徹底比較|ハイパーボルトとハイパーボルトプラスをレビュー【購入方法まで解説】

  • ハイパーボルトってどんな器具?
  • ハイパーボルトとプラスの違いって?
  • ハイパーボルトの効果的な使い方を知りたい
  • 正規代理店と並行輸入品はどちらを買ったらいい?

このような疑問にお答えします。

「ハイパーボルト」は、デスクワークや長時間の勉強などのコリに効果バツグンなマッサージ器具です。

実際に買ってヘビーユースし続けている僕が、「ハイパーボルトとは何か」「ハイパーボルトとプラスの違いは?」などについて実体験を交えてご紹介していきます。

ハイパーボルトとは

ハイパーボルトとは

ハイパーボルトは、振動によって身体のコリやこわばりを解消するグッズです。

1分あたり約1,800回〜3,180回で高速振動することで、身体をほぐしてくれます。

なお、モデルは2種類あって「ハイパーボルト」と、上位機種の「ハイパーボルトプラス」があります。

MEMO
シルバーが「ハイパーボルト」、ブラックが「プラス」です。

ハイパーボルトの効果

ハイパーボルトは、「筋膜リリース」ができるマッサージ器具です。

「筋膜」とは筋肉を包むようにして存在する柔らかい組織で、「悪い姿勢」や「筋肉の使いすぎ」「偏った動作の継続」などによって癒着(くっつく)したり、からまってしまう性質があるそうです。

そこで、筋膜リリースが必要になってきます。

ハイパーボルトなどの器具を使うことで、癒着した筋膜をリリース(開放)して、「筋肉の柔軟性」を取り戻し、「筋肉のこわばりを解消」することで、「質の良い筋肉」を保ったりできるというわけです。

ハイパーボルトを使っている人

ハイパーボルトはプロのアスリートや整骨院など、多くの愛用者がいらっしゃいます。

  • 大坂なおみ選手(プロテニス)
  • 槙野智章選手(プロサッカー)
  • 楢崎智亜選手(クライミング)
  • とくやま整骨院
  • ますい整骨院
  • さいたま与野整骨院

芸能人では、ロンブーの「田村淳」さんなどもハイパーボルトを使っている様子が確認できました。

MEMO
愛用者の方々は、Instagram #ハイパーボルトより引用させていただきました。

ハイパーボルトの付属品

ハイパーボルトの付属品

付属品は以下の通りで、「ハイパーボルト」も「プラス」も違いはありません。

  • ハイパーボルト本体
  • 充電用ACアダプタ
  • アタッチメント5種類

5種類のアタッチメントについては、後ほど解説します。

ハイパーボルトとプラスの違い

ハイパーボルトとプラスのカタログ値を引用すると、以下の通りです。

商品名ハイパーボルトハイパーボルトプラス
サイズ横17cm x 縦25cm x 幅6cm横17cm x 縦25cm x 幅6cm
重量約1.1kg約1.3kg
充電約2時間連続使用可能約2時間連続使用可能
パワーブラシレスモーター / 60Wブラシレスモーター / 90W
振動数レベル1:30㎐
レベル2:40㎐
レベル3:53㎐
レベル1:30㎐
レベル2:40㎐
レベル3:53㎐
回転数レベル1:1800
レベル2:2400
レベル3:3180
レベル1:1800
レベル2:2400
レベル3:3180
アタッチメント5種類5種類
保証1年間(正規品)1年間(正規品)
カラーシルバーブラック
モバイルでは横スクロールできます

