かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

イヤフォンのストレスを限りなくゼロに。Apple AirPodsを実際に1年ほど使ってみた感想をまとめてみました。

f:id:karochoa1:20181215110657p:plain

Apple AirPodsを使ってみた感想など

f:id:karochoa1:20190110162623p:plain

Apple AirPodsも発売から相当時間が経っていますが、未だ新モデルの発表はありません。そんなAirPodsですが、僕も使い始めてから1年弱が経ったところで感想を残しておきたいと思います。

結論から言うと、無線イヤフォンとしての完成度は素晴らしい。ただし、欠点もないわけではない。その点も触れながらお伝えできればと思います。

Apple AirPodsを使ってみてよかったところ

f:id:karochoa1:20181214113715p:plain

まず製品の仕上げの素晴らしさは触れておかなければなりません。オープンイヤー型の宿命としてプラスチックむき出しになってしまいますので、仕上げが悪いと装用感が悪くなって実用レベルに達しません。先っぽの銀色の部分もさすがはApple。非常に綺麗に仕上がっています。この点は実際に使ってみる前から全く心配ありませんでした。

また、ケーブルが全く付いていないので装着時に邪魔になるものが一切ないのもポイント。たまにつけているのを忘れてしまうほどです。他のBluetoothイヤフォンでは左右のイヤフォンの間にコードがあるものもありますが、これは比べ物にならないくらいに楽です。コード付きのものは、首にコードが触れることから汗をかいたりするとコードが引っ張られてずれてきてしまうので落ち着かない。コードがないだけで全く別世界です。

地味によかったのが片耳ずつ装着できること。長時間使いたいときにはどうしても電池の持ちが気になる場合があります。そんなときには片方を装着し、もう片方をケースに入れておけば片方のイヤフォンの電池は常にMAXになると言うわけです。

f:id:karochoa1:20181214114400p:plain

次に装用感。これまでiPhone付属のEarPodsを使ってきた人にとっては全く問題ないでしょう。ただし、全く大きさは同じわけではなくApple AirPodsのほうは若干ではありますが大きく作られているようです。(写真ではほとんどわからないくらいです)もしも不安があれば、実際に店頭で試してみるべきではあります。

そしてカナル式のイヤフォンが苦手な人にとっては、Apple AirPodsのようなオープンエア型のイヤフォンで無線のもは意外なほど少ない。確かに音漏れの問題もありますが、自転車でも外の音が聞こえますしカナル式にありがちな自分の脈の音が聞こえる現象もなく非常に快適です。

f:id:karochoa1:20181214114703p:plain

また、Appleユーザーには嬉しい点として充電端子がLightningになっています。ケーブルの種類が増えるとごちゃごちゃしてストレスになるので、この統一感は嬉しいところ。近いうちにQiに対応したケースも発売になるんじゃないか?と噂されており、そうなったらさらにケーブルから解放されることになります。

ペアリングもかなり快適でした。他のBluetoothイヤフォンを使った時に一番不便に感じたのがこのペアリングでした。突然接続が切れたり、そもそもペアリングができない経験もありましたが、このApple AirPodsならそんな煩わしさも皆無。

欠点はほとんどないが、あえて挙げるとすると…

f:id:karochoa1:20181214113019j:plain

Apple公式では連続使用時間は5時間となっていますが、そこまでは持たない気がする…ということで実際に計測してみました。ボリュームの問題や、ちょっと外出をしたこと、1年近く使っていることを考えると致し方ないですが3時間40分くらいの連続使用時間となりました。

また、カナル型が好きな人にとってはオープンエア型なのでその時点で選択肢から外れると思います。

そして、発売当初よく言われていたことですが、うどんと揶揄されることも欠点といえば欠点でしょうか…毎日のように使っていると、ほとんど気にならなくなっていきますので、うどんがネックで使わないのはもったいないかな。それを上回るメリットは確実にあると思います。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A