4色ボールペンのLAMY2000レビュー【50年以上の実績】

  • 「LAMY2000」ってどんなボールペン?
  • 「LAMY2000」の欠点
  • 「LAMY2000」のおすすめポイント

50年以上も売れ続けている4色ボールペン、LAMY2000を紹介する記事です。

僕もかれこれ使い始めて1年くらいになりますが、多色ボールペンではこれ以外に考えられないほどファンだったりします。

1万円を超える値段設定(Amazonならかなり安い)と、使い慣れるまでは「ペンクリップが手にあたって痛い」こと以外は完璧な仕上がりです。

デザインも洗練されていて、まさに所有の喜びを感じられる逸品となっています。

「LAMY2000」ってどんなボールペン?

基本的なスペックは、以下の通りです。

名称LAMY 2000
種類4色ボールペン
方式振り子式
インク種別4C規格
素材マクロロン樹脂/ステンレス
メーカーLAMY
発売1966年
デザインゲルト・ハイト・ミュラー氏
コンセプト「西暦2000年になっても色褪せないデザイン」

50年前に発売されたと信じられないデザイン性

LAMY2000のデザイン担当は、バウハウス出身のゲルト・ハイト・ミュラー氏。

製品コンセプトは、「西暦2000年になっても色褪せないデザイン」

50年も前にデザインされ、しかもこの見た目で4色ボールペンというから驚きですよね。

ボディーの素材や継ぎ目にもこだわりが

継ぎ目が目立たない

ボディーの素材は、大きく二つから成り立っています。

  • ブラック:マクロロン
  • シルバー:削り出しのステンレス

黒い部分のマクロロンは、木炭のような質感です

シルバー部分はステンレスでこの組み合わせがいい感じに高級感を演出してます。

また、インクを替えるときのスクリューですが、つなぎ目がほぼ見えない目立たないようになっています。

MEMO
世界で初めてのバネ式のペンクリップは、LAMY2000だそうです。

高級ボールペンに採用される「振り子式」を採用

高級ボールペンに採用されている「振り子式」を採用。
ノック部分が一か所しかありません。

ペンの上にある色を上に向けてノックすることで、出すインクを選べます。

インクを出すときの音は、金属の擦れるような「シャッ」という音です。

好き嫌いがわかれるみたいですが、僕は高級感があっていいなと思っています。

LAMY2000を愛用している著名人

ロングセラーボールペンだけあって、愛用者も多いです。

ビジネス系YouTuberの「マナブ」さん

「紙のメモを使ってみる」とのことで同時購入されていたのが、LAMY 2000でした。

メンタリストDaiGoさん

参考 効率よく覚えるためのノート術<br /> 脳に定着するメモの取り方をメンタリストDaiGoが解説ログミー

メンタリストDaiGoさんもLAMY 2000ユーザーでした。

LAMY2000を買ったらすぐにやるべきこと

国産のリフィルに付け替えた

大きく二つあります。

  • 国産のインクに交換する
  • ペンの持ち方に慣れる

国産のリフィルインクに交換する

もともとセットされているインクは、問題が多いです。

  • インクフローが悪い
  • 書いた文字がスレる
  • 書き味が重い

対策は簡単、国産メーカーの「4C規格」リフィルインクに交換すればOKです。

  • uni(適合品番:SXR20005)
  • PILOT(適合品番:BRFS-10F)

僕のおすすめは、ジェットストリームです。

さらさらとした書き心地はもちろん、発色も良いので好んで使っています。

ただ、グリーンのインクがないので緑だけはパイロット一択です。


パイロットは安くて書き心地も悪くないですが、ペンを落とすとインクが出なくなってしまうことが多かったです。
そのため、個人的にあまり好きではありません。

ジェットストリームにない、緑色だけをパイロットにしているという感じです。

太さが「0.5mm」や「0.7mm」など数種類あるので、間違えて買ってしまわないように注意しましょう。

ペンの持ち方に慣れる

銀色のペンクリップが当たるとイタい

はじめはペンクリップが手に当たってしまうので、持ち方に慣れましょう。

これについては、ペンクリップを上に向けて握るとうまくいきました。

買った当初は手に当たって痛かったので「失敗したか!?」と思ったものですが、使っていくうちに持ち方に慣れていきます。

4色ボールペンは活用範囲も広いですから、常に持ち歩いて持ち方に慣れてしまいましょう。

まとめ:いい買い物をしました

LAMY2000は、4色ボールペンにもかかわらずシンプル・洗練されたデザインです。ペン自体の重心も絶妙で、書き味も良好。

「自分へのご褒美で、ちょっといいものが欲しい」「ちょっと気の利いたプレゼントをあげたい」といったときには、間違いないと思います。

僕は、今のが壊れても同じものを買い直すと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です