セルフカットはバリカン一本あればOKです【意外と失敗しない】

バリカン一本でセルフカットをするときに必要なグッズ、コツなどをお伝えします。

  • セルフカットに興味があるけれど、チャレンジが怖い
  • 簡単に失敗なくセルフできるセルフカットグッズが知りたい
  • 長年セルフカットを続けている人の意見が知りたい

こんな疑問にお答えします。

僕はセルフカットを始めた2年前から、一度も美容室に行っておりません。

「髪は美容室に行って切ってもらうもの」という先入観があると、セルフカットはものすごく怖いですが、やってみれば意外とカンタン。

テクニックは、付属のガイドとネット上の情報でとりあえずなんとかなります。

セルフカットはバリカン一本あればOKです【意外と失敗しない】

2018年8月23日に購入済みです

セルフカットに必要なのは、バリカン一本だけです。

それも、パナソニックのこのバリカンが最強。
(僕が買ったものの、後継機種です。アタッチメント7個付きがおすすめ)

» 参考:パナソニック バリカン ヘアーカッター 充電 交流式 シルバー調 ER-GF81-S

理由は、次の通りです。

  • アタッチメントの種類が多く、ミディアムヘアにも対応
  • すきバサミ機能(ナチュラル)ヘッドが使える
  • 説明書通りにやれば、ある程度うまく切れる

バリカンといえば「野球部の坊主頭の人が使うもの」と言うイメージもあるかも知れませんが、このバリカンでは70mmの長さが選べます。

バリカンの中ではこれくらいの長さのアタッチメントが付いているものって、結構少なかったりするので、貴重です。

普通の会社員の方でも、全然イケる長さ。

そして、すきバサミ機能として「ナチュラルアタッチメント」が付いている点。

正直、このナチュラルアタッチメントだけでも、このバリカンを買う価値があるのではないかと思うほど重宝する機能です。

要はすきバサミなのですが、普通のすきバサミだとどれくらいすいたかわからなくなってしまいがちです。

それが、このナチュラルアタッチメントであれば、クシを通すようにスッと髪の毛に通せば毛量を調節できるので、どれくらいやったかが覚えやすいと言うメリットがあると思います。

また、説明書がある程度充実しているので、それにそってやれば大きく失敗することはないというものになっています。

バリカンを使ったセルフカットの情報って、なかなか出てこないためこういった資料はかなり貴重です。

(男の子、女の子、成人男性などに分けてヘアスタイルの紹介がされています。)

バリカンのカット方法

さて、パナソニックのバリカンによるカットの方法をご紹介します。

  • まず、全体を70mmでカット
  • サイド、後頭部を50mmでカット
  • 耳上〜襟足を40mmでカット
  • 全体をナチュラルでカット

基本は、頭皮にそわせてググーっとカットしていくだけでOKです。

他に使う道具はなく、本当にこれだけでカットが完結しますね。

慣れてくると、10分そこそこでカット終了します。

バリカン導入によるデメリット

バリカンを導入することで、デメリットもいくつかありました。

  • 切りすぎたとき、焦る
  • 切った後の掃除が大変

まずは、切りすぎた時に焦る。

僕の場合に切りすぎが起こったのは、セルフカットに慣れてきたときです。

慣れてくると、「だいたいこんなもんでいいや」とか「もうちょっと短くして冒険しちゃおう」というイケイケな気分になってきてしまいます。

こうなると大変で、気付いたら「切りすぎた…」ということになってしまいます。

とにかく少しづつ、切ることが大事です。

そして、切った後の掃除が大変という点です。

掃除については、いつも妻に迷惑をかけています…細かいけが意外と散ってしまうので、洗面所などでやるとかなり掃除が大変です。

大きな紙を敷いて浴室などでやるといい、という意見もありますので、ちょっと改良が必要だと感じています。

僕がバリカンでセルフカットを始めた理由

ちょっと脱線しますが、僕がセルフカットを始めた理由を挙げてみたいと思います。

  • 毎月の固定費を下げたい
  • 美容室に行くための諸々の時間を節約したい

いちばんの理由は、毎月の美容室代を下げたい!という思い。

毎月3,000円だとして、1年間に直すと36,000円もの金額になります。

このパナソニックのバリカンが6,000円ほどだったと思うので、2ヶ月間使い続けられれば元が取れる。よし買おう!となったわけです。

また、美容室に行くための時間の節約の意味もありました。

  • 美容室に予約する時間
  • 美容室の行き帰りにかかる時間
  • 切ってもらう間の時間

これらの時間が大幅にカットできるのではないかということもありました。

実際に、2点とも大満足で、固定費削減もでき、時間もかなり稼ぐことができたと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です