かろちょあ

趣味の料理・買い物を中心に、新しく経験したことなどを発信

海外旅行には大活躍。Anker PowerCore Fusion 5000を実際に使ってみた感想など。

f:id:karochoa1:20181020102429p:plain

現段階のベストなモバイルバッテリーが”Anker PowerCore Fusion 5000”。

デイリーに使えて、急な外出でも電池残量フルで持ち出せる。

特に海外旅行ではこれ以上ないくらい便利でした。

Anker PowerCore Fusion 5000の特徴

f:id:karochoa1:20181020110055p:plain

まずこの製品の特徴から。

1)2台同時充電

2)本体にACアダプタ内蔵

3)小型

4)5000mAという多くはないけど不足のない容量

5)ポーチつき

といったあたりです。中でも本体にACアダプタ内蔵という点は他の製品にない便利な機能と言えましょう。

Anker PowerCore Fusion 5000を実際に使ってみて良かったことは、①普段使いができること、②出張時に便利なこと、③海外旅行時に極めて便利である、の3つでした。

① 普段使いができる

まず、一番のメリットとしては普段使いができるという点があります。

普通のモバイルバッテリーは「外出時」かつ「電池が切れた時」にしか使わないので、数千円の支出をした割に使う頻度がそこまで高くない。

この製品では普段から充電アダプタとして使えるので、毎日普段使いできるという点は大きなメリットだったりします。

そして2台同時充電もできるので、夫婦二人暮らしの場合にも一つのアダプタで事足りるというのはありがたい。

もう一つよくできてるな〜と思ったのが、普段使いしてコンセントに挿しっぱなしにしておけばモバイルバッテリーが勝手にフル充電になってくれること。

モバイルバッテリーを買ったものの外出時に電池切れしていることは結構あるものですが、それがないだけでも便利さは格段にアップします。

② 出張の時にも便利

このバッテリーは出張時にも威力を発揮します。

①でも書いた通り普段から使っていれば、外出時にはバッテリーは勝手にフル充電になっています。

そしてUSB端子が2コついているので複数人で同行営業している場合にも電気をシェアできる。

ホテルに着いたら即充電しておけば、スマホもモバイルバッテリーも両方とも翌日にはフル充電されているので仕事にも集中できます。

③ 真価を発揮するのは海外旅行

先日行った台湾旅行では、このモバイルバッテリーのすごさが実感できました。
旅行者は必携なのではないか?その理由は次の2つのポイントです。

・2台同時充電ができる。
・スマホがフルになったら勝手にモバイルバッテリーが充電される。
・変圧器が基本的に不要

二人で旅行するときにはこれ一台でOK。

そして、スマホを充電すれば勝手にモバイルバッテリーが充電されるという手軽さ。

最後に100〜240Vに対応しているので変圧器が不要。(変圧器は結構重い)

海外旅行では特に荷物は少なくしたいものですが、これは他製品に比べて相当のアドバンテージなのではないかと思っています。

Anker PowerCore Fusion 5000の欠点

あえていうと5000mAという容量が少し少なめかな?ということぐらいでしょうか。

正直、これまで容量で不満を持ったことは一度もありません。

もしかしたら一日に何度も充電するようなハードユースか、電池の消耗が極端に早いスマホを使っているときには、もっと大容量なものが必要になるかもしれません。

あとはちょっと重めかな?ということです。

そして、まれに品切れが続出することもあります。

僕が買った時にもAmazonでは欠品状態で2週間待ちになっていましたし、メルカリを覗くと高い価格での出品がされたりしていました。

旅行に行かれる場合には早めに入手することをお勧めします。(僕の場合もギリギリに手に入り、ヒヤヒヤした覚えがあります。)

以上、これらを欠点と捉えたとしても、総じてバランスが極めて良い製品であることには間違いありません。

今回紹介した商品