「AirPodsPro」の紹介・レビューとトラブルシューティング

AirPods Proの紹介と、僕の独断と偏見に基づくレビューをお届けします。

結論から言って、「買ってよかった!」と思える逸品でした。
早くも、今年イチバンのあたり商品と言ってもいいのではないかと思うほど。

AirPods Proの概要・付属品

さすがはApple、付属品はいたってシンプルです。

  • AirPods Pro
  • Wireless Charging Case
  • シリコーン製イヤーチップ(3サイズ)
  • Lightning – USB-Cケーブル
  • マニュアル

まずは公式サイトより、「AirPods Pro」のスペックを引用します。

オーディオ
テクノロジー
・アクティブノイズキャンセリング
・外部音取り込みモード
・アダプティブイコライゼーション
・均圧のための通気システム
・専用の高偏位Appleドライバ
・専用のハイダイナミックレンジアンプ
センサー・デュアルビームフォーミングマイクロフォン
・内向きのマイクロフォン
・デュアル光学センサー
・動きを感知する加速度センサー
・音声を感知する加速度センサー
・感圧センサー
チップH1ベースのSiP(System in Package)
耐汗耐水性能耐汗耐水性能(IPX4)
サイズと重量(イヤフォン本体)高さ:30.9 mm
幅 :21.8 mm
厚さ:24.0 mm
重量:5.4 g
サイズと重量(ケース)高さ:45.2 mm
幅 :60.6 mm
厚さ:21.7 mm
重量:45.6 g
充電方式Qi規格、またはLightningコネクタ
通信方式Bluetooth 5.0

AirPods Proレビュー

僕自身の独断と偏見にもとづき、AirPods Proのレビューをします。

耳の痛み・装着感は、イヤーチップと装着角度で解消

AirPods Proを使い始めてすぐ、耳が痛くなりました。

「なんでだろう…」と思っていろいろ試した結果、解決策はこちらです。

  • イヤーチップのサイズ変更
  • AirPods Proの角度調整

まずは、イヤチップのサイズを自分の耳に合うものに交換しました。
たぶん皆さん、これは普通にやられると思います(笑)

僕の場合は耳が小さめなので、「Sサイズ」がベストサイズでした。

もう一つが、AirPods Proの先端が下方向に向くように装着することです。

「マイクが付いているから、できるだけ口に近くした方がいいのでは?」と思って顔のむいている方向に先端を向けてしまいがちですが、こうすると耳が痛くなります。

「AirPods Proをつけると、なんだか耳がイタい」という方は装着角度をチェックしてみてください。

MEMO
装着感が不安な方は、家電量販店などで実際に装着して確かめてみましょう。

「感圧センサー」の操作方法操作はつまむボタンで

AirPods Proの棒の部分には「感圧センサー」が搭載されており、ここをつまむように押すことで操作ができます。

操作動作
1回押し再生、一時停止、電話に応答
2回押し次の曲にスキップ
3回押し前の曲にスキップ
長押し「ノイズキャンセリング」「外部音取り込み」切り替え
「Hey Siri」曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作

僕が一番使うのは、「長押し」です。

お買い物をするときに、レジの方の声を拾うため「外部音取り込み」モードに変えることが多いです。
これが便利で、「AirPods Pro」をいちいち外さなくても外の音が聞こえるので、イヤフォンをなくしてしまうことも減ると思います。

MEMO
「外部音取り込み」モードとは、イヤフォンしっぱなしでも外部の音がよく聞こえるように拾ってくれる機能です。

さらに、iPhoneの「設定」より細かいカスタマイズができます。

僕の場合は、よく使う長押しの操作をサクサク行うために「長押しの感覚」を「短い」にしてます。

MEMO
この画面の場所は、「設定」→「アクセシビリティ」→「AirPods」

前作よりうどん感は減った【比較】

前作「AirPods」よりも棒の部分が短くなったことにより、“耳からうどんがでている感”は減ったと思います。

かなり違和感なく見えるのではないでしょうか?

というより、「AirPods Pro」を見た後に前作を見ると“あまりのうどん感”に若干びっくりします(笑)

今までビジュアルが気になった方も、「AirPods Pro」なら比較的気にならないかもしれません。

その他、旧型「AirPods」との比較はこちら。

AirPods ProAirPods 2
本体サイズ高さ:30.9 mm
幅 :21.8 mm
厚さ:24.0 mm
重量:5.4 g
高さ:40.5 mm
幅 :16.5 mm
厚さ:18.0 mm
重量:4.0g
ケースサイズ高さ:45.2 mm
幅 :60.6 mm
厚さ:21.7 mm
重量:45.6 g
高さ:53.5 mm
幅 :44.3 mm
厚さ:21.3 mm
重量:40.0g
ケースの重さ45.6g40g
イヤフォンタイプカナル型インナーイヤ型
チップH1チップH1チップ
アクティブノイズキャンセリングあり
耐汗耐水性能IPX4
値段27,800円(税抜き)22,800円(税抜き)

