かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

海外旅行の必需品と、オススメなあると便利なもの

f:id:karochoa1:20181214095042p:plain

今年は3回の海外旅行を経験しましたが、つくづく思うのは準備の大切さ。

特に荷物の忘れ物は、ものによっては現地で調達できないこともあり致命的になりかねません。海外旅行の回数も増えてきたところで、自分の中で「これは便利!」と思うようなものも固まってきました。

そこで、今回は海外旅行で持っていくべきものをまとめてみました。

誰でも必ず必要な、海外旅行基本3点セット

まずは、すべての旅行者が必要な3点セット。

・パスポート
・ビザ(査証)
・航空券

パスポート・ビザに関しては、不安があれば別サイトを参照されてください。解説しているサイトはごまんとありますので…

航空券については、いろいろなサイトを知って使い分けることでより安くなります。詳しくは以前のエントリーにまとめてあるので、参考になると思います。

ちょっとしたテクニックで旅行しやすくなるグッズ3点

続いてご紹介するのは必需品ではあるけれどちょっとしたコツで旅行がしやすくなるものです。

・お財布
・カバン、スーツケース
・携帯電話(スマホ)

お財布

オススメはズバリ!無印良品のトラベル用ウォレット。

f:id:karochoa1:20181121130858p:plain
▲安くて使いやすい無印良品の財布。

「お財布だけはお金をかける!」という日本人は多いですが、こと海外旅行ではあまり高価な財布を持ち歩くのはスリに狙われたりで、やめておいたほうがいいです。

僕も普段は(ちょっとだけ)いい財布を使っていますが、海外旅行では無印良品のトラベル用ウォレットを使っています。このお財布、税込990円というお値段はもちろん旅行をするための最低限必要な収納があり、とっても使いやすい。

f:id:karochoa1:20181121131828p:plain

収納は、お札入れ×1、小銭入れ×1、カード入れ×3。閉じたときにはボタンが付いていてお金を落とす心配もなく安心。

カバン、スーツケース 

僕は旅行のスタイルに応じて持っていくバッグの種類を分けています。

・日帰りの旅行 :ショルダーのみ
・1泊の旅行  :バックパック + ショルダー
・2泊以上の旅行:スーツケース + ショルダー

まず、どの旅行スタイルでも必ず持ち運ぶのがショルダーバッグです。

海外旅行では基本的にパスポート、現金は肌身離さず持っているのでこれくらいのサイズがちょうどいいです。国内であっても日帰りのお出かけならコレ一つでOK。

次に、1泊程度であればバックパックで済ませます。あまりにも安いものだと荷物が重く感じられたり、背負い心地が悪かったりします。僕もいろいろなメーカーを試してきましたが、結局はARC'TERYXのmantisに落ち着いています。

お土産を買う必要がなく、必要最小限の荷物でOKの場合にはこちらのバックパックでも足ります。

連泊になる場合にはスーツケースが一番。キャスターが付いているので、重い荷物も運べますし荷物の量が増えても大丈夫。ただし、道が舗装されていなかったりボコボコだったりすると、持ち上げる手間も。飛行機の預入荷物にする場合には、格安航空券のときは追加料金がかかることもあります。お土産をたくさん買いそうだな、というときには迷わずスーツケースを用意します。

これもいろいろお店を見て回りましたが、値段と機能性から無印良品のキャリーケースに落ち着いています。特に手元にあるキャスターのストッパーがとても便利。

携帯電話(スマホ)

海外旅行でももはやスマホなしはあり得ない。スマホ関係グッズをご紹介します。

まずは、僕の旅行スタイルから。

スマホはSIMフリーのiPhoneを使用、ポケットWi-fiは使わずにプリペイドのSIMを契約して海外でスマホを使っています。

その上で、あると便利なグッズを挙げると以下のようになります。

・SIMフリーのスマホ
・充電器
・SIMピン
・SIMケース

まずは、SIMフリーのスマホが必要。僕の場合にはau版のiPhone8を使っています。今ではauでも契約後101日経過すれば、SIMロック解除ができるようになりました。(1)

そして、忘れてはいけないのが充電器。海外旅行では、できるだけ不測の事態に備えるべきですが、バッテリー切れはできるだけ避けたいところ。僕のオススメ充電器はAnker PowerCore Fusion 5000です。詳しくは過去エントリーで激しくオススメしているのでご参照ください。

