入眠に効果バツグンなUvexのオレンジサングラス”S1933X”

これまで睡眠のためにしてきた中でも、トップクラスで効果を感じているのが今回紹介するオレンジのサングラスです。

とにかく睡眠の質が一気に上がるので、お悩みの方は試して欲しい。

この記事の内容

  • ブルーライトのコントロール方法
  • オレンジのサングラスの感想
  • 他のブルーライトカットレンズとの比較

朝のブルーライトは善、夜のブルーライトは悪

ブルーライトは、浴びる時間帯によって影響が変わります。

  • 朝のブルーライト=善
  • 夜のブルーライト=悪

ブルーライトとは?

ブルーライトとは人が目に見ることのできる「可視光線」で、波長が380~500nmの青色光のことです。
可視光線の中では、最もエネルギーが強いといわれています。

他の色の光と違って、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達し、近年、人間の体内時計と密接な関係があるのでは?といわれています。

なぜブルーライトを防ぐ必要があるの?

意外ですが、ブルーライトは太陽光にも含まれており、人間の体内時計の維持に必要不可欠なものなのです。

太陽のリズム通りにブルーライトを浴びると、体内時計はうまいこと調整されますが、自然界にないはずの夜にブルーライトを浴びると、カラダが日中と勘違いして体内時計が崩れてしまうそうです。

ところが、現代では夜もスマホやテレビ、シーリングライトなど、ブルーライトを浴びっぱなしで体内時計が狂ってしまいます。

これをどうにか防げば、体内時計がうまいことリセットされて睡眠の質が改善するのではないか、というのがブルーライトカットグラスということになっています。

ブルーライトを防ぐ方法

ブルーライトを防ぐ方法には、大きく2つあります。

ブルーライトを防ぐ方法

  • オレンジのサングラス
  • 部屋の電球を赤色にする

手軽・安上がりなのは、今回紹介するオレンジのサングラスをかける方法。
肌から吸収されるブルーライトは防げませんが、とりあえず目からの吸収は防げます。

その他には、「部屋の電気を赤色に変える」やiPhoneなどの「Night Shiftモードを使用する」などと、特定の光源をコントロールするものがあります。
ところが、この場合には他のブルーライトの発生源が増えた途端に効果がガクッと落ちます。

よって、かけるだけという手軽・安上がりなサングラスをオススメします。

オレンジのサングラスUvex S1933Xの効果

研究論文では、高価なサングラスを使っているケースもあるようです。
ところが、結局のところオレンジのレンズであればなんでもいいみたいです。
そこで僕が選んだのがUvex社製の、S1933Xというサングラス。

海外のAmazonでは、睡眠用のガジェットとして結構有名みたいです。
(本来は、睡眠用ではない)

使ってみた感想:横になったらすぐに「スヤァ…」

だいぶオレンジ色に傾きます。

S1933Xの欠点

  • 度なしで、視力矯正はできない
  • フィット感イマイチでずり落ちやすい
  • 視界がかなりオレンジ

欠点もありますので、先に指摘しておきます。
それは、度なしであること、ややずり落ちてくること、視界がオレンジになってしまうことです。
僕は、すぐに慣れたのでそこまで問題にしていないです。

買う前からこれらの欠点は知っていましたが、値段が安いのでダメ元で買った、という経緯もあったり。

S1933Xの良かった点

  • 入眠は大幅な改善
  • かけるとだんだん眠くなる
  • 一応サイズ調整も可能

まずは、肝心の睡眠についてです。
もともと僕は、そこまで入眠については悩んでいませんでした。
ところが、このS1933Xを寝る前にかけた場合には、布団に横になると「スヤァ…」と一気に眠りに落ちます
体感で、明らかに入眠までの時間が短くなっています。

そして、夜にパソコンやスマホなどのガジェットを使った時の「目が冴えていく感じ」が圧倒的に減りました。
そして、目の疲れもだいぶ楽です。

4段階のサイズ調整機能

また、サイズ調整機能もあります。
左右それぞれツルの長さを4段階で調節ができるようになっています。
調整をするときには、ツルを押し込んだり引っ張ったりします。
多少ずり落ちてきますが、この調整を使えば使えるレベルにはおさまります。

他のブルーライトカットメガネとの比較

一般的なブルーライトカットメガネと比べると、かなりの違いがあります。

まず、レンズの色。
一般的なブルーライトカットレンズは、普段使いを想定して(若干青みがかってはいますが)ほぼ透明のレンズになっていることが多いです。
一方のS1933Xでは、明らかにオレンジ色です。
例えるならば、スキーをする人みたいな感じです。これで外を出歩くのはかなりキツイでしょう。

睡眠効果の方は、S1933Xの圧勝です。
僕が作ったブルーライト対応メガネでは、正直効果はあまり感じられませんでした。
比べてS1933Xでは、歴然とした効果が感じられます。
まず、かけているだけでだんだんと眠くなってきますし、そのあと布団に入ったら、一瞬で寝入ってしまいます。
ブルーライトカットレンズをメガネに入れるくらいなら、S1933Xを寝る前にかけた方がよっぽどコストパフォーマンスもいいし、オススメです。
生活の質が、大幅に改善します。

エビデンス:メラトニンレベル上昇、睡眠の質と時間が改善

ブルーライトに関する論文の結論は、だいたい次の2つです。

結論

  • メラトニンレベルの上昇
  • 睡眠の質、時間の改善

メラトニンは、睡眠を誘発するホルモンの一種です。
おおむね、睡眠が改善されたという結果が多かった。

夜にアンバーのレンズを使うと、コントロールグループと比べて睡眠の質と、気分の質が優位に改善した。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20030543

ゴーグルを着用した場合は、コンピュータモニターを使った場合と比べて、メラトニンの量が多かった。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21552190

夜間の遮光メガネの使用は、主観的な睡眠の質、客観的に測定されるメラトニン量、睡眠時間を増加させた。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/opo.12385

まとめ:少しでも睡眠改善したいなら検討してもいいかも

少しでも睡眠を改善したい、と思った方は検討してもいいかもしれません。
僕のような、そこまで睡眠に悩んでいない人でも、もしかしたら「睡眠の質の伸びしろ」があるかも。

人生の30%は睡眠です。
気になった方は、ぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です