、この条件を満たすものは何かしらあると思います。
深めのナベやバケツなどですね。

コンテナにかぶせるフタについては、水量が十分にあれば不要だと思います。電気代もそんなに高くないですし、フタをつけたところで大差ないかな?というのが僕の意見。

もしこれから新調するのなら、「アスベル キッチンボックス 9.8L」がおすすめです。
低温調理のコンテナに必要な条件が、バランスよく揃っています。

ぜひ、コンテナ選びの参考にしてみてください。

人気記事【失敗なし】低温調理器具「ANOVA」を使って、R-1ヨーグルトを1,000mlに増やす方法

人気記事ANOVAを使って低温調理を始めるために必要な、調理器具・グッズ・食材のすべて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です