【要約】『アイデアのつくり方』アイデア作りの基本が学べる古典

  • 『アイデアのつくり方』を読むとどんなことが身に付く?
  • この本の要約を手っ取り早く知りたい
  • 一度読んではみたが、実戦でどのように使ったらいいかわからない

このような悩みに、お答えします。

本記事では『アイデアのつくり方(原題:”A Technique for Producing Idea”)』を要約しました。

ページ数も少なくカンタンかと思いきや、実は難易度の高い本です。

よくあるテクニックを並べたアイデア本ではなく「アイデアの本質」に迫った内容なので、一度読んだだけでは完全に身につきません。ことあるごとに立ち返って新たな発見をするような、原液のような本だと思います。

かくいう僕もいまだに勉強中ですが、今現在できる限りの要約をしてみたいと思います。

『アイデアのつくり方』を読んだらどんなことが身に付く?

タイトル『アイデアのつくり方』
著者ジェームス・W・ヤング
ページ数102ページ
ジャンル広告・アイデア
定価本体800円+税

『アイデアの作り方』は、正味のページ数はたった40ページです。全102ページありますが、63ページ目以降は訳者あと書きとなっています。かなり短い。

僕の場合には、主に会社の新しい企画の考案を求められた時に役に立ちました。

正確には、後述する別の本との組み合わせでアイデア出しをガンガンして行ったのですが、アイデアとは何なのか?という概念を押さえるという意味でかなり有用な本でした。

アイデア作りに取り組む方は、まず全体像を掴む際に読んでおくべき本であり、試行錯誤するたびごとに戻ってくるべき本・基本書という位置付けだと考えています。

『アイデアの作り方』のざっくりとした内容

アイデア作りには手順があり、それをこなしていけば誰でも新しいアイデアを得ることができることが書かれた本です。

本で述べられていることは、大きく二つです。

  • アイデア作りの原理 × 2コ
  • アイデアを作るための具体的方法 × 5コ

この二つを掘り下げて解説しているのが『アイデアのつくり方』に書かれている内容です。

アイデア作りは2つの原理からなる

アイデア作りの原理2コは、次の通り。

  1. アイデア=既存の要素の新しい組み合わせ以外の何者でもない
  2. 新しいアイデアに導く才能=事物の関連性を見つけ出す才能

アイデア=既存の要素の新しい組み合わせ以外の何者でもない

アイデアとは、もともとあるモノの組み合わせによって生まれます。

この原理があるからこそ、「アイデア作りは手順を踏めば生み出せる」という主張につながっているのだと思います。

ただし、アイデアを作ろうとしている自分の中に「既存の要素」がインプットされていなければアイデアなど生み出せません。

よって、具体的方法の1つ目の資料の収集があるという位置付けです。

MEMO
「既存の要素=資料」とも読み替えられますね。

新しいアイデアに導く才能=事物の関連性を見つけ出す才能

既存の要素の組み合わせがアイデアを生むのですから、要素と要素を繋ぐ関係性を見つける必要があります。

よって、アイデアを作るためには物事の関連性を見つけ出すことだ、と説きます。

関連性を見出すことで、それらをつないでいる「総合的原理」が発見でき、その結果アイデアにたどり着きます。

この関連性を見つけるチカラをつけるために、ヤング氏は「社会科学が役に立つよ」と述べています。

本書の中でおすすめされている本が、こちらの二冊。

アイデアを作るための具体的5ステップ

この本のメイントピックが、このアイデアを生み出す5つのステップです。

  1. 資料の収集
  2. 資料の咀嚼
  3. 問題を放棄
  4. 常にそれを考える
  5. アイデアを育てる

アイデアを作るためには、この5つの段階を一つづつ進んでいく必要があります。

資料の収集

アイデアの元となる、「特殊資料」と「一般資料」を集めます。

特殊資料とは、個別具体的な情報(例えば、製品の機能などの情報や、製品と顧客との関係性に関する情報など)です。地道ですが、特殊資料の収集は一番大事なステップであり、適当に済ませてはなりません。

例えば「製品の情報を集める」という場合には、他の製品と全く違うものに見えるまで徹底的に観察することが必要になってきます。

一般資料は、その他もろもろの情報全てです。
「とにかく様々なことに興味を持って、手当たり次第に情報をかき集めよ!」ということになります。

特殊資料のように「当面の間だけ集める情報」ではなく、一般資料は生涯にわたってかき集め続けることになります。

なお、「7cm × 12cm程度のカード」「スクラップブック」「ファイル」に情報を整理すると良いとの記述がありました。
情報もれを防げて、自分のなまけ心もセーブできるとのことです。

資料の咀嚼

集めてきた資料同士を見比べ、何か関連性がないかを探ります。

集めてきた情報をひとつひとつ取り上げてみたり、二つの情報を並べて関連性を探していたりすると、何かアイデアが浮かぶことがあります。そのような時には、どんなにくだらないアイデアだと思ったとしてもカードに書き込んでおきます。

問題を放棄

アイデアについて頭から多い出す期間、つまり発酵の期間です。

本文では、食糧を咀嚼した後の「消化の段階」と表現されています。問題を頭から完全に切り離すことが大切です。

そのために、例えば音楽や劇場、映画に出かけ、想像力や感情を刺激するとよいとされています。

常にそれを考える

発酵の段階が終わったら、常にアイデアを考え続ける局面に入ります。

常に物事を考え続けると、アイデアが突如として降ってきます。その場合には、ノートなどに書き留めておくこと。

くだらないと思っても書き留めておくことは、「資料の咀嚼」の段階と同様です。

アイデアを育てる

生まれたアイデアを具体化、展開させる段階です。

まだこの段階ではアイデアは熟成しきっていません。そのため、この後の作業として「理解ある人の批判を仰ぐ」「現実的なものにするために具体化、展開させる」という作業が必要になってきます。

アイデアの作り方は、以上です。

アイデアというと「何かセンスのような特別な才能がないと作れない」と思われがちですが、著者はフォードの自動車製造レーンのように、秩序的な手順を踏めばアイデアは生産し続けることができると考えています。

つまり、才能不要というわけです。ただし、上で紹介した5つのステップは才能がいらない代わりに手間や労力、根気強さが必要になってきます。

さらに実践的なテクニックが知りたい場合

こちらの本もおすすめです。

僕がアイデアをほしかったときには、もっと即効性を求めていましたので、こちらの『考具』の方が役に立ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です