【BootCamp】MacでWindows10を動かす方法【BigSur】

  • URLをコピーしました!

macOSしか持っていないと、Windowsでしか動かないソフトが使えず不便に感じることが多いですよね。

特に最近のリモートワークの増加でプライベートPCで仕事をしなければならない場合には、macOSだと何かと不便を感じるシチュエーションが増えてきます。

とはいえWindowsPCを一台新調するのも気が引ける…という場合におすすめしたいのがmacOSにWindowsをインストールできるBootCampという機能です。
※ 僕は会社に経費として認められて持ち出しなしで導入できました。

Windows OSのライセンス代として2万円弱ほどかかりますが、会社に経費として認められればタダでWindows環境が構築できちゃいます。

本記事では次の内容を解説します。

本記事の内容
  • BootCampを使ったWindowsのインストール方法
  • WindowsとMacの切り替え方法
  • Windowsの削除方法

PCが苦手な方でもできるように、できるだけ丁寧に画像付きでご説明します。

なお、今回使った環境はMac OS BigSurを使いました。

今回の方法はM1チップ搭載のmacOSでは対応していません
対応OSの調べ方はこの後すぐに解説します。

【BootCamp】MacでWindows10を動かす方法【BigSur】

まずはお使いのMacがBootCampに対応しているかを確認するため、まずは「このMacについて」を見にいきましょう。

ここでは赤で囲った部分(チップの種類)を確認してください。

「リンゴのマーク」をクリック > 「このMacについて」

上記では「Intel Core i7」とあるのでIntel製だということがわかりました。ここで「Apple M1」などとある場合にはBootCampには対応していないことになります。

続いて、OSがBootCampに対応しているかを確認しましょう。下記の中にお使いのOSがあればBootCampの構築ができます。

対応OS
  • MacBook (2015 年以降発売のモデル)
  • MacBook Air (2012 年以降発売のモデル)
  • MacBook Pro (2012 年以降発売のモデル)
  • Mac mini (2012 年以降発売のモデル)
  • iMac (2012 年以降発売のモデル)
  • iMac Pro (全モデル)
  • Mac Pro (2013 年以降発売のモデル)

お使いのMacがBootCampに対応していることがわかったら次のステップに進んでください。

Windows10 OSのインストール準備

Windows OS導入までの流れは次のとおりです。

Windows環境構築までの流れ
  • BootCampが使えるかを確認する
  • Windows10 OSのインストール準備
  • Windows10 OSをインストールする
  • Windows10 OSの初期設定

最初にWindows OSの購入からはじめていきましょう。

1. Windows OSを購入する

Windows OSは有料なので、Amazonからシリアル番号を買ってきます。
※Windowsを使える権利を買うような感じです

値段は購入時期によっても変わりますが、僕は18,000円ほどで買いました。

▼ まずはこちらからAmazonの販売ページに行きます。
» Microsoft Windows 10 Home April 2018 Update適用 32bit/64bit

「オンラインコード版」「HOME」を選択

ここでは「オンラインコード版」「Home」を選択すればOKです。

プランの違い
  • オンラインコード版:すぐにWindowsを利用開始できる
  • Home:普通にExcelやWordなどの作業をするだけならHomeで十分

オンラインコード版を購入すると、以下のようなメールが送られてきます。

赤で囲った「PCソフトダウンロードライブラリ」をクリックします。

するとAmazonのページに移動し、上のようにProduct Keyが表示されます。

メールが見当たらない方は、次の方法でもProduct Keyにアクセスできます。

Amazonトップページ「アカウント&リスト」→「アカウントサービス」  →「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」

