かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードのラウンジ利用を比べてみました。

f:id:karochoa1:20190122105658p:plain

楽天ポイントが投資信託に使えることを知ってから、完全に楽天経済圏に取り込まれてしまいました。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは、どちらも特典として空港ラウンジを利用することができます。定期的に旅行をする僕にとっては魅力的な特典だったりするんですが、ネットではカード毎の違いがいまいちわかりづらい。

そこで、調べてみた結果をレポートしてみました。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードのラウンジ利用の違い

各カードの年会費

  ゴールド プレミアム
年会費 2,000円/年 10,000円/年
家族カード
年会費
500円/年 500円/年

楽天ゴールドカードとプレミアムカードの年会費は上の通りです。

使えるラウンジの種類

カード種類 ゴールド プレミアム
国内空港
ダニエル・K・
イノウエ国際空港
仁川空港
プライオリティ
パス対応空港

楽天ゴールドカードは対応している国内空港と、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国の仁川空港のラウンジを利用することができます。

一方、楽天プレミアムカードではプライオリティパスを入手することができることから世界中の空港ラウンジを利用することが可能です。海外旅行が多い方は断然プレミアムカードが有利になりそうです。

POINT

楽天プレミアムカード特典のプライオリティパスは、普通に購入すると年間399ドル、日本円に直すと4万円以上の価値があります。

楽天プレミアムカードの年会費が1万円ですから、よく使う方にとってはあっという間に元が取れてしまいます

カード毎のラウンジ利用について

  空港 ゴールド プレミアム
本会員 国内/
ハワイ/仁川
2回/年 無制限
プライオリティ
パス
無制限
家族会員 国内/
ハワイ/仁川
2回/年 無制限
プライオリティ
パス

会員別のラウンジ利用制限です。

ゴールド会員の場合には年間2回のラウンジ利用が可能です。ここでいう年間とは、毎年9月1日から翌年8月31日を1年間として計算します。家族会員も年間2回利用できるようです。

一方のプレミアム会員では、本会員と家族会員で扱いが異なります。本会員はほとんどのラウンジが使い放題。一方の家族会員はプライオリティパスがつきません。ところが、ゴールド会員で使える国内/ハワイ/仁川空港は無制限で利用可能です。

プレミアム会員の家族カードでプライオリティパスがもらえない、というところが少し悩みどころではあります。

まとめ

・独身の方でラウンジをよく利用する→楽天プレミアムカード
・既婚者で国内とハワイ、韓国を年2回利用→楽天ゴールドカード+家族カード
・既婚者で一人だけ出張などで何度も空港を利用する→楽天プレミアムカード
・既婚者で2人ともラウンジを年間何度も利用→それぞれ楽天プレミアムカードに入会

ということになると思います。