かろちょあ

趣味の料理・買い物を中心に、新しく経験したことなどを発信

タニタのデジタルクッキングスケール"KD-320"は0.1g単位で計れるわ、ml単位でも計れるわで大満足

タニタ デジタルクッキングスケール 3kg/0.1g ホワイト KD-320-WH パン作りにおすすめ

こんにちは。かろちょあです。

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。 

さて、先日妻が長年使っていたクッキングスケールが壊れました。

「これはピンチ。味付けが…できない!」

私はロジカルクッキングで料理をしているので、重さがわからないと料理の味付けがままなりません。

そこで、いろいろ商品を比べて行き着いたのが、タニタの”KD-320”でした。

大きさも丁度いい。機能も満足。

思うにタニタの”KD-320”の機能は大きく4つの特徴があります。

  • 0.1g単位で計量できる!
  • ものを乗せたまま表示をゼロに戻すことができ、追加計量できる!
  • 水・牛乳をml単位で計量できる!
  • 最大計測重量は、余裕の3kg!
  • 大きさも丁度いい!

それぞれ詳しくお話ししていきます。

0.1g単位で計量できる!

私が一番ほしかった機能は0.1g単位で計れる機能でした。

普通のクッキングスケールでは1g単位ですが、たとえ"5g"と表示されても"4g"に近いか"6g"に近いかはわかりません。

この誤差は結構大きいものです。

私はロジカルクッキングをもとに【食材の重量×0.8%】の塩を加えて調理するので、表示は0.1g単位で計りたかったのです。

また、材料の量がシビアなパン作りにおいてもこの0.1g単位で計測できる機能はとても重宝します。

ものを乗せたまま表示をゼロに戻すことができ、追加計量できる!

キムチ作りでもたくさんの材料を一つのボウルで一度にに計るときにはこの機能が大活躍しています。

もちろん、いくつかの材料を混ぜ合わせるようなパン作りに活躍することは言うまでもありません。

水・牛乳をml単位で計量できる!

購入前にこの機能を見て驚きました!

液体をml単位で計れるとは…もはや重さにとどまらない働きをしてくれます。

野菜スープを作るときに水の量を計ったりするので、地味に便利な機能だったりします。

最大計測重量は、余裕の3kg!

キッチンで3kgを超えて計る機会はあまりないので、これで十分。

3kgを超える場合には分けて測ればいいですしね。

大きさも丁度いい!

大きめの作りなので、食材をのせるときにも余裕を持って作業できます。

ちょっと大きいのと、見た目がオシャレとは言えない

機能は申し分のないタニタ”KD-320”ですが、使っていて弱点もあるのは確かです。

  • 収納場所が必要です
  • 見た目がオシャレ…とはいえない
  • ケースはいつ使うの?

ある程度広い収納スペースが必要

本体が大きいので、収納スペースが必要です。商品が届いた時の感想は、「うぉ!でかっ!」でした。

極端にキッチンスペースが狭いお宅の場合は他のコンパクトなクッキングスケールを選んだ方がいいと思います。 

と言いつつ、前に述べた通りクッキングスケールとして使っている最中はこれぐらいの大きさがあると取り回しが良いのも確かではあります。

見た目がオシャレ…とはいえない

「オシャレか??」と聞かれれば、答えは"No"です。

色は、真っ白というよりクリーム色でちょっと古めかしくもあり、「古いパソコンってこんな色だったよねぇ」という感じです。

ただし、飽きはこないと思います。毎日使っているうちに、見事にキッチンの風景に馴染んできました。

ケースは、普段使うにはちょっと不便

タニタ"KD-320"にはケースが付属しますが、いつ使ったらいいのやら?

どうやら持ち運びのときに使うようなので引っ越しの時なんかに使うように思えます。もう少し開け閉めしやすかったら普段使えるのに、惜しいです。

タニタ"KD-320"はこちらから

関係ありそうな記事

www.karochoa.com

www.karochoa.com