かろちょあ

趣味の料理・買い物を中心に、新しく経験したことなどを発信

タニタの体組成計を導入!RD-906‐WHをレビュー

タニタ 体重・体組成計 インナースキャンデュアル ホワイト RD-906‐WH スマホ対応 日本製

2か月ほど前に、タニタ体組成計 RD-906‐WHを購入しました。筋トレや食事に気を使っていると、体にどれだけのインパクトがあるのかいまいち分かりません。数値で知りたい!ということで購入に踏み切りました。

見た目

ちょっと近未来的な外見です。あまりこういう「格好良さ」は求めてなかったんですけど、現行で手に入るものの中では信頼できるだろうことでこちらのモデルをチョイスしました。正直、何年も使っていく中で形状が陳腐化していかないかは少し心配であります。

アプリの操作について

専用のアプリである”HealthPlanet”がダウンロードできます。使い方は、

  1. アプリを起動
  2. 「データを入力」を選択
  3. 体重計に乗る

というお手軽3ステップでデータが自動記録されていきます。もちろん過去のデータはグラフ化もできますから、比較もカンタン。

f:id:karochoa1:20180728165705p:plain

私の体重、基礎代謝の推移です。リーンゲインズを始めてから一気に体重が減っているのがわかります。数字でトレースできるのはやっぱり便利。

使いやすさ

「アプリを立ち上げて乗るだけ」なので、手順も少なく使いやすさは申し分なし。いちいちデータを入力する手間もないのですから。測定できる数値の種類が多いことも魅力です。なにが測定できるかと言いますと、次のようなものがあります。

  • 体重
  • BMI
  • 体脂肪率
  • 筋肉量
  • 筋肉スコア
  • 筋質点数
  • 内臓脂肪レベル
  • 推定骨量
  • 体水分率
  • 基礎代謝量
  • 体内年齢

改善して欲しいところ

iPhoneのヘルスケアと連動ができるのが「体重」と「体脂肪率」のみ。全部取り込めればもっと良かったのに、もったいない。グラフについても、専用アプリよりiPhoneのヘルスケアの方が洗練されているので見やすいですし。

でも、もともとはヘルスケアアプリとの連動もできなかったようなので、今後のアップデートで改善されるかも?密かな淡い期待を抱いております。