かろちょあ

趣味の料理・買い物と、新しく経験したことなど

澤乃井で有名な小澤酒造の酒造見学と、きき酒に行ってきました。

f:id:karochoa1:20181029142319p:plain

日本酒の澤乃井で有名な小澤酒造に酒造見学に行ってきました。

澤乃井がきっかけで僕の日本酒嫌いが治ったので、個人的に思い入れがあります。

今回訪れたのは3回目したが、初めての酒造見学でした。

生まれて初めての酒造見学が東京でできるとは…

日本酒の酒造見学は今回が初めての体験。

特に日本酒は30歳目前でようやく呑めるようになったので、
酒造見学にくるなんて思っても寄らないことでした。

この酒造見学ですが酒造の方の詳しい解説に加えて、
最後のお酒の試飲も含めて無料。

下の写真のような小屋で講義が行われます。
僕が行った時には教室が満員状態。予約して良かった。

f:id:karochoa1:20181029132951p:plain
▲ここで初めのお酒についての講義を受けます。

まずは、お酒の作り方の講義から始まります。

材料になるお米の話から始まって、完成までの一連の流れを説明してくれます。

f:id:karochoa1:20181029134117p:plain
▲右下に見えるのが、のちに試飲させてもらえる「しぼりたて」です。なんと先週出来上がったばかり。

続いて酒蔵の中に案内されます。

当日は外の気温も少し暖かったので酒蔵の中はひやっとします。

建物の構造が外からの熱に影響を受けない作りになっているそう。

f:id:karochoa1:20181029134600p:plain
▲お酒のタンクについての説明をしてくださっているところ

タンクの構造など、詳しく教えてくださります。お話も面白かった!

続いてお酒づくりで使うお米を実際に見せてくださったり、
酒粕を作るところを案内してくれたり。

f:id:karochoa1:20181029135011p:plain
▲古酒コーナー。ずらっと並ぶボトルは、圧倒。一番奥は2001年モノ。

古酒が置いてあるコーナーにも案内していただきました。

いかにも熟成しそうな環境。
家でこれと同じ環境を作るのは至難のワザでしょう。

最後に、仕込み水の井戸を見せていただきました。

もちろん写真も撮ったんですが、
これは実際に行ってみて欲しいと思い、ここでは割愛。

ちょっと珍しい井戸なので、びっくりされると思います。

どうせ呑むなら「きき酒処」で。

f:id:karochoa1:20181029190023p:plain

小澤酒造では「清流ガーデン 澤乃井園」で日本酒を呑むことができます。

が、僕はあえて「きき酒処」で呑むことをオススメします。

オススメのポイントは次の2つ。

・約10種類のお酒から少量ずつ呑める
・おちょこが一つもらえる

f:id:karochoa1:20181029184704p:plain
▲先日行ったときのきき酒リスト。全16種類の中から選ぶことができました。

「清流ガーデン 澤乃井園」で買うと、瓶単位になってしまいます。

そんなに大量に呑むことは現実的ではないので、この少量販売はありがたい。

お値段も200円〜と、超お手軽価格。

f:id:karochoa1:20181029185239p:plain
▲そして、目を上にやると…おちょこ付!

このおちょこ、澤乃井という字とかにのマークが入っていて、普段使いにバッチリ。

色、照り、澄みの三つのポイントを見るためにぴったりな日本酒専用おちょこです。

f:id:karochoa1:20181029190349p:plain
▲澤乃井のトレンドマーク、カニの模様が入っています。

このおちょこ、10個集めると赤いおちょこと交換できます。

コレクター魂に火がつく。

小澤酒造とは長い付き合いになりそうです。