かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

添加物たっぷりのシャンプー、ボディーソープとはおさらば?安心安全な、あの商品で代用可能か体を張って調べてみました。

f:id:karochoa1:20190608090748j:plain

シャンプーやボディーソープの成分表示を見ると、ラウレス硫酸ナトリウムやパラベンなど、かなりの添加物が含まれていることがわかります。

ほとんどのものに含まれているので、「避けることは不可能か?」と思いながら探し続けた結果…ありました。添加物なしで安心して使えそうなものが。それがシャボン玉液体洗濯石けんだったのです。

洗濯用洗剤をシャンプー、ボディーソープとして使う?

無添加で有名なシャボン玉石けんですが、ラインナップの中にEM液体洗濯せっけんというものがあります。名前の通り、洗濯用の洗剤です。

業務用のような見た目で洗濯用ですが、僕はこれをシャンプーやボディーソープに使えないかなぁと考えたわけです。もし使えるなら5Lという大容量で、シャンプー用、洗顔用、洗濯用のように、用途ごとにに使い分ける必要もなくなる。これぞオール・イン・ワンです。

ところが一つ問題があります。洗濯用洗剤って身体を洗っても大丈夫なのか?率直に言ってかなり抵抗があります。身体への刺激って大丈夫なの?害はないの?という疑問も当然ある。

 

シャボン玉 EM液体洗濯せっけん 5L

シャボン玉 EM液体洗濯せっけん 5L

 

他に同じような人がいないか、Amazonのレビューを見てみる

まずは、他に洗濯用洗剤をシャンプーや普段の石鹸として使っている人はいるのか?ということからリサーチを開始。

Amazonのレビューを見てみると、実際にシャンプーやボディーソープとして使っている方がいらっしゃる。ここでは該当箇所を引用させていただきます。

3人家族
ボディーソープ 洗顔 洗髪 洗濯石鹸として使っています
出典:Amazonカスタマーレビュー

かなり広範囲で使っているようです。問題ないのでしょうか?そこでもう少し調べてみると…

レビューを見て洗濯以外に、洗髪・洗顔・ハンドソープ・台所用洗剤に使ってます‼まとめて言うと、全部文句なし!(中略)一応メーカーさんにも問い合わせして、全身に使っても食器に使っても問題ないとのことですが、やはり専用に作られた商品はアボカドオイル配合とかしててそちらが一番オススメではあるそうです。でも、洗濯石鹸で全身洗えるの面白いし、経済的なので、当分このまま使ってみようと思います。
出典:Amazonカスタマーレビュー

あらゆる場面で洗濯用洗剤を使っているという意見も。しかもこの方は、メーカーさんにも確認をとっての使用とのことです。これが本当なら安全性の問題もクリアできてパーフェクト。

 

実際にメーカーさんへ問い合わせをしてみた

実際にちゃんと使えるかの裏をとっておきたかったので、メーカーさんへ直接問い合わせしてみました。

 

Q:Amazonのカスタマレビューでシャボン玉 EM液体洗濯せっけん洗濯石鹸の他に、ボディーソープ・洗顔・洗髪に使用されている方がいらっしゃるようですが問題ないか。
 
回答はすぐにメールでいただけました。(早すぎてびっくり)メールも丁寧です。内容の概要は以下の通りです。
 
A:シャボン玉の各種石けんは、石けん成分のみの無添加石けんなので様々な用途に使用可能。
ただし、洗濯用製品・台所用製品は家庭用品品質表示法によって、他用途への使用が禁止されている。メーカーからは転用可能とは言えない。

はしょってはいますが、内容についてはだいたいこのような内容でした。もっと詳しく聞きたい方は、ご自身でメーカーさんにコンタクトを取ってみてください。とても丁寧に説明してくださります。

まず、家庭用品品質表示法という法律は知りませんでした。この法律により、メーカーさんが他用途に使えると公言することはできないとのことなので、使うならあくまで自己責任ということでしょう。

