電車で通勤4時間超えの僕が「AirPods Pro」をオススメする4つの理由【もはや必需品です】

電車通勤をしていて、AirPods Proを買おうか迷っていている方向けの記事です。

AirPods Pro、人気ですねぇ…。
僕が記事を執筆している2020年2月現在では、Amazon・家電量販店では予約扱い。
楽天市場では、5,000円ほど多く払えばすぐに買えるといった状況です。

僕は楽天で、35,000円ほど出して購入しました。
高かった…

定価は30,580円(税込)なので、4,400円ほど割高

とはいえ、電車で長時間ゆられて通勤してる方には激オススメな商品でした。

長時間の電車通勤には AirPods Proがオススメな4つの理由

AirPods Proを長時間通勤している方におすすめしたい理由は次の4つです。

電車通勤にAirPods Proがオススメな理由

  • 理由①:作業効率アップ
  • 理由②:体力の温存
  • 理由③:耳を守るため
  • 理由④:コンパクト設計

理由①:作業効率アップ

AirPods Proのおかげで、電車内での作業が激烈にアップしました。

理由は強力なノイズキャンセリング機能にあると思います。

実際にノイズキャンセリングイヤフォンをしてみないと分かりませんが、電車内の雑音はかなり大きいです。
たかが雑音、と思われがちですがこれによって意識は結構持っていかれます。
(気付きにくいことですが、僕もノイズキャンセリングを導入してから実感しました。)

通勤時間が長ければ長いほど時間確保のチャンスだと思います。
僕が現在電車内でやっていることで AirPods Proの恩恵を受けたことは以下の通りです。

  • ①【答案構成量】1問→2〜3問に増加
  • ②民法、会計学の学習が2倍速に

概ね、生産性が2倍になった感じです。

電車のモーターの音と、「ガタンゴトン」の音は、はかなりのレベルで押さえられます。

人の声は「音量が半分くらいになるかな?」程度ですが、よっぽどの大音量で喋る人でなければ気にならないくらいまでおさえてくれます。

理由②:体力の温存

AirPods Proの導入で体力をムダに消費しなくなります。

理由①で挙げたことと重複しますが、電車内の音って物凄い大音量です。
線路の近くの家は騒音に悩まされがちですが、電車内はそれよりもさらに至近距離で騒音を受け続けているわけです。

電車に乗っているだけで、その音のせいで体力は消費していきます。

会社に到着したら、すでにヘトヘトという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その原因の一つが、電車の騒音にあったとしたら…試してみる価値は大アリだと思います。

実際、僕もノイズキャンセリングにしてから体の疲れが軽減された実感があります。

理由③:耳を守るため

耳を守るためにも、AirPods Proを導入すべき。

電車の騒音ももちろんですが、非ノイズキャンセリングのものでは周囲の雑音につられて音量を上げてしまいがち。
これでは耳へのダメージが大きく、老後のQOLにも悪影響が出ることは必至です。

さらにあのWHOも、最近になって聴覚保護のためにノイズキャンセリングイヤフォンを推奨し始めています。

この点からも、通勤時の耳へのダメージが大きい方にはノイズキャンセリングイヤフォンが必須なのではないかな、と思います。

理由④:コンパクトな設計

電車通勤では、できるだけ荷物を増やしたくないですよね。

AirPods Proはコンパクトで、持ち運びがラクな点ももおすすめなポイント。

たしかに、ヘッドフォンタイプと比べればノイズキャンセリング性能は劣りますが、 イヤフォンタイプでここまでのノイズキャンセリング性能があるなら十分満足なレベルだと僕は思います。

耳にセットした瞬間、「スッ…」と外界の音が消える感覚。
このサイズでここまでのキャンセル機能を備えているなら、もう十分すぎます。
きっと、その静寂に驚くと思いますよ。

ヘッドフォンタイプをオススメしない理由

  • ロッカーにしまうのが面倒
  • つけたり外したりが手間
  • メガネだと、邪魔に感じる

ノイズ除去機能はヘッドフォンタイプが断然良いですが、とにかく大きく、取り回しが悪いです。

少なくとも、電車通勤者にとっては AirPods Proの方が明らかに取り扱いが楽です。

さらに取り扱いを楽にするために使っているのが、外音取り込み機能。

通勤途中で同僚に急に出会った時や、レジで店員さんと会話する時など、一時的に外の音を取り込みたい時に便利な機能です。

AirPods Proとの組み合わせで相性が良いもの

AirPods Proを購入したら、普通に音楽を聞いたりするのも良いですが、是非試して欲しい【相性抜群】なものがあります。

AirPods Proを買ったら試して欲しいこと

  • 相性抜群①:オーディオブック
  • 相性抜群②:自然音
  • 相性抜群③:YouTube

相性抜群①:オーディオブック

満員電車で威力を発揮するのが、オーディオブックです。

  • 理由①:満員電車でも読書
  • 理由②:スピードが変更可能
  • 理由③:聞くだけ。ハードルの低さ

本を読んでくれるのがオーディオブックというサービスです。

満員電車の中では、あらゆる作業ができませんが、オーディオブックをかけておけばこのムダな時間を読書に当てることができます。

そして、「聞くだけ」というハードルの低さもオススメの理由の一つ。
電車に乗り込む時に再生ボタンを押すだけで、読書をスタートできます。

また、読み上げるスピードも変更できます。

何度も聴いて内容を覚えてしまったら、速度をあげれば新鮮な気持ちで聴くことができます。

Audibleをオススメしたい人

  • オーディオブックの経験がない
  • とりあえず無料で試した
  • 運営は有名企業がいい

オーディオブック未経験の方は、Amazonが提供するAudibleがオススメです。

提供される本の種類は若干少ないながら、最初の一冊は無料でゲットできます。

僕は『多動力』(堀江貴文著)を無料でいただきました。

audiobook.jpをオススメしたい方

  • たくさんの種類から本を選びたい
  • オーディオブック老舗サイトがいい

たくさんの本から選びたいという場合には、audiobook.jpがオススメ。

ベストセラーのうち、『影響力の武器』などはAudibleでは取り扱いがありませんが、audiobook.jpではラインナップがあります。
品揃えの面で、痒いところに手が届くのがaudiobook.jpである、という印象です。

もともと”FeBe”というサイト名でしたが、2018年3月19日より”audiobook.jp”に変更しました。
全身のFeBeは、2007年からサービスを続けているので、かなり古くからあるサービスです。

相性抜群②:自然音

AirPods Proをつけて、何か他の作業をする時には作業に没頭できる自然音をオススメします。

僕の作業効率がアップしたという話もしましたが、この自然音を使ってから周囲に気がそれづらくなりました。

一時、なにも音を流さずに無音で作業をしていたのですが、どうにも落ち着かない。
普通の音楽なども試しましたが、人の声というのは集中の邪魔になるらしいです。

結局、自然音が集中維持のためにはベストという結論に達しました。
お試しください。

相性抜群③:YouTube

YouTubeとの相性も抜群です。

特に僕がオススメするのは、オリエンタルラジオの中田さんがやっている「中田敦彦のYouTube大学」です。

▲『ファクトフルネス』のようなベストセラーも無料で解説

あとがき:長時間通勤があるなら、買って損はしない

長時間通勤、ツライですよね。

普段の生活の中で大きな時間を占めるからこそ、投資に対するリターンは大きいと思います。

バッグを変えたり、耳栓をしてみたり、試してきましたが、いちばん通勤時間を快適にしてくれたのが、 AirPods Proでした。

値段が高いですが、必ずや「買ってよかった!!」と思える商品だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です