【2021年度版】体調管理のためにやってきて良かったこと・悪かったこと

このエントリーは体調管理のためにぼくがやってきたことをまとめたものです。

これまで書籍やネット上の情報を頼りに、あらゆる「健康に良い」とされることを実践してきました。今でも実践を続けています。

これらについて、やってみた感想や実測データなどをなどを公開していくものです。

「もっと普段のパフォーマンスを上げたい!」という方には参考になるはずです。

目次

体調管理のためにやってきて良かったこと

睡眠対策|カフェイン断ち

睡眠の改善に効果があったのが、カフェイン断ちです。ぼくの場合は大好きだったコーヒーをやめました

カフェイン断ちをする前のぼくは、1日にだいたい5杯ほどのコーヒーを飲んでいました。コーヒーは100ml当たり40~60mg程度含んでいると言われているので、少なく見積もっても300mgほどのカフェインを日常的に摂取していたことになります

これだけの量のカフェインを摂取していると、決まって朝方の3時くらいにトイレで目覚めてしまうのが日常茶飯事。

それが、コーヒーの摂取をやめて数日すると「ストンと眠りに落ちて、気がついたら朝!」という劇的な変化を感じました。これに味をしめてからは、少しでもカフェインを取らないように緑茶やチョコレートも極力摂らないようにしています。

なお『睡眠こそ最強の解決策である』によると、カフェインの影響は次のように指摘されています。

カフェインの影響
  1. 睡眠負債がどんどん増え、慢性的な睡眠不足
  2. 肝臓がカフェインを分解した後、エネルギーレベルがガクッと低下する(カフェインクラッシュ)
  3. 蜘蛛にカフェインを摂取させると、正常に巣を作ることができなくなった

カフェインを摂ることで睡眠成分であるアデノシンがうまく働かず、身体をむりやり起こしている状態になります。

体質によってはカフェインの分解が早い人もいるそうですが、僕はコーヒーをやめてから睡眠がかなり改善されたところを見ると、極端にカフェインに弱い体質だったみたいです。

で、特に衝撃だったのが③の「クモの巣実験」です。

出典:『睡眠こそ最強の解決策である

正直なところ、クモの巣が変な形になったからヤバい!というのは早計かもしれません。しかし、「カフェインはちょっと怖いな」と感じるきっかけとしては十分衝撃的なイラストでした。

なお、カフェイン断ちをしてから1週間ほどは頭痛がしたり身体が重だるくなる禁断症状のようなものがあります。しかし、これを乗り越えれば頭はすっきりとして見違えるように体調が良くなりました。

睡眠対策|オレンジのサングラス

日没後はブルーライトカットのために、オレンジのサングラスをかけています。

世の中にはPC用メガネやブルーライトカットレンズなどの商品がたくさん売られています。しかし、これらのレンズによって睡眠が改善されたというエビデンスはないそうです。この点は、『一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書』で指摘されています。

そこで、「たしかに睡眠に効果がある!」とされているのがオレンジのサングラスというわけです

ただ、このサングラスにはデメリットもあります。

オレンジサングラスのデメリット
  • 見た目があやしすぎる
  • かけ心地がわるい
  • 度数が入っていない

まず、見た目がかなりあやしいです。なんの断りもなしにこのサングラスをかけてしまうと、同居人の方に奇異の目でみられます。ぼくも当初は妻にかなり笑われました

また、チープな作りなのでかけ心地はわるいです。ツルの部分はザ・プラスチックという感じで、長時間かけると耳に食い込んできます。とはいえ、かけるのは日没後の数時間のことなので問題はないんですが。

そして、このサングラスは度数が入っていません。目が悪い方は、メガネに装着できるタイプのものを選ぶべきかもしれません。

ついつい寝る前にスマホやタブレットを見てしまう方は、睡眠の質が改善するのでおすすめです。

睡眠対策|高価な枕に変えた

長いこと枕ジプシーしてきた結果たどり着いたのが、Magniflex社の「ピローグランデ」です。

この枕の魅力を列挙すると、次の通り。

ピローグランデのメリット
  • 柔らかいのに頭をしっかり支えてくれる
  • 70cmの横幅で寝返りを打っても頭がはみ出さない
  • 枕の高さはやや高めの約12cm

デメリットは20,000円と高額なこと

とはいえ、8年以上使い続けているので元はとったかなと思ってます。実家にいるときには親に「枕屋敷」といわれるくらい大量の枕を買ってきたぼくがたどり着いた、今の所の最適解です。

この枕がヘタっても、同じものを買うと思います。

体調管理のためにやったけどやめたこと

ここからは効果を感じなかったり、自分には合わなかったという理由でやめたことをまとめます。

睡眠対策|アイマスク

「アイマスクをつけると睡眠対策になる!」ということを聞いてしばらく試していました。しかし、寝ている間にアイマスクが外れていることが多かったのでやめてしまいました

とはいえ、アイマスクの安眠効果はとても高かったです

実際に科学的信頼性が高いと評判のコクラン共同計画の調査結果によると、アイマスクで睡眠の質が改善するとの実験結果が公表されています。ぼくの実感としても入眠がスムーズになる感覚はありました

100円ショップのものよりも、遮光性が高くて肌触りの良い「PROTAGE 天使のシルクアイマスク」の使い心地が良かったです。睡眠中もアイマスクを外したりしない方にとっては、とても良い睡眠対策になると思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる