かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

林華泰茶行なら、最高品質の台湾茶が最安値で手に入ります。少し分かりづらい注文の仕方、お茶の値段、お茶の種類をまとめてみました。

f:id:karochoa1:20181216142721p:plain

僕が台湾に行ったら必ず寄りたいお店No.1は林華泰茶行お茶のお土産を買うのであれば、林華泰茶行さんを激しくおすすめします。

何と言っても良質な台湾茶が他店とは比べ物にならないくらいの安値で購入できるんですから。それでは、詳しく紹介していきます。

林華泰茶行の紹介

林華泰茶行さんは小売もやっていますが基本的には問屋さんで、創業から100年以上経っている超老舗です。

店構えは無骨そのもの。正直初めて行った時も入りにくさ満点でした。

勇気を出して入ってみると、ものすごいお茶の香りが。巨大なドラム缶のようなものにお茶がびっしり入っています。ここのお店は量り売りが基本になっているため買いたい量を伝えて袋詰めしてくれるというシステムになっています。

中国語ができなくても大丈夫。日本語が話せるスタッフさんもいるので、入店時に「こんにちは〜」と言いながら入れば、日本人だとわかってもらえます。これ、ちょっとしたコツかもしれません。

お茶の価格表と、値段の考え方

f:id:karochoa1:20181210095108p:plain

まずはレジ横にある価格表をチェック。この価格表があればそれぞれのお茶の価格と、どんなランクがあるかがザクっとわかります。

例えば凍頂烏龍茶であれば上から5番目にあります。右に目をやると、600, 1000, 1600, 2400, 4000とありますから、凍頂烏龍茶には価格帯としてこの5つの種類があることがわかります。

次に数字の意味ですが、600gあたりの金額(元)を表しています。これではわかりずらいので、日本円で考えた方がわかりやすいです。1元=4円と考えると、600gあたりの金額(元)=150gあたりの金額(円)と考えるとわかりやすいと思います。

数字はドラム缶にも書かれているので、ドラム缶の数字=150gあたりの日本円と理解しておくと良いでしょう。

注文時のコツ

f:id:karochoa1:20181211121743p:plain

そしてぜひ用意したいのがメモ帳。欲しいお茶と数量を書いて店員さんに渡せば、注文もスムーズにいきます。特にお土産を買っていこうと考えている場合には前もって注文を書いておくと、買い忘れもありません。

真空包装はできる?できない?

f:id:karochoa1:20181214111426p:plain
▲左が真空包装の凍頂烏龍茶、右が通常包装の文山包種茶

真空包装ができるかできないかで混乱されている方もいるようですが、林華泰茶行さんでは真空パックにも対応してくれます。ただし、真空包装に対応しているのは茶葉が丸まっているもののみ。凍頂烏龍茶や金萱茶などは真空包装できますが、文山包種茶などは茶葉が丸まっていないので真空包装できません。後述する今まで買ったお茶の写真を参考にしていただけるとわかりやすいと思います。

真空包装してほしい場合には「パウチしてください」といえばOK。専用の袋に入れた後に、店員さんがお店の奥で真空処理をしてくれます。普通の袋でも良いですが、お土産のときなんかには真空の方が喜ばれます。

僕が今まで買ったお茶

参考までに僕が今まで買ったお茶を列挙してみたいと思います。できるだけ色々試してみたいので、最小単位の150gで買うことが多いです。

凍頂烏龍茶600元

台湾茶といえば凍頂烏龍茶ですが、一番下のランクの600元のものでも相当おいしいです。初めて林華泰茶行さんに行った時に試飲させてもらったのがこの凍頂烏龍茶(600)でした。どれにしたらいいかわからないというときには、とりあえずこれを買っておけば間違いはないでしょう。茶葉は丸くなっているので真空包装できます。

金萱茶600元

f:id:karochoa1:20181211115458p:plain

ミルクのような甘い香りと表現されることも多い金萱茶(きんせんちゃ)です。実際に飲んでみたところ、確かに言われれば甘い香りがする…かな?という程度でした。もう少しランクの高いものだと違うのかもしれません。次は1200元のものも試してみようかと思います。茶葉は丸くなっているので真空包装できます。

文山包種茶1600元

買ったのは11月ごろでしたが、店員さんが激しくおすすめしてくれたお茶です。阿里山よりも今はこっちがいい!と言われ、買ってみました。さすがにこの価格帯になってくるとお味も全然違います。何より、何度淹れても味が落ちないと感じました。香りもかなりいい感じ…普段のむものというよりは、お客様が来たとき用の特別なお茶という感じがしました。この値段の価値はある。茶葉が丸くなっていないので、真空包装はできません。

お茶の機内持ち込みについて

僕の場合には前回林華泰茶行で買ったお茶が美味しすぎて、たくさん買ってしまうようになりました。そこで、スーツケースに入りきらなかった場合のお茶の機内持ち込みが気になるところですが、全く問題ありませんでした。

そもそもお茶は加工食品ですし、機内持ち込みが制限される危険物でもありません。大手を振って持ち込んでしまってOKです。

さいごに

せっかく台湾に行くのであれば、台湾茶は必ず買って帰ってほしい。その中でも林華泰茶行さんは間違いなく良いお茶を取り揃えています。

初めはちょっと入りづらいとは思いますが、勇気を出してお店に行ってみてください。きっと満足すること間違いなし。