『入社1年目の教科書』岩瀬大輔

『入社1年目の教科書』の概略

まずは、本の大まかな概略から見ていきます。

『入社1年目の教科書』について

入社1年目の方を対象にはしていますが、社会人経験がある程度経っている方にも発見があると思います。

  • 書名:『入社1年目の教科書』
  • 著者:岩瀬大輔
  • 出版:ダイヤモンド社
  • ページ数:236ページ

著者の「岩瀬大輔さん」ってどんな人?

著者の岩瀬大輔さんのプロフィールを紹介します。

  • 1976年埼玉県生まれ
  • ライフネット生命創業者
  • 1997年司法試験合格
  • 1998年東京大学法学部卒業
  • ハーバード大学経営大学院で日本人4人目のベイカー・スカラーを取得

司法試験には合格したものの、弁護士にはならなかったという経歴の方。
「この人と一緒に仕事をしたいかどうか?」で働くかどうかを決めているそうです。

この判断基準は、たしか投資家のウォーレンバフェット氏も同じようなことを言っていた気がします。

仕事での時間は、人生の大半の割合をしめるので、価値尺度として納得のものだと感じました。

『入社1年目の教科書』の要約

この本のメインの主張は、次の3点です。

  • 原則①:頼まれたことは、必ずやりきる
  • 原則②:50点で構わないから早く出せ
  • 原則③:つまらない仕事はない

あとがき:感想

正直、このような自己啓発本はあまり得るところがないので避けていましたが、この本は当たり前のことに気づかせてくれるという意味で「読んでよかった」と思う本でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です