かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

社会人だからこそスタディサプリ!授業はハイレベルで義務教育課程の学び直しとしてコスパがかなり高かった。

f:id:karochoa1:20190106164923p:plain

最近、池上彰さんと佐藤優さんの共著である『僕らが毎日やっている最強の読み方』を読みました。

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

  • 作者: 池上彰,佐藤優
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: 単行本
 

この本では、新聞や専門書、インターネット記事をはじめとしたメディアの読み方を対話形式で解説しています。

そして、メディアを読み解く前に必要な前提知識として義務教育課程の学習内容の定着が必要ということが書かれていました。

これがないと、いくら大量の情報に当たったとしても、水をザルで受けるようなもの。ザルをガラスボウルに変えるためにはこの義務教育課程の内容を定着させることが必須です。この指摘は本当に的を射ていると思いますが、社会人になってしまうと学生時代の学習内容を復習することは時間・労力の点から敷居の高くなりがち。

そんな義務教育課程の叩き直しの解決策の1つとしてスタディサプリがあります。ただしこのサービス、月額課金モデルをとっており社会人で周りにこのようなサービスを使っている人はいないですから、ちょっと試しに…ということにもなりにくい。

そこで、実際試してみた僕の感想をご紹介してみようと思います。

スタディサプリへ

料金は月額980円(税別)で受け放題

月額980円(税別)で授業が受け放題です。普通に講義を受けている限り追加料金は一切不要。さらにPDF形式のテキストまでダウンロードできます。

1,000円ちょっとというランチ1回分のお金で1ヶ月間授業が受け放題ですから、将来メディアリテラシーが上がることを考えると投資として決して高くないと思います。下手なセミナーを受講するよりずっと安い。

中学講座で受けられる授業は主要5科目

申し込みをすると小学講座、中学講座、高校講座を受講することができます。

中学講座では、英語・数学・国語・理科・社会の主要5科目を、高校講座では英語・数学・現代文・古文、漢文・小論文・化学・物理・生物・日本史・世界史・政治経済・地理・現代社会・倫理が受けられます。

これだけでもかなりのボリュームです。

中学講座のサービス内容

ここでは僕が受講している中学講座のお話をします。高校講座であっても基本は同じですが、サービス内容は大きく三つに分かれます。

①講義
②確認問題
③テキスト

①授業は1コマ60分くらいで、3〜4個ぐらいのチャプターに区切られています。受講が終わったコマにはチェックマークがつくので、どこまで受講し終わったかは一目瞭然。付箋やマークなどなしに進捗確認ができるのはデジタルならではです。

②続いて授業を終えると確認問題があります。確認問題は問題に対して四択の中からクリックして回答していくというタイプ。筆記用具なしでできるので移動中の時間も有効利用できます。

テキストはPDF形式で無料でダウンロードすることができます。各講師の方が独自に作成しているようです。いろいろな出版社さんの教科書を参考に作成されているようですが、授業中にテキストに載せていないことを補足することもあります。

授業がおもしろい

スタディサプリはいろいろとメリットはありますが、まず何と言っても授業が面白いということ。各科目の授業も本当によく練られていて、下手な予備校に行くよりよっぽどハイレベルです。頭に残りやすいように各講師の方はいろいろな工夫を凝らされているのがわかります。

社会人でもイチから人に教えてもらえるという幸せ

社会人は中学校レベルのことは知っていて当たり前と言われますが、本当にそうでしょうか?テキストを見てみると意外と知識が欠落している場合も多いものです。ところが、基礎を人から教えてもらえる機会は滅多にない。

これを授業という形で安く、レベルの高い授業がいつでも隙間時間にスマホで受けられるということは相当なメリットだと思います。

気軽にできる

講義はチャプターに分かれています。

しかも10~20分という細かく区切られているので、電車の移動中やちょっとした空き時間にさっと受けることができます。ガッツリ90分通しで授業を受けなければならないと体力的にも精神的にもきついですが、これなら自分のペースで進められます。

教科書以外の教材を買う必要あり

確認テストがあるとはいえ、知識として定着させることを考えると問題数が絶対的に少ないのがスタディサプリのデメリット。そこで、知識の定着という点で市販の問題集をやった方がよい。

科目によっては副教材も揃えた方がいいものもあります。例えば社会科の資料集、用語集などです。副教材により図表や写真で視覚から覚えることができ、記憶もしやすいです。

あとがき

スタディサプリは質の高い授業がどこでも受けられるので、時間短縮に使うことができ「社会人だからこそ」オススメできる要素が満載のサービス。

デメリットもあるものの、それを上回るメリットが期待できると思います。試してみたらそのクオリティの高さに驚くはず。

スタディサプリへ