かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

海外旅行で大活躍したコンセント一体型のモバイルバッテリー"PowerCore Fusion 5000"をレビューしました。

f:id:karochoa1:20181121153356p:plain

"PowerCore Fusion 5000"のレビュー

"PowerCore Fusion 5000"を一目見てこれは便利に決まってる!と直感しました。

モバイルバッテリーといえば、僕の場合使いたい時に電池切れしてることがしょっちゅうで役に立つのは買った時だけ…。モバイルバッテリーのライトユーザーであるほど、そんな経験に心当たりがある人も多いのではないでしょうか?

コンセントプラグがついている"PowerCore Fusion 5000"なら、悩みは一発で解消されます。

"PowerCore Fusion 5000"のスペック

f:id:karochoa1:20181120155946p:plain
▲コンセント付き(左)前面にはUSB出力2ポート(右)

前面にはUSBポートが2ポートあるので2人で電源を分けることや、スマホとタブレットの同時充電もできます。

なお、前面の小さい端子はmicroUSBでモバイルバッテリー本体の充電をコンセントプラグ以外でするときに使います。ここからは充電できないので注意が必要。

f:id:karochoa1:20181120163121p:plain
▲AC充電器、ケーブル不要

まず"PowerCore Fusion"本体にコンセントプラグが付いているので、AC充電器は不要です。これで荷物が一つ減ります。

そして、コンセントに差しさえすれば"PowerCore Fusion"本体の充電も同時にできるので、モバイルバッテリーを充電するためのケーブルも不要です。

よって持ち運ぶものは下の二つだけ。荷物をできるだけ減らしたい身からすればこれは魅力的です。

f:id:karochoa1:20181120160550p:plain
▲荷物が少なくなります。充電まわりはこれだけ。

モバイルバッテリーの電池容量は5,000mAなので、単純計算すると充電回数の目安はこんな感じです。
・iPhone8(約1820mA)で約2.7回分
・iPhoneXS(約2600mAh)で約1.9回分
・iPhone XS Max(約3100mAh)で約1.5回分

そして、普段からコンセントに挿しっぱなしにしておけば、急な外出でもフル充電で出かけられます。

[基本スペック]
サイズ  :約72mm x 70mm x 31mm
重さ   :約189g
電池容量 :5,000mAh
USBポート:2口

人によっては気になるかもしれない「重量」

コンセント付きなので、手で持ってみると少し重さを感じます。

モバイルバッテリーは約189gで、iPhone8が約165g。持った感じもiPhone 8よりちょっと重いくらいの印象です。

僕は斜めがけできるバッグに財布と一緒に入れていますが、これまで重いと思ったことはありません。

重さだけを見ればもっと軽いのがあります。気になる方は実際に手にとってみたほうがいいでしょう。

"PowerCore Fusion 5000"の使いかた

基本はコンセントに差しっぱなしです。

これでいつでもモバイルバッテリーはフル充電になるので、急な外出でも安心して使えます。

f:id:karochoa1:20181126105739p:plain
▲台湾の某ホテルにて。

そして、海外旅行では夜寝る前に電源に差しておきます。そうすると翌日持ち出す時にバッテリーがフル充電になっているので、これが意外と便利だったり。

旅行で夜にホテルに帰る時にはぐったりと疲れていることがほとんど。そんな時に、手間が少しでも省けると本当に助かります。

あとがき

モバイルバッテリーといえば買った当初は使うけれど、充電が面倒で実際には使うのは始めだけということが普通でしたが、"PowerCore Fusion 5000"なら、普段から使うことができ、常にフル充電。手荷物も減り、歴代品では間違いなく「一番使っているモバイルバッテリー」になりました。

今回紹介した商品