かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

台湾旅行を10倍楽しむためのポイントを挙げてみました。

f:id:karochoa1:20181218180045p:plain

僕の過去の台湾旅行歴は3度。そこまで多いわけでもありませんが、行くたびに気をつけるべきポイントなども少しずつ見えてきました。あらかじめポイントがわかっていれば台湾旅行は10倍楽しむことができます!

今回は僕が台湾旅行に行く前に知っておきたかった!ということを中心にポイントをお伝えできたらと思います。

両替について

f:id:karochoa1:20181218121913p:plain

台湾旅行では、現地通貨を必ず入手しておきましょう

ローカルが通うような飲食店や夜市、屋台などでは現金しか使えないこともザラです。クレジットカードももちろん役立ちますが、現地通貨を多めに用意しておくことをオススメします。

僕が必ず行くお茶屋さん林華泰茶行では、クレジットカードが使えないので他の人より多めに現金を用意していっています。

桃園国際空港なら、深夜着の便でも空港内の両替所は空いています。日本国内での両替ではレートが悪いので、台湾現地での両替がおすすめです。

他にも海外キャッシングを使ってATMで現地通貨を入手する方法もあります。その場合には海外キャッシング枠が確保されているか、などの確認もしておくと良いでしょう。

プリペイドSIMカードが便利

f:id:karochoa1:20181218122238p:plain

桃園国際空港では台湾の大手キャリアがプリペイドSIMカード販売をしています。昼に到着する便であれば空港でSIMを手に入ります。

一方で深夜着の便では、成田空港でSIMカードを買っておくことがおすすめ。キャリアがいくつかありますが、オススメは中華電信です。台湾の三大キャリアの一つで、体感ですが下手をしたら日本のより通信速度が早いです。

そして、僕はポケットWi-fiよりもSIMの方をおすすめします。

POINT

(1)現地の電話番号が入手できる
(2)レンタサイクル(YouBike)が使える
(3)ポケットWi-fiの充電が不要

特に大きいのはポケットWi-fi本体の充電を気にする必要がないこと。このことにより、日本でスマホを使っているのと同じように使えます。GoogleMapsなども日本にいるときと同じ操作ができるので、日本で行きたいところにスターをつけておいて現地で地図を見ながら移動ができます。

もう一つがレンタサイクル(YouBike)が使えるということです。レンタサイクルは台湾現地の電話番号と悠遊カードがあれば簡単に利用することができます。台北市内の見所はは意外と狭い範囲に密集しており、一部地下鉄だと行きづらいところがあるなどレンタサイクルの活躍する場面は予想以上に多いです。

そして、現地の電話番号が入手できることももしもの時に大変役に立ちます。というのも、海外でクレジットカードを紛失した場合カスタマーセンタへの電話が必要です。現地の電話番号がないと莫大な額の国際電話料金がかかってしまいますので、もしもの時に便利なオプションだったりします。

悠遊カード(ヨーヨーカー)について

f:id:karochoa1:20181218121213p:plain

できれば桃園国際空港についたらすぐに、空港内のセブンイレブン悠遊カードを買いましょう。悠遊カードとは台湾版のSuicaのようなもので、空港から台北市内への鉄道料金や地下鉄でも使えるプリペイドカードです。

だいたいレジの脇に置いてありますが、わからなければ店員さんに「ヨーヨーカー?」と聞けば出してくれます。日本と同じで、プリペイドカードもいくつか種類があるので間違いなく悠遊カードか確認すること。

悠遊カードを使えば地下鉄の運賃も割引になりますし、レンタサイクルを使うときにも便利なので買っておいたほうが良いです。絶対に損はしません。

僕の場合には、台湾に今後初めて行く人へのお土産として買って行ったりしています。意外なほど喜ばれます。

レンタサイクル(YouBike)について

f:id:karochoa1:20181218175828p:plain

台北市内は意外に狭いエリアです。

地下鉄やタクシーももちろん使えますが、レンタサイクルのYouBikeがあれば行きたい場所によっては移動時間の大幅な短縮になったり、移動にかかる費用が抑えられたりとメリットは多いです。海外で自転車に乗れるという特別感もいいですね。

実は自転車本体はGIANT製だそうで、非常によく整備されており料金も格安。自転車の乗り捨てもステーションの空きがあればどこでも可能、とかなり使えるサービスになっています。パイナップルケーキのSunnyHillsや、お茶屋さんの林華泰茶行へは駅から少し離れているのでYouBikeを使うと便利。

利用には悠遊カードがあると便利なので、ぜひゲットしておいてください。

電車とバス(orタクシー)で九份・十份・猫村(猴硐)に行く方法

ツアーだと難なくいける九份方面も、電車やバスなどをうまく使えば個人旅行であっても簡単に行けちゃいます。ちょっとした遠出になりますので、九份方面に行くのであれば旅程のうち丸一日とっておくと安心して回れると思います。

九份・十份・猫村(猴硐)は、全て同じ方面なので、3箇所全てを回ることも可能です。その場合には猫村(猴硐)→十份→九份の順がベスト。このルートだと九份の夜景が見られるし、順番的にも効率が良いと思います。

九份への行き方

f:id:karochoa1:20181027112712p:plain

ザクッと説明すると、まず台北車站から瑞芳(ルイファン)駅まで電車で移動し、そこからバスかタクシーで九份まで移動します。

臺灣鐵路管理局-列車時刻查詢系統から、電車の時刻表がダウンロードできますので参考になります。

使い方は、左の青いメニューの時刻表下載をクリックし、平溪/深澳線のPDFをクリックすれば瑞芳(ルイファン)方面への時刻表がゲットできます。ちなみに下載はダウンロードの意味です。もちろん、現地の駅に備えつけられている時刻表をみるのもアリです。

猫村(猴硐)へ行く方法

f:id:karochoa1:20181027110734p:plain

猫好き必見の猫だらけスポット、猫村(猴硐)。よくガイドブックでも紹介されているのでご存知の方も多いかもしれません。瑞芳まで行けばそこからは一駅で行けてしまうのでついでに回るのも全然アリだと思います。

まずは九份に行く場合と同じように瑞芳に行き、そこから電車を乗り換えて猴硐へと向かいます。瑞芳までとは違って、電車の本数が一気に少なくなるので注意が必要です。

十份へ行く方法

f:id:karochoa1:20181027111445p:plain

ランタンで有名な十份。電車だけで行けます。

行き方は簡単。まずは九份に行く場合と同じように瑞芳に行き、そこから電車を乗り換えて十份へと向かいます。

予想以上にランタン上げは楽しいので、九份方面に行くのならばよっぽどのことがない限り行ってみることをおすすめします。実際に今も使われている線路が中央に通っており、それも含めてとても面白い場所です。