違っている項目は、太字にしています。

違いは「重さ」「パワー」「カラー」だけで、それ以外はまったく同じです。

MEMO
意外ですが、振動数や回転数などはまったく同じです。
純粋にモーターのパワーだけの違いですが、かなりハッキリとした違いを感じました。

ハイパーボルトの使い方【こうすると効果的】

基本的な使い方と、効果的な使い方

基本的な使い方の流れを説明したあと、僕が効果的だと感じている使い方を紹介します。

ハイパーボルトの基本的な使い方

アタッチメントの取り付け

本体の先端にアタッチメントをセットします。

はめるときにはそのままグッと押し込めばOKです。

主電源をONにする

持ち手の底にある「主電源」をONにします。

パワーボタンを押す

パワーボタンを押しましょう。

振動は3段階あります。
ボタンを押すたびに「弱 → 中 → 強 → 切」の順に切り替わります。

気になるところに当てる

施術したい場所に、アタッチメントをあてます。

トリガーポイントを狙うのが効果的

トリガーポイントを狙うと、より効果を感じられます。

トリガーポイントとは、筋膜などにある「痛みのセンサー」のことで、ここの血行不良を改善することで痛みを軽減できるといわれています。

トリガーポイントに関する専門書は高額なものが多いため、Googleの画像検索でトリガーポイントを調べることが多いです。

» 参考:「トリガーポイント」をGoogle画像検索で調べる

僕は、肩こりや腰痛を感じることが多いので、肩甲骨の上部(僧帽筋の上の方)や腰のあたり、お尻のあたり(臀部)のトリガーポイントを押すことが多いです。

2020年12月30日追記

『トリガーポイント療法』(マーティー松本著)を購入してハイパーボルトを使ってマッサージしたところ、ほぐれ方がかなりいい感じだったので補足します。

「トリガーポイント」の項目も目安になりますが、「関連痛ゾーン」という項目が特に役に立ちました。

» 参考:すぐわかる! すぐ使える! トリガーポイント療法 関係する筋肉を理解すれば改善できる

足ツボマッサージにも最適

地味に気に入っているのが、足ツボマッサージとしての使い方です。

足の裏だと強めの力が加わっても大丈夫そうだったので、「Bullet」アタッチメントを使って押すことが多いです。

MEMO
こりの強い場所は「アタッチメントがスベる」感覚があるので、そこを重点的にあてるようにしています。

アタッチメントの使い分け

アタッチメントの使い分け

ハイパーボルトには5種類のアタッチメントが付属していますが、説明書にはどのような場合に使ったら良いかという説明はありません。

僕の主観になりますが、各アタッチメントの特徴をまとめると次の通り。

  • Fork :二点同時に刺激。圧はやや強め
  • Bullet:一点集中で、圧はかなり強め
  • Flat :広範囲に均等に圧がかかる
  • Cushion:クッションタイプで圧は弱め
  • Round:スポンジ状、やや弱めの圧がかかる

僕は強めが好きなので、「Flat」と「Bullet」のどちらかを使うことが多いです。

アタッチメント「Flat」タイプ

Flat:バランスのいいアタッチメント

肩、背中、お尻などは「Flat」タイプを使っています。

「強すぎず・弱すぎず」の程よい刺激で、足裏以外はすべてこれで済んでいます。

アタッチメント「Bullet」タイプ

Bullet:ピンポイントで刺激

足裏マッサージ用として使っています。

肩などには強すぎますが、足裏だとちょうどいい感じです。

ハイパーボルトとプラスのレビュー

長年気になっていたコリがラクになった

肩こりがひどすぎて頭痛や吐き気を感じることがありましたが、ハイパーボルトを使ってから頭痛がだいぶラクになりました。

他の振動系のマッサージ機、ストレッチポールなども試してきたなかで、ここまでの効果を感じたのは初めてです。

直感的に操作ができる

また、操作がシンプルで好感が持てます。

ハイパーボルトのコピー品の中には、何十段階もの強さの設定ができるものもあるようですが、そんなにたくさんの強さを使い分けられないですよね。

強さの設定はわかりやすい三段階(弱・中・強)から選ぶという分かりやすさもポイントだと思っています。

コンパクトで持ち運びもできる

他の筋膜リリース器具よりもコンパクトで、持ち運びもできます。

登山や国内旅行のときにカバンに忍ばせることができますし、家に置いても邪魔にならない大きさです。

他の筋膜リリース器具とは、例えばこのようなものです。

これはさすがに旅行に持っていくのはキビシそうですね。

持ち運び用のケースは純正品も出ていますが、Amazonではサードパーティ製の安いものも出ているようです。

» 参考:Yibaision for Hypervolt専用ケース

バッテリー容量は十分

バッテリーは2時間持つので、電池を気にせずに使えます。

一回あたり20分ほど使えば長い方だと思うので、数回分は充電なしでも使える印象です。

MEMO
コードレスなので「マッサージ中に、コードが邪魔になる」ということもありません。

睡眠改善の効果もあるかも

ハイパーボルトを使うと、寝落ちする瞬間がわからないほどストンと眠りに落ちます。

これまで僕は、ラベンダーのエッセンシャルオイルを炊いたり、睡眠ホルモンのメラトニンを飲んだり、マクラや布団を変えたり…と、いろいろ試行錯誤してきた中で効果はNo. 1かも。

ハイパーボルトをあてたあとは、身体がポカポカして軽くなった感覚になるんですよね。

ただし、重い

ハイパーボルトプラスの重さは、1kgを超えます。

自分自身で届きづらい「肩」だったり「腰」などをマッサージするのは、かなりキツイ重さです。

一方で「家族にやってあげる」という使い方では、むしろ本体の重量のおかげで安定して施術ができ、余計な力がいらずにマッサージすることができました。

ハイパーボルトとプラスの両方を使った感想

やはりプラスの方がパワーが強くて「効いてる」感じがしました。

とはいえ、ハイパーボルトがダメなわけではなくて「両方とも使ってみると、プラスがいいなぁ」という感じ。

ハイパーボルトしか知らなかったら、それはそれで購入を決めてたと思います。

また、もっぱら自分自身でセルフケアする目的なら、「ハイパーボルト」を選んだ方がいいかもです。
「プラス」はたしかにパワーがあっていいんですが、重いので「背中」「肩」などの施術がやりづらい。

僕は家族にやってもらうことも想定して、「プラス」を選びました。

MEMO
ご家族の状況などに合わせて、「ハイパーボルト」か「プラス」どちらかにするかを決めると良いと思いました。

ハイパーボルトを使う前に気になっていたこと

実際に使ってみる前に気になっていたことをまとめました。

痛くない?

