かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

銀行口座を3つに分けたら、収入・支出・貯蓄の動きがハッキリわかるようになりました。

f:id:karochoa1:20181211141421p:plain

家計管理法はそれこそ様々なものがありますが、僕が試した中でも優れていたのは銀行口座を3つに分ける方法でした。今回は、銀行口座を3つに分ける理由、メリットなどについてお伝えできればと思います。

なぜ銀行口座を3つに分けるのか?

銀行口座を3つに分ける理由は、お金が入ってくる「収入」お金が出て行く「支出」お金を貯める「貯蓄」ごとにお金の流れを把握するためです。

銀行口座は1つで管理することが多いと思いますが、これらをごっちゃにしてしまうと、どの程度収入があって、どの程度お金が出ていって、どの程度お金が貯まっているのかというお金の動きを完全に見失ってしまいます。これは家計管理をしようというときにはかなりの痛手になってしまいます。

管理をするためにはまず、お金の流れを見えるようにしておく。簡単なことですが、これがあるのとないのとでは大違いになってきます。その一つの方法として銀行口座を3つに分けようというのが今回のお話です。

3つの銀行口座(収入・支出・貯蓄)の分け方

では、どのような基準で3つの口座を分けていけば良いのでしょうか?僕の場合の銀行口座の振り分け方をご紹介してみます。

・収入口座=給与振込口座
・支出口座=クレジット引き落とし口座
・貯蓄口座=現金貯蓄口座

① 収入口座

給与をはじめとする収入のすべてを収入口座に設定しています。家計でどのくらいの収入があるかがこれで一目瞭然となります。

収入が入ったらまずやることは、すべての現金を引き出すこと。そして、引き出した現金を向こう一ヶ月間で買い物する分クレジットカードの引き落とし分貯蓄する分を選り分けてしまいます。予算を先に振り分けることで、お金の管理が相当にしやすくなります。

貯蓄ができない原因として、余ったら貯蓄しようという考え方があります。相当に収入がある方ならともかく、僕もそうですがこれから貯蓄を習慣化しようとしている方にとってはこの考え方で貯蓄することは厳しいかと思います。大切なのは、先に予算の振り分けをすることです。

② 支出口座

支出口座の役割は、主にクレジットカードの引き落としのためです。毎月クレジットカードの請求分を預け入れる事になりますから、今月どれほどのクレジット請求額があるかを把握するいい機会になります。

そして、もう一つの実利的なメリットは、この口座を作ることで残高不足が防げることもあります。引き落とし専用口座を作ってから10年以上になりますが、これによって残高不足による引き落とし不能はゼロです。

実は過去に一度だけ残高が足りずに引き落としができなかったことがあり、その時の教訓として始めた方法だったりもします。

他にも、振込で支払いをしなければならないものもこの口座から行います。後になっても現金の支出額を一覧で確認することができるので、便利です。

③ 貯蓄口座

できれば同額をコンスタントに貯蓄するのが習慣化にもなりラクです。おすすめは過去記事にも紹介したポイント投資法です。貯蓄を成功させるためには、いかに習慣にするかが鍵になりますのでご自身にあった方法を見つけてみてください。

貯蓄専用の口座を作る理由は、お金が増えていく流れを見えるようにするため。どうしても貯蓄は億劫で後回しになりがちですが、可視化することでモチベーションも上がりやすくなります。

分割してシンプルに考えると見えてくるものもある

仕事でも勉強でも複雑なものほど、できるかぎり分割して単純化するとわかりやすくなります。お金についても同じで、できる限り小さく小さく分けてやることで動きが見えてくることがあります。

確かに銀行口座を作ったり、お金を移動するために引き出しに行ったりと手間が増えることは確か。でも元手となるお金は必要ありませんし、そのデメリットを追ってでも余りあるメリットが得られることは保証します。

ぜひ、一度試してみてください。