値段は「AirPods Pro」がかなり高めですが、ここまで高機能なノイズキャンセリングを積んでいることを考えると「むしろ割安なのでは??」と思いました。

防水ではないことに注意

「AirPods Pro」は、防水ではなく、耐汗耐水性能(IPX4)です。

IPX4でも大丈夫なシチュエーションは次のとおりです。

  • 濡れた手で触れる
  • 水がはねる
  • 少しの雨濡れ

ちょっとした水しぶきなら大丈夫ということになりそうです。

逆に、NGなシチュエーションは次のとおり。(公式サイトより引用)

  • シャワーや蛇口など、流水に AirPods Pro をさらす。
  • AirPods Pro を着けて泳ぐなど、AirPods Pro を水中に沈める。
  • AirPods Pro を洗濯機や乾燥機に入れる。
  • AirPods Pro を付けたままサウナやスチームルームに入る。
  • AirPods Pro に流速が大きい水をかける (ウォータースキーなど)。
  • AirPods Pro を落とすなど、衝撃を与える。

このようなことをしてしまった場合には

  • 糸くずのでない、乾いた布で拭き取る。
  • 完全に乾かす。

といったことが必要になるそうです。

風呂場などのガチな水しぶきや、流水でジャブジャブ洗ってOKなのはIPX5以上なので、「AirPods Pro」を装着してシャワーを浴びるなどはやめた方が良さげですね。

なお、IPX4では防塵性能はナシ(無保護)なので、粉塵が舞うような過酷な環境では使わない方がベターでしょう。

注意
充電ケースには耐汗・耐水性能はありません。

ノイズキャンセリング機能について

このサイズで、ここまでのノイズキャンセリング性能なら立派だと思います。

「AirPods Pro」を使う前にはSONYのノイズキャンセリングヘッドフォン「WH-1000XM3S」を使っていました。
正直いってそれに比べると、やはりノイズキャンセリング性能は劣ると思いますすが、ヘッドフォンとイヤフォンではそもそも比べる対象ではないとも思います。
(ノイズキャンセリングでないヘッドフォンも、ある程度防音してくれますし)

そのことも踏まえて、「よくぞ、ここまでの性能のものを出してくれた!」と思います。
電車移動の時などは身体の疲れも軽くなります。
詳しくは別記事にて書きました。

» 参考:電車で通勤4時間超えの僕が「AirPods Pro」をオススメする4つの理由【もはや必需品です】

ついにワイヤレス充電【Qi】に対応!充電も早い

「AirPods Pro」では、ついにワイヤレス充電に対応しました!

これがかなり便利で、試してみるとLightningとはいえ充電ケーブルを挿すのにストレスがかかっていたのだなぁと。
一度やってみると、ケーブル充電には戻れないくらい便利ですよ!

僕は、こちらのAnkerの無線充電器を使っていますが、本当に充電のストレスがなくなります。

また、ノイズキャンセリング不要な方は、Proではない「AirPods」でもワイヤレス充電対応のものがあるので、こちらもありですね。

» 参考::Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)


また、「AirPods Pro」は充電スピードも早く、電池持ちも良好です。

【AirPods Pro】本体 ・1回の充電で最大4.5時間の再生時間
・アクティブノイズキャンセリング・外部音取り込みモードをOFF=最大5時間の再生時間
・1回の充電で最大3.5時間の連続通話時間
【Wireless Charging Case】・24時間以上の再生時間
・18時間以上の連続通話時間
・充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間

公表データによるとこんな感じ。
特に、ケースに入れて数分すれば電池がかなり復活しているので、外出中でもストレスなく使えます。

カラーがちょっと…という方には塗装という手も

「AirPods Pro」の塗装サービスというものもありました。

まずは、海外の業者さんから。
日本への発送もやってくれるそうです。

» 参考:「AirPods Pro」を塗装してくれるサービス、ColorWare

「海外が不安…」という方には、日本の業者さんを使うのも手かもしれません。

» 参考:日本国内でAirPods Proを塗装してくれる「ColoringFactory」へ

また、別の方法としてステッカーを貼るという方法も。

注意
いずれの方法も僕はやったわけではありませんので、僕自身検証してません。おすすめするわけではありませんのでご注意ください。

どこも品薄で売り切れ状態。どこで買える?

