かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

『カメラはじめます!』こいしゆうか著:こんなに簡単に脱初心者ができる本があったとは!

カメラはじめます!

[contents:]

難易度★★☆☆☆(初心者向け)

「初心者向け」と言いつつ星二つとしたのは、スイスイ読み進められる割に書いてある内容がしっかりしているからです。

もしかしたらカメラ歴がある程度ある人にもこの本によって気付くことも多いかも。

マンガ形式で書かれた平易なカメラ入門書

『カメラはじめます!』は、マンガ形式です。これからカメラを始めようとする”こいしさん”が”鈴木先生”の指導のもと腕を上げていくというストーリー形式。

そのため、「カメラを始めてみようかな」という方や「カメラを買ったけど全然使っとらん!」という方まで、楽しく写真ライフをはじめるときの基礎になる内容になっています。

読むのがラク・対話形式で不明点が解決・内容がしっかりしてる

僕がこの本をオススメする理由は三つ。

一つ目はとにかく「読むのがラク」という点。カメラに関する書籍をお読みになったことはあるでしょうか?

書店に行って読んでみるとわかりますが、どれも写真を多く使っていて、カラフル。一見わかりやすいようにも見えますが、実は専門用語が多くて説明も教科書的でなかなか頭に入ってきません。試しに適当に本を開いてもらえればわかります。

その点、『カメラはじめます!』はマンガかつ対話形式。そして情報もぎゅうぎゅうではなくゆとりを持って書かれているので、頭にスイスイ入ってきます。

二つ目は「対話形式で不明点が解決できる」という点。

カメラをはじめると、「何がわからないかよくわからない」という状況に陥りがち。しかし、主人公の”こいしさん”が初心者の疑問を代弁してくれています。「そうそう、これが知りたかった!」と。

そして、初心者”こいしさん”の撮るダメ写真は、僕の撮った写真と似ている…という妙な共感も。つまり、自分の疑問を具体的な言葉で”こいしさん”が表してくれており、それに対する的確な回答が”鈴木先生”から得られる、この本のすごいところはここにあります。

三つ目は、「内容がしっかりしている」点。

いくらわかりやすくても内容がイマイチであればあまり読む価値がありません。『カメラはじめます!』の内容は厳選された知識やテクニックのみ。時間対効果の高いテクニックが凝縮されている。

この本の内容だけを愚直に実行していくだけでもカメラテクニックは初心者を卒業する程度はゆうに超えると思います。

このように、「疑問を明確化→読み進めるのがラク→内容も厳選されたもの」という、特に初心者にはうってつけの内容。

「まずは立ち読みだけでもしてみて!」と声を大にして言いたい。

この本で僕が変わったこと

本を読んでも、行動が変わらなければ意味はありません。その点、この本は僕を結構動かした。実践せずにはいられなくなるのです。

まず僕が始めたのは全てカメラ任せのフルオートをやめること。代わりにつかいはじめたのはAvモードでした。

これによって、写真の「ボケ感」と「明るさ」をコントロールできるようになります。今までフルオートモードを使っていたときに感じなかったカメラをコントロールする感覚が、「こうすると、こうなる」という理屈を知ったことで「じゃあこうしてみよう」と考えるようになった。これは個人的に大きな変化。

次に変わったのが、構図

構図の本といえば、写真を挙げて列挙していき、説明は最小限ということが多い。これではどうやって使っていいか分かりません。たくさんの構図パターンを見て混乱、というのが関の山です。

『カメラはじめます!』では、まずは三分割構図という最も基本的な構図から説明が始まって、その構図を採用するときのメリットなどがコンパクトに書かれてわかりやすい。

初心者にとっては構図は「種類を多く知る」より、「どうやって活用するか」を知る方が有益なのだなぁ、と思った次第。

これを叩き台にして他の構図関係の本を読み漁ってみるのも良いのかもしれません。

そして、専門用語へのアレルギーが減ったこと。他のカメラ本の内容が分かるようになってきました。

以前はF値などと聞いてもピンときませんでしたが、「F値を変えるとこうなる」ということを知り、関連書への見方が変わったのだと思います。

「と……撮れる!!」がこの本のゴール

この本の目指すゴールは最後の”こいしさん”のセリフに現れています。

と……撮れる!!撮りたいシーンで撮りたいイメージでちゃんと撮れている

今までだったらスルーしていたようなものも、カメラを通してじっくり見るから見えてなかったものまで見えてくる

もっと撮りたい!残したい!カメラ持っててよかったー!!

カメラの醍醐味ってここだと思います。というか、ここを夢見てカメラを買う。けれど、ドロップアウトする人は思うようにいかずに次第に忘れていくんだと思います。

オートモードに振り回されている場合ではありません。初心者を脱するべきです。思い通りの写真が撮れずにくすぶっている場合でもありません。

「と……撮れる!!」となるためにも必要な知識・情報は身につけるべきであり、この本が何もわからなかった僕のようなカメラ初心者の羅針盤となってくれるのは間違いないと思いました。