低温調理用の鍋(水槽)に迷っている人へのアドバイス【サイズ、深さ、特徴を解説】

「低温調理器を買おう!」と思ったとき、鍋(水槽)をどうしようか迷う人も多いのではないでしょうか?

  • うちにある鍋で大丈夫だろうか?
  • 新しく買うとしたら、どんなものがいい?
  • 鍋(水槽)の条件って?

そんな疑問に応えるべく、ANOVA Bluetoothモデル向けの鍋(水槽)について書きました。

アスベルキッチンボックスが最強

結論、これから買うなら「アスベルキッチンボックス9.8L」が良いと思います。

実際に僕も使っています。

僕の考えるANOVA用の鍋(水槽)の条件は3つです。

アスベルキッチンボックスがおすすめな理由

  • 理由①:深さ約17cm
  • 理由②:水量9.8リットル
  • 理由③:耐熱温度110℃

理由①:深さ約17cm

鍋(水槽)の深さは、15cm以上は欲しいところですが、アスベルキッチンボックスは余裕の高さ17cm。

水位の最低ラインからすると10cmくらいのようですが、水が蒸発することを考えると15cmくらいは欲しいところ。

水位の最低ラインを下回ると低温調理器が止まってしまいます。

例えば野菜の低温調理では、anova公式の推奨温度が84℃。
いくら鍋にフタをしても、蒸発を防ぎ切ることができません。

また、anova公式の推奨深さが20cmという言及をされている方もいらっしゃいましたが、情報ソースを見つけることができませんでした。

確かに、深いことに越したことはないとは思いますが、深さを気にしすぎると使える鍋の選択肢も狭くなります。

実際に僕の場合には、15cmほどの鍋でなに不自由なく調理できちゃってます。

ムリに20cm以上のもの、と考えなくていいと思います。

注意
鍋の水が最低水位を切ると、「ピーーー」と音が鳴り続けます。
anovaは動作を止め、水温はどんどん下がっていきます。

理由②:水量9.8リットル

アスベルキッチンボックスの水量は、9.8リットルです。

4-5 gallon capacity

anovaパッケージより

ANOVAのパッケージによると、5ガロン(約19リットル)までの水量に対応しているとのこと。

あまりにも多い水量では、anovaの処理能力が追いつかないためでしょう。

この条件も、クリアです。

理由③:耐熱温度110℃

3番目の条件は、100℃に耐えられることです。

Temperature Range
99℃ maximum
25℃ minimum

anova bluetoothパッケージより

低温調理では水槽の水を通して食材を加熱するので、どんなに高温になったとしても水の沸点である100℃を超えることはありません。

もし100℃に耐えられない鍋を使った場合には、鍋が壊れて水が漏れてしまいます。
鍋のチョイスを間違えて漏水…なんてことになったら悲惨です。

アスベルキッチンボックスなら、この点もクリアです。

できれば使わない方がいい鍋

上で紹介した条件を満たさないものは、使わない方がいいです。

具体的な例をあげます。

低温調理器anova用としてNGな鍋

  • NGな鍋①:発泡スチロールの容器
  • NGな鍋②:耐熱温度の表記がないもの

NGな鍋①:発泡スチロールの容器

魚屋さんなどでもらえる発泡スチロールの容器はやめておいた方がいいです。

保温性の点からいうと、普通の鍋よりも優れていますが強度に難ありです。
衝撃や、長期間の使用でだんだんと摩耗してしまう恐れがありますから、あまり手を出さない方がいいかと思います。

この容器を使おうという方は、低温調理器の電気代を気にされてのことだと思います。
が、低温調理器の電気代はめちゃくちゃ安いです。

» 参考:低温調理にかかる電気代

これくらいの電気代をケチるために、危険を犯すのはバカバカしいかも。

NGな鍋②:耐熱温度の表記がないもの

耐熱温度の表記がない鍋はやめておきましょう。

発泡スチロールの容器と同じ理由で、破損リスクがあるからです。
鍋の破損は、漏水につながりますから、極力安全な方法をとるのが第一です。

低温調理の人気記事

低温調理でR-1ヨーグルトを増やす記事と、低温調理に必要な道具まとめはよく読まれています。

よろしければ、こちらもぜひ覗いてみてください。

» 人気記事:【失敗なし】低温調理器具「ANOVA」を使って、R-1ヨーグルトを1,000mlに増やす方法

» 人気記事:ANOVAを使って低温調理を始めるために必要な、調理器具・グッズ・食材のすべて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です