低温調理用の鍋(水槽)に迷っている人へのアドバイス【サイズ、深さ、特徴を解説】

anova bluetoothモデルに使える鍋(水槽)を探している方向け。

  • anova用の鍋って、どんなものを買ったらいい?
  • うちのキッチンにある鍋はanovaに使える?
  • anovaにピッタリの鍋の条件って?

低温調理歴2年ほどの僕が、anova用の鍋(水槽)を解説します。

結論から言うと…これから鍋を買う方には、アスベルキッチンボックスがおすすめ。

理由は、ここから丁寧に解説していきます。

なお、低温調理でなにを揃えていいか分からない方は、こちらの記事もおすすめ。

» 参考:ANOVAを使って低温調理を始めるために必要な、調理器具・グッズ・食材のすべて

低温調理器anovaに使える鍋の条件

anova用の鍋は、3つの条件を満たせばOKです。

低温調理器anova用の鍋の条件

  • ①深さ:15cm以上
  • ②水量:19リットル以下
  • ③耐熱:100℃に耐える

①深さ:15cm以上

深さは、15cm以上は欲しいところ。

水位の最低ラインからすると10cmでもいけそうではありますが…
ギリギリだと、蒸発によって水位の最低ラインを下回ると低温調理器が止まってしまいます。

注意
鍋の水が最低水位を切ると、「ピーーー」と音が鳴り続けます。
anovaは動作を止め、水温はどんどん下がっていきます。

安全に調理する、という意味でもある程度余裕をもった水位は必要と考えるべきです。

例えば野菜の低温調理では、anova公式の推奨温度が84℃。
いくら鍋にフタをしても、蒸発を防ぎ切ることができません。

また、anova公式の推奨深さが20cmという言及をされている方もいらっしゃいましたが、情報ソースを見つけることができませんでした…
(どなたかソースが分かる方いらっしゃいましたら、教えてください)

深いに越したことはないとは思いますが、深さを気にしすぎると使える鍋の選択肢も狭くなります。
僕の場合には、15cmほどの鍋でなに不自由なく調理できちゃってます。

ムリに20cm以上のもの、と考えなくていいと思います。

②水量:19リットル以下

水の量は19リットル以下にします。

4-5 gallon capacity

anovaパッケージより

パッケージによると、4〜5ガロンまでの水量に対応しているとのこと。
5ガロンは、約19リットル(正確には18.9271リットル)です。

あまりにも多い水量では、anovaの処理能力が追いつかないためでしょう。

③耐熱:100℃に耐える

3番目の条件は、100℃に耐えられることです。

Temperature Range
99℃ maximum
25℃ minimum

anova bluetoothパッケージより

低温調理では水槽の水を通して食材を加熱するので、どんなに高温になったとしても水の沸点である100℃を超えることはありません。

もし100℃に耐えられない鍋を使った場合には、鍋が壊れて水が漏れてしまいます。
鍋のチョイスを間違えて漏水…なんてことになったら悲惨です。

必ず、耐熱温度は確認するようにしましょう。

できれば使わない方がいい鍋

上で紹介した条件を満たさないものは、使わない方がいいです。

具体的な例をあげます。

低温調理器anova用としてNGな鍋

  • NGな鍋①:発泡スチロールの容器
  • NGな鍋②:耐熱温度の表記がないもの

NGな鍋①:発泡スチロールの容器

魚屋さんなどでもらえる発泡スチロールの容器はやめておいた方がいいです。

保温性の点からいうと、普通の鍋よりも優れていますが強度に難ありです。
衝撃や、長期間の使用でだんだんと摩耗してしまう恐れがありますから、あまり手を出さない方がいいかと思います。

この容器を使おうという方は、低温調理器の電気代を気にされてのことだと思います。
が、低温調理器の電気代はめちゃくちゃ安いです。

» 参考:低温調理にかかる電気代

これくらいの電気代をケチるために、危険を犯すのはバカバカしいかも。

NGな鍋②:耐熱温度の表記がないもの

耐熱温度の表記がない鍋はやめておきましょう。

発泡スチロールの容器と同じ理由で、破損リスクがあるからです。
鍋の破損は、漏水につながりますから、極力安全な方法をとるのが第一です。

結論:anova用の鍋には、アスベルキッチンボックスがおすすめ

anova用の鍋には、アスベルキッチンボックスがおすすめです。

アスベルキッチンボックスがおすすめな理由

  • 理由①:深さ約17cm
  • 理由②:水量9.8リットル
  • 理由③:耐熱温度110℃

これまで説明してきた条件、すべてを満たします。

さらにオススメポイントを挙げるとするならば、「安い」ということです。

迷っている方には、迷いなくこれをオススメします。

» 人気記事:【失敗なし】低温調理器具「ANOVA」を使って、R-1ヨーグルトを1,000mlに増やす方法

» 人気記事:ANOVAを使って低温調理を始めるために必要な、調理器具・グッズ・食材のすべて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です