後ほど使うので、紙などにメモしておきましょう。

2. Officeのライセンスを契約

※Office不要ならここはスキップしてください。

WordやExcelなどを使う予定の方は、Officeのライセンス契約をしておきましょう。

月額1,000円程度でOfficeのすべての機能が使えるOffice365がおすすめです。

Office365では1ユーザーあたり5つのPCでインストールできるので、これを契約しておけばMacとWindowsの両方でOfficeが使えます。

» Microsoft Office 365

Pythonでwin32comを使ったExcel操作をする場合にはOfficeのインストールが必須です。

Windows10 OSをダウンロードする

Windows OSのライセンスが取得できたので、OSのデータをダウンロードしてきましょう。
手順は次の通りです。

ダウンロードまでの流れ
  1. Microsoftのページにアクセス
  2. エディションの選択
  3. 言語の選択
  4. ダウンロード

1. Microsoftのページにアクセス

まずはMicrosoft OSのダウンロードページに移動します。

▼ こちらのページです。
» 参考:Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

▲ このような画面が表示されればOKです。

2. エディションの選択

エディションは「Windows10」を選択します。

言語は「日本語」を選びます。

3. ダウンロード

2種類ありますが、「64-bit ダウンロード」を選びましょう。

データが大きく、かなり時間がかかると思うので気長に待ちましょう。

通常は「ダウンロードフォルダ」に保存されるはずです。

ファイルサイズがかなり大きいので安定したネット環境でダウンロードしましょう。

Windows10 OSをインストールする

いよいよMacにWindows OSをインストールしましょう。

インストールの流れ
  • BootCampアシスタントの起動
  • ISOファイルの読み込みとパーテーション設定

1. 「BootCamp アシスタント」の起動

「Command + Space」でスポットライトを呼び出して「bootcamp」と入力します。

「Boot Campアシスタント」を選択しましょう。

すると、以下の画面が表示されるはずです。

「続ける」をクリックします。

2. ISOファイルの読み込みとパーテーション設定

続いて、先ほどダウンロードしたISOファイルの読み込みます。

下図の赤で囲った部分をクリックしましょう。

するとWindows 10のファイルを選択する画面が開きます。

ダウンロードフォルダより、先ほどダウンロードしたISOファイルを開きます。

こちらを選択して「開く」をクリックしましょう。

続いて、パーテーションの設定です。

パーテーションとは、「MacとWindowsの保存容量の振り分け方」のことです。

写真のMacとWindowsの間にある「●」を左右にドラッグすることで、どちらにどれだけの容量を割り当てるかを決められます。

僕はプライベートでMacを使っているので、Mac多め・Windows少なめにしました。

最後に「インストール」をクリックしましょう。

Macでの作業はこれでひとまず終わりです。

Windows10 OSの初期設定

インストールが終わると、Windowsのセットアップ画面が表示されます。

次のような流れで初期設定を進めましょう。

初期設定の流れ
  • 言語・キーボードなどの設定
  • プロダクトキーの入力
  • インストールの種類の選択
  • インストール場所の選択

1. 言語・キーボードなどの設定

ここでは特に変更する場所はないので、「次へ」をクリックします。

2. プロダクトキーの入力

先ほどAmazonで購入したWindows10のプロダクトキーを入力します。

ハイフン(-)は自動で入力されるので、英数字だけの入力で大丈夫です。

プロダクトキーの入力が終わったら「次へ」をクリックしましょう。

「同意します」にチェックを入れて、「次へ」をクリックしましょう。

するとインストールが進行します。

この後は、一般的なWindowsの設定画面に切り替わります。

「今すぐ再起動」をクリックして再起動させましょう。

それが終わると、次のようなWindowsのホーム画面が表示されます。

「次へ」をクリックします。

「使用許諾契約書に同意します」にチェックを入れて「インストール」をクリック。

インストールが進みます。

最後に完了をクリックして再起動すれば、作業は終わりです。

画面で説明すると長く感じるかもですが、実際に作業してみるとかなり簡単でした。

WindowsとMacの切り替え方法

WindowsとMacを切り替える方法を次の2パターンで解説します。

WindowsとMacの切り替え
  • MacからWindowsに切り替える方法
  • WindowsからMacに切り替える方法

1. MacからWindowsに切り替える方法

リンゴのマーク→「システム環境設定…」をクリック

まずは、右上端にあるリンゴのマークをクリックし、「システム環境設定…」をクリックしましょう。「起動ディスク」を選択

右下あたりにある「起動ディスク」をクリックしましょう。鍵のアイコンをクリック

このままではロックがかかっているので、左下にある鍵のマークをクリックします。

指紋認証で、変更の許可をしましょう。

BootCampを選択する

これでWindowsを起動する準備ができました。

左側にある「BOOTCAMP Windows」をクリックしましょう。

「再起動」ボタンをクリックしましょう。

再起動後に、Windowsが起動できます。

2. WindowsからMacに切り替える方法

右下バーの「∧」マーク(赤で囲った部分)をクリックします。

Boot Campをクリックする

すると上方向にメニューが表示されます。

ひし形の記号がBootCampです。これをクリックしましょう。

「macOSで再起動」を選択

さらに「macOSで再起動」を選択しましょう。

再起動後、Macの画面に切り替わります。

BootCampでインストールしたWindowsの削除方法

BootCampでインストールしたWindowsの削除方法をご紹介します。

作業はかなり簡単で、流れとしては以下の通りです。

WindowsとMacの切り替え方法
  • BootCampアシスタントを起動
  • 画面の指示に従っていく

Boot Campアシスタントを起動

「Command」を押したまま「Space」を押して、スポットライトを呼び出します。

「bootcamp」と入力し、「Boot Campアシスタント」を選択しましょう。

画面の指示に従っていく

「Boot Campアシスタント」が起動すると、以下のような画面が表示されます。

「続ける」をクリックしましょう。

「復元」をクリックしましょう。

「Touch ID」または「パスワード」が求められます。

指紋認証をするか、「パスワードを使用…」をクリックしてMacのパスワードを入力しましょう。

パスワード認証が終わると、Windowsの削除が進みます。

完全に削除されるまで、しばらく待ちましょう。

削除が完了すると、「パーテーションが削除されました」というコメントが表示されます。

これでお使いのMacからWindowsが削除されました。

補足:WindowsとMacのキーボード対応関係について

BootCampを使うと気がつくのが「Windowsキーとかがない」など、キーボード周りの対応関係がよくわからないことです。

MacとWindowsのよく使うキーの対応関係を以下にまとめます。

MacWindows
「Command」「Windows」
「Option」「Alt」
「Return」「Enter」
「Delete」「BackSpace」
「キャプスロック(caps)」「半角/全角」
「かな」「ひらがな」
「英数」「無変換」
「Shift + CapsLock」「CapsLock」
Windows・Mac対応表

まとめ

BootCampを使えば簡単にWindowsを導入できます。

手順をおさらいしましょう。

MacにWindowsをインストールする流れ
  • Windowsを購入(必要に応じてOfficeも)
  • BootCampを起動し、①をインストール

ざっくりいうと、この2ステップで完了します。

実際にやってみるとかなりカンタンに導入できるので、迷っている方はぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると喜びます!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Pythonを使ってプログラムを書くお仕事をしています。
業務自動化プログラムの作成が得意で、物販のお仕事をされている方や士業事務所様に業務効率化のツールをご提供させていただいております。
現在自力でWebサービスを作れるようになるべくDjangoを学習中。
お仕事のご相談はお気軽にご連絡ください。

コメント

コメントする