【感想と要約】『カメラはじめます!』こいしゆうか、鈴木知子|カメラで挫折したことがある人は必読

『カメラはじめます!』の感想と要約

カメラ本を何冊も買っては挫折を繰り返してきた僕が、ようやくたどり着いたカメラのベスト・オブ・入門書を紹介します。

  • カメラの設定は、いつもフルオートモード
  • Avモードが使いこなせない
  • ボケの作り方を知らない
  • 逆光は、必ず避けて撮っている
  • 構図、と聞いてピンとこない

このような方には、オススメの本でした。

『カメラはじめます!』の目次

第1章 プロローグ
第2章 運命のカメラとの出会いかた
第3章 覚えることは3つだけ!カメラのコツ
第4章 知っているだけでセンスいいねと言われる!写真のコツ
第5章 デジタル一眼カメラでしか撮れない世界
第6章 思わず見せたくなるステキな写真のつくり方
第7章 売れる写真を撮るプロのテクニック
最終章 カメラのあるちょっといい毎日

『カメラはじめます!』の特徴

僕が読んで感じた、『カメラはじめます!』の特徴をご紹介します。

初心者がまず、知っておくべきカメラ知識を網羅

デジタル一眼レフカメラを初めて手にしたら…混乱しますよね。
それもそのはず、機能が多すぎるのです。

ところが、初心者が知っておくだけで一気に上達するという知識や考え方というものがあります。
細かいことはのちのちに覚えるとして、これらをマスターすべきです。
それが網羅されているのがこの『カメラはじめます!』だと思います。

何より、マンガで分かりやすいこと!

あなたは、カメラ本を手に取ったことはありますか?

大体のカメラ本といえば、「文章+作例の写真」というオンパレード。
ストーリー性が全くなく、カメラ命!な人にとっては宝の山ですが、「写真…なんかいいかも」というテンションではじめたような方(僕も)には、ちょっと引いてしまいます。
というか、絶対ムリでした。

『カメラはじめます!』では、キャンプを本業にする「こいしさん」が、プロカメラマンの「鈴木先生」からイチからカメラを教えてもらい、上達していくというマンガ形式になっています。
そのため、まっさらなカメラ初心者が辿るべき、上達への最短ルートがストーリー仕立てでわかりやすく読むことができます。

なにより、初心者がハマりがちな疑問点を「こいしさん」が代弁してくれるので、
「そうそう!これが知りたかったんだ!」
という感動も覚えます。(この要素は、他の本では得られない)

どんな人が買うべき?

では、この本を買うべき人とは、どのような人でしょうか。

カメラ本を初めて買う人

カメラを手に入れた、これから買おうとしているが、教材として本が欲しい。
そんな方に、まずオススメしたい。

マンガからはいる、ということに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、ただのカメラマンガではありません。
初心者に必要な情報が、わかりやすく収録されている。

お堅い本を買うのをグッとこらえて、まずはこの本から始めてみることをお勧めします。
僕も、この本から入門していれば、もっといろんな写真が撮れたかもしれない…と思うことがあります。

カメラ本を買ったことがあるが、挫折した経験がある

まさに自分自身のことですが…(笑)
色々なカメラ本を買ってきて、イマイチ内容が身についていないな、と感じたら読んでみて欲しいです。

冒頭と繰り返しになりますが、一つでも当てはまったら、この本は「買い」です。

  • カメラの設定は、いつもフルオートモード
  • Avモードが使いこなせない
  • ボケの作り方を知らない
  • 逆光は、必ず避けて撮っている
  • 構図、と聞いてピンとこない

あとがき【ゴールは、「と……撮れる!!」】

この本のゴールは、最終章の「こいしさん」のセリフに現れています。
ここで、引用してみましょう。

と……撮れる!!

撮りたいシーンで
撮りたいイメージで
ちゃんと撮れている
しかも…

今までだったらスルーしていたようなものも
カメラを通してじっくり見るから
見えなかったものまで見えてくる

もっと撮りたい!
残したい!

カメラ持ってて
よかったー!!!

『カメラはじめます!』最終章151ページ

これ以上の説明は不要でしょう。
ちょっとのテクニックで、カメラライフはガラッと変わりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です