ジェットストリームとアクロインキで最強の、4色ボールペン”LAMY2000″をご紹介

LAMY2000の紹介

LAMY2000というボールペンをご存じでしょうか?

発売はなんと1966年で、半世紀以上にわたって販売され続けているボールペンです。

そして、商品コンセプトがまたカッコイイ。

「西暦2000年になっても色褪せないデザイン」

デザインはバウハウス出身のゲルト・ハイト・ミュラー氏。

4色ボールペンは数多く販売されていますが、その中でも突出して存在感を放っています。
合理主義かつ、機能主義に基づいた、ドイツのクラフトマンシップが息づく、このLAMY2000を今回はご紹介したいと思います。

LAMY2000の外観

ブラックの部分は、マクロロンとよばれる樹脂を使用。
木炭のような質感です。
一方、先端のシルバー部分は、削り出しのステンレスが配されており、重厚な質感になっています。
このコンビネーションが高級感をグッと上げています。

外観で一番のポイントは、つなぎ目が目立たないことでしょう。
一見、シルバーとブラックの境が継ぎ目になっているように思えますが…

実はブラックの部分に継ぎ目があります。
表面加工が精巧にできているので、なせる業だと思います。

そして、この外観で4色ボールペンというから驚きです。
野暮ったいビジュアルが多い4色ボールペンにあって、かなり洗練された印象に仕上がっています。

純正インクがダメダメ問題

LAMY2000を買うとついてくる、純正インクが使い物になりません
インクフローが悪く、書き味が重い、スレる…。
発売が1966年だからなのか、外国製の筆記具だからなのか、とにかく使いづらい。
この点は、真っ先に対策すべきです。

そこで便利なのが、国産の替え芯(リフィル)です。
LAMY2000に使えるのは「4C規格」と呼ばれるもの。
つまり、国産のリフィルであっても4C規格であればLAMY2000に付けられるということです。

ここでは、僕が実際に使っているPILOTと、uni(ジェットストリーム)のリフィルをご紹介します。
僕はどちらかというと、ジェットストリームがオススメ
使ったことがある方はご存知、安定のジェットストリーム品質で、さらさらと、ストレスのない筆記。インクフローも完璧です。

一方で、ジェットストリームにはグリーンの色がない弱点もありますが、そこはPILOTのグリーンインクを使うことでカバーできます。

ジェットストリームの適合品番は、「SXR20005」です。

PILOTの適合品番は、「PILOT BRFS-10F」です。
ペン先の太さで、数種類あるので注意して購入しましょう。

ペンクリップがとがっている

ペングリップがとがっているので、筆記時に手にあたると痛いです。
ペングリップをできるだけ上に向けるように握ることで、対処可能です。
不安な方は、お店で実際に持って確かめてみることをオススメします。

初めは「失敗したか!?」と思いましたが、慣れれば手にあたることも減り気にならなくなりました。

慣れると、ペンを見ずに狙った色を出せる振り子式

LAMY2000は4色ボールペンですが、ノック部分が一か所しかありません。

色の指定は、出したい色を上にむけてノックします。

一般的な多色ボールペンでは、かちゃかちゃ音がしますが、LAMY2000ではそのような音はありません。
どちらかというと、金属の擦れるような「シャッ」という音です。
不快感に思う方もいるようですが、僕はかえって高級感があって好きだなぁと思っています。

バネ式ペンクリップ

今では当たり前に備わっているバネ式のペンクリップを、世界で初めて搭載したのがLAMY2000だそうです。
ペンクリップの裏にバネを搭載しており、ノートや胸ポケットなどにはさんだ時にもしっかりとホールドしてくれます。
無理な力がかかったときにも、ある程度は緩衝の役割もしてくれそうです。

まとめ

LAMY2000は、4色ボールペンにもかかわらずシンプル・洗練されたデザインになっています。

インクが良くないという問題があるものの、国産のものに取り替えてしまえば全く問題ありません。
一つ気になることといえば、ペンクリップが硬くとがっているので、手に当たったりしてきになることはないか?ということだけです。

ペン自体の重心も絶妙で、書き味も良好。
「自分へのご褒美で、ちょっといいものを買おう」といったときには、間違いなく買って損はないアイテムだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です