かろちょあ

趣味の料理・買い物を中心に、新しく経験したことなどを発信

韓国旅行の影響で3種類の自家製キムチを作ってみた

f:id:karochoa1:20180627181536j:plain

韓国旅行に行ったら自家製でキムチを作ってみたくなった。

先日韓国旅行に行ってきました。二度目の韓国でしたが、やはり本場のキムチの美味しさは格別。自分で作れば添加物フリーだし健康にもよさそうなので、自家製でキムチを作っみました。

ちなみに一番美味しかったキムチは景福宮近くにある「土俗村」。ここのカクテキは水々しくて味も最高です。

材料の調達は、新大久保周辺またはAmazonから

特殊な材料もありますから食材の調達は少し大変。

大半の食材は、定番の新大久保「ソウル市場」で、唐辛子などの減りが早いものはAmazonで調達しました。

地方の方は全てAmazonで揃えるのもアリでしょう。

手に入りづらい食材としては、「いかなごエキス」「アミの塩辛」「唐辛子粉」「もち米粉」あたりでしょうか。いずれも本場ものの味に近づけるのに不可欠なので、ぜひ揃えたいものです。

キムチ作りは、食材の塩漬け・ヤンニョム作り・食材を寝かせることの三工程

キムチ作りは三行程に分けられます。「食材の塩漬け」「ヤンニョム作り」「食材を寝かせる」です。

ちなみにヤンニョム(薬念)とは、韓国で使われるキムチの素。ぬか漬けでいうところのぬか床のようなものです。

作り方はカンタン。細かくした材料を全て混ぜるだけです。

キムチのレシピ

これまで作った3種類のキムチレシピを公開します。

ヤンニョムの材料とレシピ

まずは、全てのキムチのもととなるヤンニョムの作り方からです。この分量だとたくさんできるので、量は加減して作ってください。

【材料】

 玉ねぎ         1/2個

 りんご         1/2個

 長ネギ         1/2本

 ニンニク        75g

 しょうが        1片

 いかなごエキス     150g

 アミの塩辛       120g

 オリゴ糖        210g

 粗挽き唐辛子粉     180g

 細挽き唐辛子粉     60g

 もち米の粉       24g

 水(もち米の粉を溶く) 300cc

【手順】

f:id:karochoa1:20180816195908j:plain

まずはもち米の粉と水を混ぜ、どろっとなるまで火にかけ、その後冷まします。

長ネギ、玉ねぎ、りんご、しょうが、ニンニクをフードプロセッサーでペースト状になるまでかけます。

f:id:karochoa1:20180816195946j:plain

大根、ニラ以外の食材をボウルに投入して混ぜます。

大根は千切り、ニラは適当な長さに切り、これらを混ぜて完成。

白菜のキムチの材料とレシピ

【材料】

 白菜    1/4個

 水     500ml

 塩     100g

 ヤンニョム 適量

【手順】

まずは水500mlと塩50g(半分)を混ぜて塩水を作ります。ここに白菜を投入し、塩水になじませます。その後、残った塩50gを白菜にすり込んでいきます。2時間ごとにひっくり返し、6時間つけ続けます。

たらいに水をためて1, 2回振り洗いします。ザルに上げて水気が取れるまで乾燥させます。

白菜とヤンニョムを混ぜます。葉と葉の間は特に念入りにすり込みます。

常温で一晩おき、その後冷蔵庫で1週間寝かせれば完成です。

カクテキキムチの材料とレシピ

カクテキキムチとは、大根を使ったキムチです。

【材料】

 大根    1本

 塩     大さじ1

 ヤンニョム 適量

 

【手順】

まずは、大根をサイコロ状に切りボウルに入れます。そこへ大さじ1の塩を投入して、混ぜてください。その後室温で40分間放置します。

大根から水が出てきますので、出てきた水を捨てます。(水ですすぐ必要なし)その後、大根をクッキングペーパーなどで水気を切ります。

サイコロ状に切って水気を切った大根と、ヤンニョムを混ぜます。

常温で半日放置し、その後冷蔵庫で1週間寝かせれば完成です。

オイキムチの材料とレシピ

オイキムチとは、キュウリのキムチのことです。韓国語でキュウリを「オイ」と言います。

【材料】

 きゅうり   5本

 塩      10g(2g/1本)

 ヤンニョム  適量

【手順】

きゅうりを拍子切りにします。ボウルに入れて塩をまぶし、40分ほどおきます。

きゅうりとヤンニョムを混ぜます。

常温で一晩放置し、その後冷蔵庫で1週間寝かせれば完成です。