\ 楽天スーパーセール開催中! /

【Python】Jupyter Labの操作方法のまとめ

  • URLをコピーしました!

ブラウザ上でPythonコードが書けるJupyter Labの使い方を解説した記事です。

Jupyter Labはコードを書くたびに結果が見られるのでデータ分析界隈で愛用者が多く、コードの挙動をテストする際にもとても便利なライブラリです。

とはいえ、ちょっとだけ使い方にクセがあるのも事実。

本記事では僕がJupyter Labを使っていてつまずいたポイントを中心に、迷いがちなポイントを解説しました。

使い方に詰まってしまった方には辞書的な感じでお使いいただけると思います!

Jupyter Labを使う準備

インストール

# Windows
pip install jupyterlab

# Mac
pip3 install jupyterlab

ターミナルやコマンドプロンプト(以下「ターミナル」)で上記を実行すればOKです。

起動

jupyter lab

起動もターミナル上で行います。

終了

Jupyter Labの終了方法は次のいずれかで行います。

  1. ターミナル上でCtrl + Cをタイプ
  2. Jupyter Labのメニューバーから終了

なお、メニューバーのShut Downボタンは以下の場所にあります。

基本操作

プログラムを1行ずつ実行

セルにコードを書いた後に、以下のキーを入力します。

  • Windows:Shift + Enter
  • mac:Command + Enter

実行結果はすぐ下のスペースに表示されます。

セルの削除

セルが選択された状態でescD x 2回を押します。

escを押すことでエディットモードに切り替わり、削除キー(D)が使えるようになります。

pyファイルの出力方法

pyファイルへの出力は、メニューバーから以下の操作をします。

File > Save and Export Notebook As… > Executable Script

Executable Scriptとは実行可能なコードという意味です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると喜びます!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Pythonを使った開発が得意なプログラマー。
過去には物販業界、士業業界、医療業界、飲食業界の業務効率化ツールを多数制作してまいりました。
趣味は低温調理とロシア武術のシステマ。

コメント

コメントする