かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

ボールペン1本分のスペースに8色の色鉛筆、のマルチ8がオススメ。

f:id:karochoa1:20190117125207p:plain

ボールペン1本分のスペースに8色の色鉛筆、のマルチ8がオススメ。

無理なくペンケースに入る大きさ

f:id:karochoa1:20190117125207p:plain

なんとこの大きさで色鉛筆を8本が入っています。

色鉛筆を8本も持ち歩こうと思ったらかなり大きいペンケースが必要ですが、マルチ8なら楽に持ち運びができます。多色ボールペンでさえ4色までというものが多いですが、こちらは倍の8色です。

もちろん芯の色は自由に入れ替えができます。

マルチ8の歴史

1982年に発売のプリズメイトがマルチ8の前身に当たるもので、子供向けの携帯可能な色鉛筆として発売されました。

その後1987年、デザイナーなどのクリエイティブ向けにモデルチェンジして現在のマルチ8になりました。

各部の名称

芯を押さえる部分(銀色)を「チャック」、芯の色が表示されている部分を「芯名表示」、ヘッドの白い縦棒のマークを「芯かえ位置表示ライン」、ヘッドのノックするところを「ノック」といいます。

マルチ8の使い方

芯の出し方がちょっと特殊ですが、慣れれば簡単です。

①芯の色を選ぶ

使いたい芯の色にクリップの先端を合わせます。

②芯を出す

ペン先を下に向け、ペン先に手を添えた上でノックをおします。

手を添えないと芯がスルーっと抜けてしまいます。

ここが少しクセのあるところ。初めは少し戸惑うかも。

③芯をしまう

芯をしまう時は簡単。

ペン先を上に向けてノックを机に押し付けるだけです。

重力でスルっと芯が収納できます。

芯の交換時期など

交換のタイミングは芯の長さが15mmと言われています。

交換の方法は簡単。

ペン先を下に向けた上で、手を添えずにノックをします。(芯がズルッと落ちる)

その上で新しい芯をセットすれば完了。

削り機って使う?

f:id:karochoa1:20190117125039p:plain

削り機付きモデルと、なしモデルがあります。

当然なしモデルの方が安いですが、なしでも全然問題ありません。

削らない方が、色鉛筆の独特な質感が出るのでむしろいいと思うくらい。

 

細かい作業が多いクリエイティブ系の方なら、あったほうがいいのかも。

色の種類・色ごとの濃さ

f:id:karochoa1:20181023142659p:plain
▲本当に色鉛筆の質感だ!

上の写真が標準でセットされている8色です

色鉛筆なので当然ですが、力の入れ方(強く書く、弱く書く)で色の濃さが調整できるので、ボールペンのように無機質にならず、繊細な表現ができます。

そして、紙の質感によっても表情が変わるのが色鉛筆の味わい深いところ。

モニタだとわかりずらいかもしれませんが、基本的にはYELLOWと〜COPY系は薄くそのほかは濃いです。

ノンコピー芯なるものがついている

なんと、コピーに写らないというノンコピー芯なるものが2種類ついています。

PPCノンコピー :普通紙コピーに写らないブルー芯
シアゾノンコピー青焼きコピーに写らないピンク芯

クリエイティブ系の仕事であれば本来の使い方をするのでしょうが、僕はただの一般人なのでただの薄い色として使ってます。

色をあまり目立たせたくないときに地味に便利です。あらかじめコピーするつもりか考えて使う必要はありそうですが…。

RED(濃いめ)

確かに色鉛筆の赤ってこんなでした。

うすーく書くと若干ピンクっぽく、濃く書けばぱっきりした赤になります。

BLUE(濃いめ)

かなり優しい青です。

紙のボコボコ感によって表情が変わり、アナログな感じがグッときます。

うすーく書くと、ちょっと水色っぽく使えます。

BLOWN(濃いめ)

ここからはボールペンにないバリエーションの色。

ブラウンは地味な色なので多用しても見た目にうるさくなりずらい。

使用頻度の高い色です。

ORANGE(濃いめ)

結構どきついオレンジです。

こちらはぱっと見で目を引く色。

多用しすぎるとゴチャッとなりますが、優しい色ではあります。

YELLOW(薄め)

かなり薄めの色なので、好き嫌いが分かれるかもしれません。個人的にはもっとパキッとした濃い色が好きなので、黄色の出番は少なめです。

イラストで使う人や、小学生の頃に黄色が好きだった方は重宝するかも。

GREEN(濃いめ)

緑は結構濃いめですが、赤などの暖色系にはない落ち着いた感じがあります。

主張があまり激しくないので色分けするときに大活躍。

DIAZO NON COPY(薄め)

ピンク、桃色です。暖色系で目立たせたくないときにはこの色一択。

ノンコピー芯ではありますが、なかなか使い勝手がいい色です。

PPC NON COPY(薄め)

みずいろです。寒色系では一番薄い色です。

何箇所も同じ色をつけたいというときはかなり重宝します。同一紙面上で埋め尽くされててもあまり気になりません。

個人的にはかなりの頻度でお世話になっている色。

マルチエイトの種類

僕が持っているのは、通常のマルチ8ですが、今から買い直すとしたら海外版のマルチ8を選ぶと思います。無色なのでセットされている芯の色が一発でわかるのが魅力的です。

またマルチ8とスーパーマルチ8は見た目が全く同じなので注文するときには注意が必要です。

マルチ8

まずはスタンダードなマルチ8。

上でも紹介した基本の8色がセットされたタイプになっています。

上段は本体だけのモデル、下段は替芯と削り機がついたモデルです。

ぺんてる シャープペン マルチ8 PH802  ホルダータイプ

ぺんてる シャープペン マルチ8 PH802 ホルダータイプ

 
ぺんてる マルチ8セット  PH802ST  色芯8色

ぺんてる マルチ8セット PH802ST 色芯8色

 

 

スーパーマルチ8

こちらは色鉛筆とボールペンがセットになったモデルです。

ボールペン色は黒、赤、青の三色。

色鉛筆は、PPCノンコピー、蛍光ピンク、蛍光イエローの三色です。

ぺんてる シャープペン スーパーマルチ8  PH803

ぺんてる シャープペン スーパーマルチ8 PH803

 
ぺんてる スーパーマルチ8セット PH803ST

ぺんてる スーパーマルチ8セット PH803ST

 

 

海外版マルチ8(プリズメイト)

海外版は1982年発売「プリズメイト」そのものです。

本体のカラーバリエーションがあるのが特徴。

カスタマイズで言えばこちらの方が使い勝手が良さそうです。

日本版と違って芯名表示がなく、ボディーが透明。

自分の好きな芯色に交換しても違和感がなさそうです。

ちなみに…過去には鉛筆モデルもありました

生産停止になりましたが、過去には801という2B, B, HB, Hの鉛筆芯がセットされたものもありました。色鉛筆の芯が入るのだから、鉛筆の芯が入るのも納得です。

あとがき

このマルチエイト、使えば使うほど思いますがめちゃくちゃ良くできています。とにかくコンパクトな色鉛筆なので、様々なシーンでの活躍間違いなし。

社会人の方も会議中の資料への書き込みなど、意味ごとに色を変えることで効率が上がるし、学生の方でもノートや暗記学習の補助にマルチ8は助けになってくれるでしょう。