「AirPods Pro」ですが、やはり人気のようで現在でもAmazonでは入手困難といった感じ。

楽天市場ならいくつか購入できる先もありました。
以前は「ちょっとヒドくないか…」と思うほど高い値段で売っている業者もいましたが、多少落ち着いてきている模様。
ポイントも付きますし、現段階ですぐに手に入れたい人は楽天市場がベストチョイスかな、と思います。

AirPods Proを買った後に気になりそうなこと

ここでは、「AirPods Pro」購入後に気になりそうなことをまとめました。

イヤーチップの外しかた

他社のカナル型イヤフォンを使ったことがある方だと、ちょっと戸惑いそうなのが「イヤーチップのはずし方」です。

これについては、Apple Supportによる動画を見てもらうのが一番です。

ノイキャン性能が悪くなった?AirPods Proバージョン確認方法

RTINGS.comによると、Appleが12月17日に行ったファームウェアのアップデートにより「低音域のノイズキャンセリング性能が大幅に低下したと発表しました。

  • 2B576  初期出荷
  • 2B584  2019年10月30日リリース
  • 2B588  2019年11月15リリース
  • 2C54   2019年12月17日リリース→ NC悪化している恐れあり

すでにAppleはこのファームウェアアップデートを取り下げているようですが、もしも気になる方はお持ちの「AirPods Pro」のバージョンを確認してみましょう。

MEMO
確認場所は「設定」→「情報」→「〇〇のAirPods Pro」

このようにバージョンの確認はできるものの、手動でのアップデートなどには対応していないようですので、すでにアップデートされてしまった方は、次のアップデートを待つしか方法はなさそう

アップデートは、次の条件が揃ったときに、開始されるようです。

  • 「AirPods Pro」がケースに格納されている
  • ケースが充電状態である
  • iPhone、iPad、iPod touchとペアリングされておりWi-Fiに繋がっている

早くアップデートがされるよう、祈るばかり。

AirPods Proの初期化方法

初期化の方法は、公式サイトにあります。

・手順1、2、3

バッテリーなどの修理・交換費用

修理、交換費用は次のようになっています。

メニューAppleCare+加入者保証対象外修理サービス料金
【AirPods Pro本体】破損による交換3,400 円9,800 円 (片方)
【AirPods Proケース】破損による交換3,400 円9,800 円
【AirPods Pro本体】紛失による交換9,800 円 (片方)
【AirPods Proケース】紛失による交換10,800 円

紛失時はAppleCare+の対応はないそうですね。

AirPods Proをなくした!そんな時は…

万が一「AirPods Pro」をなくしてしまったときには、以下の手順で対応しましょう。

  1. iCloudからAirPods Proを探す
  2. Apple Store、Appleオンラインストア、正規代理店で交換対応

iCloudからAirPods Proを探す

まずは、iCloudでAirPods Proの手がかりを探してみます。

手順は次のとおり。

  • iCloud.comにアクセス
  • Apple IDでサインイン
  • 「iPhoneを探す」を開く
  • 「すべてのデバイス」をクリック→「AirPods」をクリック

これにより、最後にAirPods ProがBluetooth接続された場所をマッピングしてくれます。
小さいながら、音を鳴らすこともできるので念のため試してみてください。

Apple Store、Appleオンラインストア、正規代理店で交換対応

それでも見つからないときには、お金はかかりますがAppleで「紛失時の交換」対応をしてもらいます。
(紛失なのに交換、というのもわかりづらいですが、これで大丈夫そうです)

まずは、充電ケースのフタの内側より、シリアルナンバーを確認します。

次にAppleのサポートページに進みます。

» 参考:Appleサポートページ

「AirPods」→「AirPods の紛失」の順に進みます。

  1. AirPods の紛失
  2. AirPods 充電ケースの紛失
  3. AirPods イヤーチップの交換
  4. 該当するトピックがない

の四つのメニューがありますが、大抵は1か2のどちらかでしょう。
片耳をなくした時も「1.AirPods の紛失」で大丈夫です。

最後に、「交換品を注文する」より、注文を完了させましょう。
紛失による場合は、保証適用がないので片耳9,800 円となります。

金額、デカいですね…できるだけ無くさないように気をつけましょう。

合わせて買いたい

僕がセットで使っているケースを紹介しておきます。
質感はわりといい感じで、値段も安いのでおすすめです。

ただ、フタに当たる部分に両面テープをつけることになるのでイヤな人は気をつけてください。
もともとケースに両面テープが貼ってありますが、同梱されているもう一枚の両面テープを重ねて貼ることで外れなくなります。

こちらは外観が「iPod shuffle」になるという「AirPods Pro」用ケースです。

買ってないものを紹介するのも微妙ですが、話題になっていたのとAmazonで「ベストセラー1位」になっていたので、リンクしておきます。

変わったものが欲しい方は、こちらもいいかも。
なお、ボタンはダミーだそうですのでご注意を(笑)

あとがき

「売り切れ続出」からも分かるとおり、実際に手に入れてみると想像以上に使い勝手の良い商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です