そのようなリスクはありますが、成分表示を見ても石けん成分のみの無添加石鹸であることは確かです。

 

実際に洗濯用洗剤をシャンプー、ボディーソープとして使ってみた

実際に使ってみました。用途はシャンプー、ボディーソープ、洗顔です。

一番怖かったのがシャンプーです。抜け毛が急に増えたりしたらどうしよう…などと心配をしながら使いましたが、結果なんの問題もありませんでした。ココナッツオイルで保湿していたのも良かったのかもしれませんが、洗い上がりもかなりいい感じ。

洗顔、ボディーソープとしての使用の方はそこまで怖くありませんでしたが、案の定全く問題なく。汚れもしっかり落ちている感じがします。手荒れなども今の所一切なく、使い始める時にどうしてあんなに怖がっちゃってたのか?と思うほどで、正直拍子抜けしています。

 

泡立ちの比較

これまでシャボン玉石けん製のシャンプー・ボディーソープ・洗濯用洗剤・台所用洗剤を試してきましたが、泡立ちについて気づいたことがあります。配合が違うためか、それぞれ少しづつ泡立ち方が違っていました。泡立ちがいいものから並び替えると、次のように感じました。

洗濯用洗剤 > シャンプー > ボディーソープ > 台所用洗剤

 

さらに、思わぬメリットがいくつか。

まずは風呂場で洗濯物を手洗いするときにめちゃくちゃ楽だということ。もともと洗濯用洗剤なのですから、当然といえば当然。桶に水を張って、洗剤と洗濯物を投入して押し洗いすれば即洗濯ができてしまいます。

そして、台所用洗剤としても使えていること。今までは台所専用のシャボン玉石けんを使っていましたが、泡立ちが悪くて油汚れが全然落ちなかった。洗濯用洗剤に切り替えてからはよっぽどの汚れでなければストレスなく汚れが落ちるようになりました。

また、EMという微生物のおかげか排水溝のぬめりも明らかに前よりつきにくくなりました。これは風呂場で顕著にみられました。

 

シャボン玉石けんシャンプーの容器との組み合わせが最強

f:id:karochoa1:20190409221916j:plain

当然5Lの容器をそのまま使えないので詰め替えが必要なのですが、僕のオススメはシャボン玉石けんシャンプーのポンプボトルに詰め替えることです。

このボトルがなかなか優れもので、容器がとにかく頑丈。100均と比べ物にならない硬い素材のプラスティックを使用しており、安心感が高い。

ただの入れ物と言われればそれまでなので、お好みの容器に詰め替えて使ってもらえば全然問題ないと思いますが…僕の場合は以外ありえない。

 

シャボン玉EMせっけんシャンプー(520ml)

シャボン玉EMせっけんシャンプー(520ml)

 

コンディショナーをどうするか?

石鹸ベースの洗浄剤なので、シャンプーとして使うとどうしてもきしんでしまいます。

普通のコンディショナーでもいいのかもしれませんが、僕の場合にはより無添加なココナッツオイルを使用しています。食べれるくらいのものなので安心です。これをシャンプーの後に500円玉くらいのココナッツオイルを頭に塗っておけばOK。翌日も水で流してドライヤーをかけるだけで髪がまとまります。

 

あとがき

個人的には大満足。早くこれにしとけばよかったと思っています。

ただし、メーカーさんからは正式に「使っていいよ!」と言われたわけではないのも事実。なので皆さんには安直にオススメできないところもありますが、上で書いた通り万能洗剤としてのシャボン玉洗濯用石鹸はかなり優秀だと思いました。

使ってみるかどうかは、皆さんの心の抵抗の部分がかなり大きいと思います(笑)Amazonレビューを見渡しても少数ながらシャンプーなどとして使っている方もいらっしゃいましたが…使うか使わないかは読者の皆さんのご判断になります。内容が内容だけに歯切れの悪いあとがきなのが申し訳ないところ。

シャボン玉 EM液体洗濯せっけん 5L

シャボン玉 EM液体洗濯せっけん 5L