建蔽率(けんぺいりつ)をわかりやすく解説【不動産用語】

この記事では、不動産用語である建蔽率(けんぺいりつ)を解説します。

建蔽率(けんぺいりつ)とは?

建蔽率とは簡単にいうと、その土地の面積の何パーセント分を使えるか?を表すものです。

不動産は、さまざまな規制がかかっているので必ずしも自由に使うことができません。その制限の一つが、今回説明する建蔽率です。

100㎡の土地の例

例えば、100㎡の土地があったとします。

この土地の建蔽率が100%の場合には、土地面積ギリギリの100㎡分までの建物を建てることができます。

建蔽率が80%の場合には、100㎡✖️80%=80㎡までの建物が建てられることになります。

まずは、これくらいの認識でOKです。

その土地を「使える面積」って何?

土地の面積は、「登記記録証明書」というものを調べればすぐにわかります。

ところが、「その土地を使える面積」って何?と思った方も多いのではないでしょうか?

結論をいうと、その面積は「建築面積」のことを言います。

建築面積とは、「建物の真上から光を当てた時のカゲになった部分」と思っておけば、だいたいのイメージとしては大丈夫です。

一般的に建物は、1階部分が広く、2階部分が狭くなっているので、建築面積というとだいたいは1階部分の面積を指すことが多いです。

MEMO
補足をすると、軒、ひさし、はね出し縁で1m以上突き出している時には、その先端から1m交代した線から内側が、建築面積に含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です