かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

【低温調理】ANOVAならR-1ヨーグルトを手間いらずで増やせます。

f:id:karochoa1:20181226101032p:plain

R-1ヨーグルトとは?

明治R-1ヨーグルトは、OLL1073R-1乳酸菌を使って作られています。

この乳酸菌は主に免疫系に効く乳酸菌であり、風邪、インフルエンザ、花粉症、美容などに良いと言われています。

ヨーグルトを自作すると年間ものすごい額の節約になります。詳しくはヨーグルトメーカーを使った場合の方法について過去記事にまとめてありますのでご覧になってください。

R-1ヨーグルトを増やす方法

特許を参照した詳しい説明は先に紹介した過去記事に書きましたので、気になる方はそちらをみてください。

その要点をまとめると次のようになります。少し端折ってはいますが、概ねこのような感じ。

(1) 生乳、砂糖を混ぜた溶液を作る
(2) ヨーグルトを加え、43℃で発酵させる

R-1ヨーグルトの増やし方

まずはR-1ヨーグルトを増やすための材料を揃えます。概ね次の通りです。

【材料】
・成分無調整牛乳 1パック
・オリゴ糖    適量
・R-1(固形)  1個

牛乳は成分無調整のものを使います。低脂肪乳だと固まらない恐れがあるからです。

砂糖についてはオリゴ糖を使用します。その理由はプレバイオティクスとして腸内環境の改善に効果があると言われるから。他にもグラニュー糖などでも成功事例があるみたいなので、色々試してみるのもアリだと思います。

そして、タネとなるR-1は固形タイプにしました。その理由は、①低温調理器使用の場合にはジップロック上から簡単に混ぜられること、②添加物が液体タイプに比べて少ないこと、の2点からです。

特に僕が重視しているのは②の添加物問題。

液体タイプには固形タイプに入っていない、ぶどう糖果糖液糖、安定剤(ペクチン)、香料、酸味料などが入っています。賛否両論もありますが、僕はこれらの添加物はできるだけ取らないようにしているので、できるだけ液体タイプを避けたかったという経緯があります。

材料についての前説明は以上として、ここからはR-1を増やすためのステップを解説していきます。

(1) ジップロックに牛乳を投入する

まずは、ジップロックに牛乳をドバッと投入しましょう。この際のジップロックは容量の問題からLサイズの方がいいと思います。

低温調理器ではすぐに牛乳が温まるので、ヨーグルトメーカーの時のようにあらかじめ電子レンジで牛乳を温めたりしなくてよいです。

(2) 続けてオリゴ糖、R-1ヨーグルトを投入

今回は固形タイプを使いました。R-1ヨーグルトと、オリゴ糖を投入します。

低温調理器を使う時にはジップロックの上から揉んであげれば混ざるので、わざわざ液体タイプのR-1を使う必要はありません。

(3) 低温調理器(43℃、10時間)にかける

43℃でR-1ヨーグルトは発酵を始めます。

そのため、設定温度は43℃。時間は10時間で試してみて、仕上がりを見て調整していくのがよいでしょう。

低温調理器を使う場合のメリット・デメリット

f:id:karochoa1:20190109180150p:plain

低温調理器では温度設定が正確であるというメリットがあります。それに、ジップロックに食材を入れて放置するだけで調理が完結するという実はお手軽な調理器具。一家に一台置いておくと料理の幅が一気に広がります。

一方デメリットとしてはヨーグルトメーカーに比べてかなり高額です。初期投資に2万円程度かかりますので、これが一番の導入の足かせになるでしょう。

というわけで、とりあえずヨーグルトだけ作れれば良いという方はヨーグルトメーカーを、低温調理にもチャレンジしてみたいという方は低温調理器を選ぶと良いと思います。

どれくらい作れば元が取れるかーコスト計算ー

低温調理器本体の値段が高いこともあり、元が取れるのは作り始めて25回目。ただし、低温調理器があれば肉料理などの料理のレベルが一気に上がるので実際にはもっと早い段階で元が取れると思います。

  総コスト 112mlあたり
1回目 20339 2278
2回目 20678 1158
・・・ ・・・ ・・・
24回目 28136 131
25回目 28475 128
26回目 28814 124

ヨーグルトを増やすために使ったもの

今回使ったものをご紹介します。道具選びに迷ったら参考にしてみてください。

 明治ヨーグルトR-1 ドリンクタイプ

明治ヨーグルトR-1 112g×24個

明治ヨーグルトR-1 112g×24個

ここではヨーグルトメーカーの時と違ってR-1固形タイプを選んで使っています。

体感ですが、こちらの方が固まりやすい気もします。低カロリータイプもありますが、余計な添加物が結構入っているので避け、普通の砂糖が入っているものを選んでいます。

低温調理関連のアイテム

低温調理に必要な道具については上の記事を参考にしてみてください。

なお、ジップロックは1Lの牛乳を入れるのでLサイズを使用しています。

オリゴ糖 

北海道てんさいオリゴ 1kg

北海道てんさいオリゴ 1kg

砂糖の代わりとしてオリゴ糖を投入していますが、このオリゴ糖がベストに思えます。他のオリゴ糖ではヨーグルトがゆるく仕上がることが多いですが、北海道てんさいオリゴならちょっと硬めに仕上がるので個人的にはこれが好き。

ちなみにフラクトオリゴ糖 700gを使うとゆるめになりますので、お好みに合わせて使い分けてください。