続いて、あると便利なのがSIM周りのグッズです。

SIMの入れ替えをお店の方がやってくれる場合もありますが、自分でやるケースもあります。その場合にはSIMピンが必要

先日の台湾旅行では、深夜に空港に到着したので、台湾の桃園国際空港のSIM売り場は閉まっています。そこで、成田空港で先にSIMを購入したのですが、SIMピンの貸し出しは行なっていないということでした。

意外に見落としがちなのはSIMのしまい場所。便利なものがあるもので、粘着式のSIMケースがございます。先日の台湾旅行でも同行した家族が持っていたので、入れさせてもらいましたがこれは便利。

あると便利な旅行グッズ

クレジットカード

現金だけでも旅行はできますが、よりお得にお買い物やお食事をしたいのであればクレジットカードはかなり使えます。その理由は…

・両替手数料がタダ
・紛失時の保証
・現金がなくなってしまった時の保険

まずは両替手数料がかかりませんから、その分現地通貨を手に入れるコストが低くなります。いざ両替をしようとすると、両替をする場所(空港、銀行、両替商…など)を選ぶ必要もありません。

そして、紛失・盗難保証として対応してくれるので現金よりかえって安心だったりします。現金がなくなってしまったら保証も何もありませんからね。

そして、地味に良いところが現地通貨がなくなってしまった時の保険として買い物が続けられること。お土産はもちろん、場合によっては交通機関でも使えることもあるのでもしものときに助けになることもあるでしょう。

ガイドブック

好きなものならなんでも構わないと思いますが、渡航先のガイドブックがあると何かと便利です。

王道で言えば、『地球の歩き方』ですが、この間行ってきた韓国旅行で役に立ったガイドブックは意外にも『ハレ旅』という朝日新聞出版のガイドブックでした。

情報密度で言えば『地球の歩き方』には及ばないものの、ちゃんと質の高い情報を厳選している感があるのと紙質がちょっといいような感じがしたのでこちらに軍杯が上がります。

耳栓・アイマスク

飛行機の疲れって音が原因なことが多いです。この2つを取り入れるだけで、海外旅行の疲れはグッと軽減されます。いずれも性能抜群で、僕は耳栓とアイマスクに関してはこれしか使いません。

筆記用具とノート

僕は旅の思い出を書き留めるのに筆記用具とノートを持っていくことにしています。

人間の記憶ってすぐにあやふやになったりしますから、ちゃんと楽しかった記憶はノートに取らないともったいない!です。

着替え

もちろん「現地調達で新しい服を買ってしまう!」というのも楽しいものですが、最低限持って行った方が安心。

・トップス
・ボトムス
・下着
・寒い時のはおりもの

あたりがあれば大体事足ります。

僕のオススメは登山用の服です。価格が安く、過酷な登山環境でも耐えうるものなので必然的に性能は良くなります。一番のオススメはモンベルで、特にフリースは一着持っておくとかなり便利です。

防寒でいえばシャミースを一着持っていけば十分。

寒い渡航先でしたら、クリマプラスのものが安心だと思います。ただし、クリマプラス200のものは裏地がついているので(その分暖かくはありますが)動きづらい。100のものがオススメではあります。

さらに暖かくしたい場合にはフリースの上にウィンドブレーカーのようなものか、レインジャケットをきれば完璧です。

電動歯ブラシ

普段から歯磨きは電動歯ブラシでしているので、ホテル備え付けのものだとちょっと物足りない。そこで、普段使っている電動歯ブラシを持参しちゃいます。

僕が使っているソニッケアーならトラベル用の入れ物も付いているので持ち運びもラクラクです。

電源プラグ変換アダプタ・変圧器

海外に行くと日本の電圧やプラグの形が違うことが結構あります。

電化製品(特にスマホの充電)では使うことも多いと思うので、あると便利です。

ちなみにスマホの充電器はいろんな電圧に対応している場合もあるので(iPhoneについてくるものなんかは100〜240V対応)その場合は電源プラグ変換アダプタだけあればOKです。

僕の場合には、電源を使うことはスマホの充電ぐらいのものなので変圧器は持っていません。下のような電源変換アダプタを持ち歩いています。

デジタルカメラ

iPhoneがあるからカメラは不要!という考えも良いですが、より画質の高い写真を残すのであればデジカメは必須。ただし一眼レフだと大きくて重いので、僕の場合には高級コンデジをしようしています。GR Digital4を愛用していますが、これから買うのであれば後継機種のGR IIがオススメ。フィルムカメラで言うところのフィルムにあたる部分の性能が向上しているので、かなりの画質が期待できます。おそらくスマホの写真と比べると歴然とするはず。