マワハンガーの特徴、サイズ、種類、おすすめタイプをご紹介

ドイツのハンガー、マワ(MAWA)ハンガーをご紹介します。

注意
マワハンガーは同じ種類でも、複数のサイズの展開がされています。
購入の際には、購入しようとしているマワハンガーのサイズを今一度確認するようにしましょう。

マワハンガーの特徴

マワハンガーはちょっと変わった形状・特殊コーティングなので、初めてみた方は抵抗があるかもしれません。

実際、デメリットもないわけではなく、ハンガーから洋服を取り出すときに「ずるーっ」と引っ張る人には使いずらいかも。

一方で、実際使ってみると「おっ!」と驚くような機能性も備えています。

POINT

すべり落ちない特殊コーティング

圧倒的な薄さ

種類、サイズが豊富

すべり落ちない特殊コーティング

マワハンガーは、洋服がすべり落ちないように特殊なコーティングがされています。

例えていうなら、ロウのような感じです。ウィスキーを飲む方なら”Makers Mark”の頭の赤い部分の感じ…といったらわかるでしょうか。

ちょっとベタッとしますが、それが洋服に色がつくことはありません。

圧倒的な薄さ

マワハンガーに変えるだけで、ワードローブがスッキリとします。

定番の種類「エコノミック」のハンガーの厚みは、たった1cmです。
特に収納スペースの限られた日本家屋においては、この「薄さ」が強い味方になってくれます。

また、省スペースであるにも関わらず洋服へのダメージの少ないという点も強調したいポイント。
これまでの針金ハンガーでは、どうしても肩のラインなどに跡が残ることが多かったと思います。肩の形に沿ったラインのおかげで、洋服に変な跡が残ったりすることはありません。

種類、サイズが豊富

マワハンガーには、多くの種類が用意されています。
ここでは、一般的な種類のハンガーを紹介します。

ラインナップ

エコノミック

シルエット

ボディーフォーム

パンツシングル

ネクタイ

マワハンガーエコノミック

肩のラインに沿って緩やかなカーブがついているマワハンガー・エコノミックは、あまり重くない、襟のない衣類をかけるのに最適です。
例えば、ニット・Tシャツ・カットソーなどは、エコノミックを使うことで型くずれなく吊るせます。

一方で、襟付きのものは苦手な印象です。
試しにワイシャツをかけてみましたが、襟の部分がヨレっと垂れてしまいました。
他にも、生地の厚いアウターやスーツの上着なども、エコノミックではうまくかけられません。

サイズ表記は、左右の一番広い長さの部分を指しています。(写真はエコノミック46なので、一番広い部分の長さが46cm)

サイズ展開は、30㎝(キッズ)、36cm(レディース)、40㎝(男女兼用)、46㎝(メンズ)、です。

我が家では、36cm、40cm、46cmの3種類を所有していますので、大きさの比較写真を参考にのせておきます。

ちなみに、僕が一番使っているマワハンガーが、エコノミック46(46cm)です。(Tシャツでは、メンズサイズでMを着ることが多い)
36cmだと肩の幅が全く足りず、40cmだと悪くはないが、肩の幅がもうちょっと欲しいなぁという印象です。
とはいえ、46cmは大きめなので男性用だと思います。おそらく女性の方で小柄な方ならば36cm、その他の方は40cmで良いのではないかと思います。

マワハンガー シルエット(シャツ用)

襟付きのものをかけるのにベストなシルエットです。

僕は未購入ですが、愛用者も結構多い様子。

パンツシングル(ズボン用)

あまり期待しないで買いましたが、あまりの使いやすさに驚いたのが、この「パンツシングル」です。
個人的には、マワハンガーのラインナップの中では最高傑作だと思っています。

写真でいうところの、右側のスキマからパンツをスライドさせてさっとセットできるので、パンツをかけるのがとにかくラク。

しかも、パンツが当たる部分には滑り止め加工がされているので、パンツがずり落ちてくることもありません。

そして、地味に便利なのが「マフラーがかけられる!」ということ。
僕の場合には1枚しかマフラーがありませんので、何枚もかけられる専用のハンガーは不要。
パンツシングルがあれば、十分です。

ボディーフォーム(コート用)

コートのような大きめ・重めな衣類をかけるハンガーも用意されています。

実際に使ってみましたが、あまりおすすめできません
コートのような厚手の衣類にはそもそも滑り止めがいらなかった…逆に滑り止めがついているせいで、とにかく洋服をかけるのが大変になっちゃいました。
滑らないせいで、洋服をいいポジションにかけられないんです。
(もしかしたら使い方が間違ってるのかも…「こうしたらいいよ」という情報ありましたら教えてください!)

ネクタイ

ネクタイ用のマワハンガーで、これも満足度が高かった買い物の一つです。

これがなかなか優れもので、ネクタイも全く滑り落ちてこない。ネクタイの素材はほとんどの場合にシルク製ですから、普通のハンガーなどにかけると、ほぼ確実に落下します。
マワハンガーなら…説明は不要でしょう。

どちらの種類のマワハンガーを選ぶべきか、どれがおすすめ?

まず試して欲しいのが、「エコノミック」と「パンツシングル」です。
男性の方なら、これに加えて「ネクタイ」も試してみてもいいかなと思います。

「ボディーフォーム」だけは、やめておいたほうがいいかな…というのが僕の率直な感想です。かえって洋服をかけるのが大変になります。

「シルエット」は、僕は試していないのでなんとも言えません。

マワハンガーに関する、素朴な疑問

マワハンガーに関する、「ここってどうなの?」という素朴な疑問にお答えします。

マワハンガー のフックって、回転するの?

種類によりますが、フックは回転します
手元にあるマワハンガーのうち、回転したものは「エコノミック」と「ボディーフォーム」の二つ。

壁に洋服をかけておきたいときなどには、便利な機能です。

逆に、フックが回転しなかったのは、「パンツシングル」と「ネクタイ」でした。

洋服をかけた時の姿

ここでは、ユニクロのメンズライン「エクストラファインメリノクルーネックセーター(Mサイズ)」を使って、マワハンガー・エコノミックに吊るした時の姿を比較します。

36cm。さすがに肩幅が足りません。
40cm。少し肩幅が足りない気がしますが、許容範囲。
46cm。安定感を求めるなら、40cmよりこちらかも。

筆者が実際に使っているのは46cmです。
3種類の中で最も洋服が安定していたのことが、その理由です。
一方で、40cmも許容範囲ではあります。お持ちの洋服のサイズにもよりますが、旦那さん・奥さん共用で揃えるなら40cmもアリかも。

マワハンガー公式ページ

より詳しいラインナップ、最新情報などはマワハンガー公式ページが確実。
マワハンガー取扱店でも見かけないような、マニアックなマワハンガーも見られますので、興味のある方は公式ページもご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です