骨にあたると痛いですが、そのほかは痛みを感じることはありません。

もみ返しについても今のところはなくて、適当なマッサージ店に行くよりも身体がラクになるんじゃないかというほど。

もし「ちょっと痛そうかも…」という方は、アタッチメントを「Cussion」や「Round」などの柔らかいものを使うことで対処できると思います。

MEMO
背中や肩は「弱」、臀部や足裏は「中」という使い分けをしています。
肺に近い部位で強くするとむせてしまうからです。

うるさくない?

振動数がすごいのでうるさいか…と思いきや、そこまで気になりませんでした。

強さハイパーボルトハイパーボルト
プラス
50dB60dB
55dB63dB
64dB66dB
iPhoneアプリ「騒音測定器」で計測

静音性に関しては、特許技術「Quiet Glideテクノロジー」を採用しており、配慮されていると感じました。

ハイパーボルトの購入先

ハイパーボルトの購入先

ハイパーボルトの定価は以下の通りで、結構高めです。

  • ハイパーボルト:55,500円
  • ハイパーボルトプラス:66,600円

ネットの販売ページにある「正規代理店」や「並行輸入品」など、違いが分かりづらい部分を中心に解説します。

正規代理店からの購入がおすすめ

結論、正規代理店からの購入がおすすめです。

正規代理店の他に、安く買える並行輸入品というものがあります。

ところが、並行輸入品は保証や修理の対象外になっていることが多く、模倣品を買ってしまうリスクも残ります。

ハイパーボルトのような高額商品では、できるだけリスクは避けるのが得策。そのため、正規代理店からの購入が無難だと思います。

ハイパーボルト

ハイパーボルトプラス

2020年12月26日追記

Amazonでは正規代理店のものが消えてしまっていたので、楽天市場とYahoo!ショッピングのリンク先だけ残しました。

なお、並行輸入品ならAmazonでも買うことができそうです。

» 参考:ハイパーアイス ハイパーボルト【並行輸入品】

ハイパーボルトは値下げ後の価格です

実は、2019年7月に値下げがありました。<参考ページ

  • 81,400円→55,500円
  • 圧力センサーを追加
  • クッションアタッチメントが追加

大量生産により、価格見直しと機能強化が図られました。

高額なので、迷ったらレンタルを

ハイパーボルトやプラスは高額なので、いきなり買わずにまずは試してみるのがおすすめです。

全国に数カ所ある、実機が置いてある販売店舗で試すこともできますが、僕のおすすめはレンタルサービス「Rentio」でレンタルする方法。

ハイパーボルトのようなマッサージ器具は、夜寝る前に使う場合が多いと思います。
販売店舗で試す場合には、あまり落ち着いて試すことができません。

僕も実際にRentioを使い、「家にきたときのイメージ」が鮮明になって「本当に必要なのか?」を吟味できました。

なお、RentioではAmazonアカウントが使えます。
たとえばAmazonでクレカ登録をしていれば、その決済方法でレンタル料の支払いができるので便利です。

» 参考:レンタルサービス「Rentio」でハイパーボルトを試してみる

身体にあったマッサージ器が見つかっていない方は、ぜひ試して欲しい

身体にあったマッサージ器が見つかっていない方は、ぜひ試して欲しい

ハイパーボルトを手にして、「今までのマッサージ器はなんだったんだ…」と思ってしまうほど感動しました。

以下、本記事の内容をまとめます。

  • 筋肉は筋膜に包間れており、これが癒着するとコリやこわばりなどが起きる
  • ハイパーボルトは、この筋膜リリースをするための器具
  • ハイパーボルトとプラスの違いは、「色」「パワー」「重さ」のみ
  • アタッチメントは「Flat」「Bullet」がおすすめ
  • トリガーポイントを参考にしてあてると効果絶大

また、購入先は保証を受けたり、模倣品を掴まないためにも正規代理店からの購入がおすすめです。

ハイパーボルト

ハイパーボルトプラス

「試してから、購入を決めたい…」という方は実機が置いてある販売店舗か、レンタルサービスを使って自宅で試す方法があります。

» 参考:レンタルサービス「Rentio」でハイパーボルトを試してみる

以上、ハイパーボルトについてお届けしました。